人気ブログランキング | 話題のタグを見る

疾風と大谷石

冬に備え、
スタッドレスタイヤのテストフィールドに向かうため、
疾風と大谷石_f0076731_10414259.jpeg
早起きしてインプレッサハウスから発進した。

ウインターコンパウンドは、
摂氏7度以下で機能するよう設計されている。

少なくとも、
気温10度以下になる場所に行かねばならない。
疾風と大谷石_f0076731_17214317.jpg
このように建造物なら、
コンクリートの打ちっ放しも大好きだ。
疾風と大谷石_f0076731_17220030.jpg
壁面の一部にコンクリートに良く着く藻類がはびこったので、
高圧洗浄機で洗い落とした。

すると、
スッキリと美しくよみがえった。

丁寧に強固なコンクリートを打つと、
だんだん自然と調和してくる。
喫煙コーナーもコンクリートで打ちっ放しにした、
擁壁の前にある。
疾風と大谷石_f0076731_16320462.jpg
ここは来訪者にも、
当社の社員にも人気の高い場所だ。

自動販売機を排除して、
とてもスッキリした喫煙コーナー。

煙草を吸わない方でも、
ここで自由にくつろいで戴ける。

ある日床の汚れが気になった。
疾風と大谷石_f0076731_16321615.jpg
今年の6月頃から、
特にだんだん黒く汚れてきた。
なぜだろう。

遠くから眺めて分かった。
命が漲っているからだ。

背後にある翌檜が枝を拡げ、
そこから有機物が雨と一緒に落ちるからだ。

汚れているのではなくて、
生命が宿りやすい環境になったのだ。

コンクリートには苔が付くから、
厄介な時もあるが、
味になって表れると思えばよい。

木陰になって爽やかなのは、
翌桧の樹が存在するところに寄る。

ただテントを張っただけじゃ、
この爽やかさは決して生まれない。
疾風と大谷石_f0076731_16323007.jpg
それが今年2度襲来した台風で痛めつけられた。
翌檜を支えていたチェーンによって、
階段の手すりが曲がってしまったので、
切り取って新たに付け直した。

あとはペンキを塗るだけになった。

6月に撮った写真と比べてみよう。

テントを増設し、
雨どいを付けた時に記録した。


疾風と大谷石_f0076731_16324549.jpg
Before
手前のテントは張り替え前だ。
で、
このテントは最初の台風で全部吹き飛んでしまった。

急いで張り直し、
翌桧の樹とクリアランスを保った。
ところが次の台風が更にこの樹に辛い仕打ちをしたようだ。

チェーンで支えていたにもかかわらず、
台風の力で手すりごと曲げられ、
テントの雨どいを寄りかかりながら壊した。

度重なる被害が出たので、
二股に別れた幹を一本切除した。
疾風と大谷石_f0076731_16330145.jpg
After
同時に頭を軽くするように枝を払った。
何とか切らずに残したい。
疾風と大谷石_f0076731_19192314.jpg
手前が6月に新設したテントで、
奥が台風の後に張り直したテントだ。

スッキリ整ったので、
苔の生えた床も高圧洗浄機で綺麗に洗った。

そしてお客様の来訪に備えた。
疾風と大谷石_f0076731_16331949.jpg
東京から才藤さんが、
12か月法定点検で来訪された。
疾風と大谷石_f0076731_16333025.jpg
美味しいお土産を戴き有難うございました。

バターフィナンシェだ。
疾風と大谷石_f0076731_16341753.jpg
これを初めて食べたけど、
疾風と大谷石_f0076731_16343381.jpg
凄く美味しかった。

4人で食事を兼ねて外出した。
才藤さんの奥さんは妻と同級生なのだ。

簡単に中津川を案内した。
その時の様子を参考にして欲しい。

これから紅葉の季節になる。

中津川に来たら、
ここを訪問する事をお勧めしたい。

才藤さんも凄く喜ばれた。
疾風と大谷石_f0076731_16362346.jpg
石を積むと自然に調和する。

この城址が残されて良かった。

訪問するだけで心が和む。
疾風と大谷石_f0076731_16363565.jpg
上の看板の横から目を凝らすと、
彼方に天守閣の跡が見える。

前にマリオと訪れたので、
覚えている人も多いはずだ。

景色が美しい。
石を積む技を継承するのはなかなか困難な事だ。
疾風と大谷石_f0076731_16370552.jpg
中津川にはこうした史跡が残るので、
子々孫々と「石」の技術が伝承されている。

登って振り返ると、
疾風と大谷石_f0076731_16372003.jpg
先ほど登った場所が眼下に見える。
この場所のステキ度が良く分かる。

のんびりお弁当でも食べたくなるシーンだ。

天守閣のあった場所に近ずくと、
疾風と大谷石_f0076731_16373972.jpg
色々な名残に目を奪われる。
疾風と大谷石_f0076731_16393502.jpg
天守閣は無い。
でも安全な展望台が作られているので、
上まで登る価値は十分にある。
疾風と大谷石_f0076731_16395236.jpg
来ると解る。
殿様気分とは何なのかが。
疾風と大谷石_f0076731_16401226.jpg
それと同時に、
石垣の素晴らしさに魅了されるだろう。

自然の巨岩を活用して、
その周りに石垣を積み上げる技術は凄い。

中津川に住むと石に拘りを持つので、
石を粗末にできない。

今日も面白い一日だった。

色んな事を偶然知った。

10月17日、
SUBARU航空宇宙カンパニー(宇都宮市)は、
航空機に搭載する小型赤外線センサシステムインテグレーションの研究において、
飛行試験機の初飛行に成功した。
疾風と大谷石_f0076731_16405461.jpg
初飛行は10:08に陸上自衛隊・宇都宮飛行場を離陸後、
周辺空域で1時間弱の飛行を行った。

SUBARUは小型航空機や、
無人航空機のシステムインテグレーションで、
40年以上に渡る開発経験を持つ。

それ以前にも凄い航空機を作っていた。

四式戦闘機(よんしきせんとうき)
陸軍の戦闘機キ84
愛称は疾風(はやて)だ。

この頃うまくアイディアがまとまらず、
とても困っている事がある。
疾風と大谷石_f0076731_16410687.jpg
それはどうしても捨てる事が出来ない資材だ。

かなり前に大谷石で作った塀を解体した。
すぐ下の道路を小学生が毎朝歩くからだ。

中津川は地震に襲われやすい土地なので、
以前から父がその塀が危ないと気に掛けていた。

解体した大谷石を残して置くように頼んでおいたが、
いざ残ると使い道に困る。
疾風と大谷石_f0076731_19033491.jpg
地面にきちんと並べておいたが、
間から草が生えてどうしようもなくなった。

要らないから捨てろと皆に言われても、
どうしても捨てる事が出来なかった。

とても惹かれたからだ。
疾風と大谷石_f0076731_19040146.jpg
これも自然と調和するはずだ。
捨てずに洗って綺麗にしたら、
次の使い道を考えたい。

今日やっと解った事がある。

この大谷石は、
直感で捨てることが出来なかったのだ。
疾風と大谷石_f0076731_22513784.jpg
何と疾風の作られた場所は、
現在の大谷資料館(おおやしりょうかん)だと知った。

そこは栃木県宇都宮市大谷町909にあるので、
機会を作って是非訪れたい。
疾風と大谷石_f0076731_22491130.jpg
これは大谷石採石場跡に関する博物館だ。
ここで戦時中に、
極秘裏に疾風が作られた。
疾風と大谷石_f0076731_22522185.jpg
photo:M.Takatsu
STIの高津部長が見学に行き、
貴重な写真を撮影されたので、
その中の一枚をお借りした。

宇都宮の史跡にも、
今のスバルの中にも、
中島の遺伝子は大切に残されている。

嬉しいね。

ところで疾風って何か知ってる?

今のSUBARUで言うと、
WRX RA-Rに相当する戦闘機だ。

に千馬力級の、
最もパワフルな星型エンジン「誉」を搭載し、
凄い戦闘能力を誇った。

物資不足で満足な性能を出せなかったが、
世界的に見ても当時の最高レベルの傑作機だ。

あの「誉」を搭載するから、
STIの平川社長も、
「疾風」が飛びっきりのお気に入りなのだ。

ぜひ覚えておいて欲しい。

Commented by なっちー at 2018-10-24 04:09 x
うんにゃ、誉のカタログスペックは二千馬力ですぞ。
Commented at 2018-10-24 04:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by santa at 2018-10-24 09:00 x
初めまして、宇都宮在住航空ファンのレヴォーグ乗りです。

さて、疾風の生産ですが、総生産数約3,500機のうち8割は群馬の太田工場製です。2割が宇都宮工場製で、終戦間際に大谷で作られたパーツが使われたようです。どうも大谷の地下工場は間に合わなかったようです。それと前の方の書いてますが誉は2,000馬力級です。1,000馬力級は零戦や隼の栄です。

ともあれ、岐阜からでしたら宇都宮は太田や葛生のちょっと先ですから、何かのついでにぜひお寄りください。私は逆で各務原へヒコーキ見にレヴォーグで行きました。
Commented by b-faction at 2018-10-24 10:52
> santaさん
ありがとうございました。
Commented by b-faction at 2018-10-24 12:12
> 片峰さん
ありがとうございました。
寿も渋い発動機ですよね。
一基飾りたいと常々思っています。
Commented by b-faction at 2018-10-24 12:15
> 名知さん、
ご指摘ありがとうございました。
Commented at 2018-10-24 16:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2018-10-25 06:51
片峰さん、僕もそう思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-10-22 22:00 | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction