アウトバックと恵那饅頭

帰路のアウトバックも美味しかった。

f0076731_21265104.jpg
豊かな走りが疲れを寄せ付けない。

f0076731_21270373.jpg
ディープシーブルーの外装色も渋くて素敵だ。

東京からの帰路は、
走る内容を大きく変え、
バツグンの愉しさを引き出した。

次のブログで詳細を語る。

会社に戻ると恵那饅頭が届いていた。
f0076731_21271382.jpg
原さんからの差し入れだった。
いつもありがとうございます。

思わず包みを解いた。
f0076731_21272323.jpg
堪らない。
一気に二個食べて、
もう一つ食べそうになるところを我慢した。

この恵那饅頭こそ、
中津の隠れた銘菓なのだ。

アウトバックの様に大胆でありながら、
とてもシンプルで奥の深い味だ。

中津川に来たら、
ぜひ出来立てを味わってほしい。

ただし、
日持ちしないのでお土産には向かない。

「ディープシーグルーのアウトバック」と、
「恵那饅頭」には味に似た要素がある。

特別に凄い味を感じるわけではない。
ところが味わうと凄く美味しくて、
本当に心が安らぐのだ。

東京から戻って、
机の上にある恵那饅頭を見た途端、
猛烈に涎が出てきた。

アウトバックを味わった後、
ステアリングを握ると涎が出る。

5日の朝はいつもより早く掃除で始まった。
月に二度ある掃除の日だった。
f0076731_21275352.jpg
展示場の清掃を終えてから、
ショールームに取り掛かった。
展示車を全て外に出し、
徹底的に掃除した。

3連休の前に店内をリフレッシュし、
数々の工夫を仕込む。

お客様に飽きられない店づくりを続けるためだ。

f0076731_21280856.jpg
掃除する事で、
建物のすべてに魂が宿る気がする。
f0076731_21282027.jpg
だから大切な仕事の一つだ。

前向きに楽しみながら、
喜んでやらないと意味が無い。

今回は観葉植物の掃除も課題の一つだ。
f0076731_21283435.jpg
まるで花屋の店先の様になったが、
開店以来備わっている仲間なので、
皆で大切にしている。


f0076731_21284835.jpg
曲がったり折れたりを繰り返しながら、
27年生きてきた。
f0076731_21290269.jpg
背が高くなり過ぎたが、
そこを何とか持ち堪えさせている。

妹が来て妻と何やら悪だくみしていると思ったら、
沢山の苗木を届けてくれた。
f0076731_21293347.jpg
その話は次のブログを楽しみに。
f0076731_21291761.jpg
掃除が終わり、
クルマを並べ替えショールームの彩を変えた。
f0076731_21295003.jpg
初めて奥の院にフォレスターが入る。

アウトバックの代役を十分こなせる、
堂々としたクルマになった。

夕方になると、
車検の終わったXVを迎えに、
岐阜から名知さんが来訪された。
f0076731_21302211.jpg
デザートカーキの外装色が、
ストイックな名知さんに良く似合う。

次にお目に掛かる時は、
是非ゆっくり呑みましょう。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/30089932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 木下 智司 at 2018-10-07 19:12 x
明石の木下智司です。
週末は暑く夏が戻ってきたようです。
雨降りの日にプリウスのリアハッチを開けると、リアガラス上の雨がトノカバーに落ちてきて、カーゴ内がビショ濡れになりました。
スバル車ではDピラーの外側までハッチが回り込んでいますので、リアガラスやハッチ上の雨がカーゴ内に入り込まないようです。
デザイン等色々と事情があるかもしれませんが、スバル車を手放して分かるスバル車の美点ですね。
Commented by b-faction at 2018-10-08 09:34
木下さん、おはようございます。本当に暑いですね。朝晩が爽快なので一番良い季節を楽しんでいる実感があります。レオーネから続くリヤゲートの作り込みはスバルの美点です。リヤゲートだけでなくその周囲の剛性強化もスバルの自慢ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-10-06 22:00 | Trackback | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー