人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ミキプルーンの感動とミッドシップの予感

ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_12433669.jpg
浜松から佐々木さんが来訪された。

沢山のお土産を戴き、
本当にありがとうございました。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_12434860.jpg
袋の中にはうなぎパイと、

ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_12435859.jpg
ミキプルーンが入っていた。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_14035376.jpg
新しく発売になった、
このミキプルーンが美味しい。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_12455867.jpg
既に普通のミキプルーンを戴いたが、
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_17081856.jpg
この時も胃の腑に落とした瞬間に、
ホーっと熱いものが沸き上がった。

お腹に優しい食べ物だと体が直感したようだ。

今回の初めて食べたミキプルーンも、
更にジューシーで美味い。

ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_14034141.jpg
健康食品が不味いと言う法則は、
もはや現在では通用しないのだろう。

香りも味もジューシーそのもので、
口の中に入れると顔がほころぶほどだ。

隣で娘も「これ美味しい~~」と驚嘆していた。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_14041147.jpg
二段目のフローライフは乳酸菌の摂取、
一番下のGシックスは葉緑素を感じるサプリメントだ。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_14042933.jpg
早速封を切った。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_14044653.jpg
中には健康に良さそうな顆粒が見える。

どんな味がするのかな。

ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_14051208.jpg
いきなり全部頬張ったら、
「えー、馬鹿じゃないの?」と娘に罵られた。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_17160764.jpg
「普通は水か何かと飲むでしょう」

確かにその通りだ。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_17170075.jpg
唾液だけでは限界がある。

口を開けたら、
「そんなもの見せないでよ」と再び罵られた。

カラダを継時劣化させないためのサプリは、
やはり人間の大きな知恵の一つかもしれない。

食物繊維を撮るためのサプリだが、
牛乳と一緒に食べても美味しい。

なるほど。

健康食品の範疇は決して超えないと言う事だ。

生き残るモノにはちゃんとした理由があるね。

実は佐々木さんから、
もう一つ面白いお土産を戴いた。


これには意味がある、
そう直感した。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_12545816.jpg
うなぎパイの春華堂が作る饅頭だ。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_12553461.jpg
うなぎパイのイメージから脱却したいらしい。

そんな必要はない。

だが、
深く染みついたイメージが、
何かのマイナス効果を生むのだろう。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_12560448.jpg
これを食べて感じたのは、
「どうしてこれが必要なのか」という疑念だけだ。

普通の味で、
全く印象に残らなかった。

これは荒井さんから戴いたどら焼きだ。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13002961.jpg
最近のどら焼きにありがちな、
脂っぽさが全くない。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13021404.jpg
バター入りを誇るどら焼きもあるが、
あればかりは七福の製品でも美味しくない。

これも少しは使っているのだろうか。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13011693.jpg
一応原材料に脂成分は含まれていない。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13032120.jpg
本当に素の味が素晴らしい。

勿論飽きられない工夫も必要だ。

不易と流行の典型が、
歴史の浅いお菓子だ。

ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13034049.jpg
これは群馬の代表になり上がった。

確かに努力が凄いし、
カテゴリーから逸脱していない。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13040704.jpg
手島さんに戴いたラスクは、
ただのラスクじゃなかった。

ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13065462.jpg
レーズンバターが物凄くマッチして、
とてつもなく美味しい。

どら焼きにバターは嫌だが、
ラスクにバターは大有りだ。

範疇を超えず不易と流行を心がける。

「不易」で言えば、
松井さんに戴いた塩羊羹も美味しい。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13100519.jpg
塩尻から諏訪にかけての名物だが、
こちらのお店は小豆色が強く、
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13112273.jpg
とてもあっさりしていておいしい。

こうして見ると、
どこが範疇かと見極めるラインは険しい。

ただ、
一つ言えることは、
冒頭に記したことだ。

あまりにイメージを強く打ち付けると、
他のモノにマイナス効果を及ぼす。

スッポンに味噌など、
努力が続く春華堂。

独善の評価ではいけないと思い、
社員に感想を聞いた。

その日の報告書に感想文を書いてもらった。

ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13131925.jpg
大鶴さんのお口にはマッチした。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13133939.jpg
北原課長は甘い物が苦手だが、
強引に食べてもらった。

他の二人はおおむね好評化だ。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13141387.jpg
大宮君のお口にも合ったようだ。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13150382.jpg
部長もお菓子をあまり食べない。
それでも味噌饅頭はお口にあったようだ。
ミキプルーンの感動とミッドシップの予感_f0076731_13153955.jpg
西尾君は感動していた。

うーん、
やっぱりおいしいんだ。

SUBARUはP-1でFR方式からクルマ作りを始め、
RR方式でクルマ屋として成り立った。

その後SUBARUはFF車を初めて世の中に出した。
その後4WDを成功させたので、
前輪駆動車は一気に影が薄くなった。

けれどもFWDの性能も、
依然として高いレベルを維持する。
だから生き残っている。

4WD技術を生かして、
新世代のRWDも作った。

BRZも味が良い。

よく考えたら、
ありとあらゆる駆動方式を知り尽くしている。

あ!
そうなんだ。

そうなると、
こうなるのか。

味噌饅頭が脳みそに突き刺さった。

なるほど!
次のチャレンジは「ミドシップ」か!!

勝手な妄想だけどね。
楽しみに待とう。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-10-20 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction