人気ブログランキング | 話題のタグを見る

高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感

最近とても暑い。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18014373.jpg
蕎麦が食べたくて我慢できなくなった。

本当にあお木の蕎麦は病みつきになる。
中津川には名店が多いので、
人それぞれ贔屓があるけれど、
毎日食べても飽きない味だな。

妻は「忙しいのに一人で行って・・・」とにらんだが、
クルマに乗ったら自然に足が蕎麦屋に向かった。

高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18015846.jpg
このGP3っていうヤツは、
あお木の「ザル蕎麦」に味が似てる。

だからザル蕎麦を頼んで比べてみた。

久し振りにGP3を洗車したので、
汗をかき余計に喉が渇いたようだ。

ツルツル啜る込める蕎麦が喰いたくなった。

ミネラル感が欲しいので、
揉み海苔をまぶしたザル蕎麦が食いたかった。

4WDのミネラル感を持つGP3がザルだとすると、
シンプルな「盛り蕎麦」は何か。

それはFWDの5速マニュアルだろう。
だがスバルは売る根性が無いので、
とうの昔に作るのを止めてしまった。

蕎麦屋にも劣る暴挙だな(笑)。

洗車しながら改めて細部を見ると、
最終型のインプレッサSPORTは実に芸が細かい。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18021062.jpg
ブラックベゼルのヘッドライトはベネチアンレッドのボディと相性が良い。
フェンダーとボンネットが交わる点から、

高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18022445.jpg
フロントガラスへ流れるラインが美しい。
こうして見ると、
既に歩行者用エアバッグを仕込める空間がある。

最新型で簡単に装着したように見えるが、
実は相当長い期間に渡り基礎研究をしていたのではないだろうか。

高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18023686.jpg
未だに飽きの来ないリヤビューは、
前モデルの最大の美点かもしれない。

ワゴンもXVも共通なのが不満だったが、
ハイブリッドだけ別構造にして、
初めてコの字の矩形を採用した。

特に良いのがシートで、
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18024917.jpg
バシッと張ったシートは現行車を上回るGT性能を持つ。

残念だが作り方も素材も、
これを上回る事が出来なかった。
惜しい。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18030396.jpg
そして最後の5速マニュアル車になった。

欲しくて注文したクルマなので、
乗れば乗るほど味が出て飽きることが無い。

ただ、
可哀そうなことに、
未だに一度も遠くへ連れていけないのだ。

八月の暑い日に、
開田高原に慣らし運転に行こうとして、
山火事の消火現場に遭遇した。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18031507.jpg
チヌークとのベストショットを撮っているうちに、
開田高原に行く時間が無くなった。

それ以来、
ブログの読者ならご存知のように、
次から次へと高速長距離テストが続いた。

それはそれで素晴らしい事なのだが、
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18033062.jpg
不憫で仕方がない。
どうも本調子にならないのだ。

そこでガソリンを満タンにして、
ポリエーテルアミンを飲ませた。

ドリンク剤をごくごく飲みこむように、
給油口から綺麗な色をした液体が流れ込んだ。

エンジンを掛けたり切ったりを繰り返し、
燃焼室にはカーボンが溜まったようだ。

飲み込んだ液体が美味しそうに見えるのは、
ほのかな黄色のドリンク剤に似ているからだ。

空になるまで乗り続け、
様子を確認しているが、
少しづつ効いているようだ。

効果測定するのは、
始動直後の方向転換におけるモチモチ感だ。

油圧パワステなので、
エンジントルクが充分出ないと、
いっぱいまで転舵してから発信するとエンジンストールを引き起こす。

ちょっと顕著なので、
随分気になった。

その辺りが徐々に改善して、
モチモチ感が出てきた。

五平餅で賑わう昨今だが、
中津川に来ないと味わえない物の一つが、
この「栗粉餅」だ。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18034499.jpg
昔からある地元のお菓子だが、
これも得意な店とそうでない店がある。

お土産に不向きだから、
地域に密着したお店が一般の人に向けて売るお菓子だ。

娘が半分食べた後、
箱が回ってきた。

細かい粉は全て栗きんとんのそぼろだ。
他には何にも混じっていない。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18035531.jpg
その下に柔らかい餅が埋まっている。
この食感が、
もう何て言ったらいいんだろうか、
ステキな女性の餅肌とは、
この餅から感じるんじゃないかと思うほどエロティックだ。

餅の甘さも控えめだし、
栗の甘さを損なわない栗きんとんならではの素の味が、
まるでハリケーンの様に舞い上がる。

それに対して、
もう一つの絶品が「栗おはぎ」だ。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18073602.jpg
どちらも七福謹製で、
今なら午前中に来訪されれば買いそこなう事は無い。

この「栗おはぎ」くらいの、
美味しさを持つクルマの整備も始まった。

外装のリメイクが完了し、
いよいよ第二段階へ突入だ。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18075216.jpg
これは愛知県碧南市の杉浦さんからお預かりしている、
SVXのリフレッシュだ。

まずリヤセクションから始まった。

流石だ。
スバルの技術の粋を集めたD系の系譜は、
当時のスバル車と全く異なる躯体を持つ。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18080597.jpg
これだけで途切れたが、
本当に凄い代物だ。

モノの道理が解るスバリストなら、
サブフレームを見るだけで鳥肌が立つだろう。

北原課長の手で、
あっと言う間にサブフレームが外され、
そこに出現したのはSGPの発祥か・・・。

あっと思うような、
凝った構造が露になっていた。

高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18082105.jpg
サブフレームにあるリヤデフマウントブッシュを交換した。
圧入された新品のブッシュに、
取り外された古いブッシュが並ぶ。

外してから清掃して、
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18083555.jpg
必要なモノを交換してから基に戻す。

簡単なようだが塩梅が重要だ。
フロントのトランスミッション側から後方を見る。

高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18084907.jpg
本当にしっかりと作られたシャシーだ。
分厚い鉄も多く剛性感が半端じゃない。

手放せない人が多いのは、
これらが醸し出す素の味の良さなんだ。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18090172.jpg
あとはダンパー交換など、
必要な作業を終えテストの段取りに入る。

混じりけの無いスバルの良さを、
堪能して戴けただろう。

夕方までに組み付けが終わっていた。
メカ好きは眺めるだけでお腹いっぱいになるはずだ。

こうした先人たちの知恵の上に、
今の最新型車が存在する。

新型フォレスターのリヤサスの素晴らしい追従性は、
ここから引き継がれたと思って欲しい。

決して今のスタッフだけが頑張ったんじゃないんだ。
SVXこそ真の名車だろう。

並行して通常の車検整備も進んだ。

まず東京都練馬区の難波さんからお預かりした、
レガシィツーリングワゴンの車検整備が終わった。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18091483.jpg
しっかり整備されて主の来訪を待っている。

入れ替わるように三重県四日市市の森本さんからお預かりした、
レガシィツーリングワゴンの車検が始まった。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18092765.jpg
どちらも主の愛情が深く注がれた、
とても素敵なレガシィだ。
着々と車検が進む。

その傍らで、
完成車がテストを待っていた。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18104547.jpg
宮地さんにお買い上げいただいた、
インプレッサG4の品質確認のため、
80kmのロングコースを走る。

中津シェライフェに向かった。
運動量が多いワインディングを走り、
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18110274.jpg
搭載している電子機器も確認した。

エンジンの状態は抜群で、
リニアトロニックをパドルシフトで変速する。

この相性も良い。

正直な所、
単なる2リッターのセダンだと舐めていたが、
操縦性能のレベルが非常に高い。

やっぱりトランクのあるセダンは、
リヤのボディ剛性が高い。

それが走りの差としてはっきり表れる。
高性能セダンの素晴らしさとスポーツワゴンの魅力を実感_f0076731_18111747.jpg
汗をかくほど走ったので、
そのまま家に帰り晩酌の後しっかり眠った。

恍惚感をもたらす走り、
それがSUBARUの魅力だな。

Commented at 2018-10-12 01:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2018-10-12 06:41
片桐さん、それはタイヤも徐々に摩耗するし、登りで加速したら後ろ荷重になるのでそうなります。技量の問題と物理的な問題の双方ではないですか。DEを受けられると良いでしょう。
Commented by 片桐 at 2018-10-12 22:46 x
早速のお返事ありがとうございます。
DE参加したいのですがどうもハブベアリングからの異音がでるようになり修理が必要のようです。
御社で。。と思うのですがお忙しいようですので難しいですよね。
てをかけてやらないかんのにダメダメです。
お身体に気をつけてください。
Commented by b-faction at 2018-10-13 07:00
片桐さん、修理のご相談ならいつでもご来店ください。点検してお見積もりを出します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-10-11 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction