人気ブログランキング | 話題のタグを見る

客観

山梨からインプレッサオーナーの宮下さんが、
愛機のオイル交換に来訪された。
客観_f0076731_16383984.jpg
俊足ワゴンも元気で何よりだ。
三重県で自転車レースが開催されたそうだ。
息子さんが参加されて、
100人以上の参加者が居た中で、
20位前後とかなりの好成績を出されたそうだ。

おめでとうございました。
客観_f0076731_16385077.jpg
珍しいお土産を頂戴した。
客観_f0076731_16390047.jpg
あっさりした美味しいラスクだ。
客観_f0076731_16390960.jpg
最近のラスクはどれも美味しいが、
カロリーも負けないほど高い。

たまに娘がビビるほど、
美味しいラスクの栄養分は驚異的らしい。
客観_f0076731_16391903.jpg
その点では、
このラスクは美味しいし、
過度な栄養補給にならないので、
イベントの後などは嬉しい。

ヨガの前に血圧を測った。

先週の木曜日の事だ。

なかなかの好結果だった。
客観_f0076731_17520896.jpg
開始前に比較的おだやかだった血圧が、
終了後も更に落ち着きを見せた。

秘訣は、
無理に力んでポーズをとらない事。

客観_f0076731_18005852.jpg
次に、
自分が必要だと思ったら、
最後の弛緩時も好きなポーズを残さず取る事だ。

仰向けになって目を閉じろと言われたが、
やり足らないので足を高く上げた。

そして後ろに曲げながらおろし、
頭の先まで伸ばして床まで付けた。

とても気持ちが良い。

気持ち良くカラダと向き合う事が、
劇的効果を出した。
客観_f0076731_18013331.jpg
体重もずっと65kg以下で落ち着いていた。
客観_f0076731_18032366.jpg
良質なたんぱく質を摂る事を心掛け、
お客様感謝ディに備えた。

ところがだ。
イベントが終わったら1kg太っていた。
昨夜も忙しく、
ジムに行くのが遅れたので、
500mしか泳ぐ事が出来なかった。
客観_f0076731_18042091.jpg
でも丸一週間のブランクをものともせず、
割り切って泳いだら比較的快調で、
1000m換算で間違いなく30分を切っていた。

ところが体重は65キロを超えて、
イベント中の弁当による不摂生が、
モロに体重を増加させていた。

イベント時は通常より活動量が多いので、
より多くのエネルギーを必要とするはず。
だが、
どうも揚げ物を多く含む弁当は、
基礎代謝の下がった体に影響を及ぼすようだ。

お菓子も食べるし、
自宅に帰って晩酌しするし、
養分を摂りすぎている。
客観_f0076731_18045201.jpg
昨夜も泳いだ後、
ヨガの後と同じように、
良質なたんぱく質で晩酌した。

飛騨牛の赤身なので、
動物性タンパク質がたくさん含まれる。

客観的な観察は大切だ。

食べ過ぎだと自覚しても、
太った姿を見ないふりする。

ところで、

客観_f0076731_16362605.jpg
このクルマに乗る姿を、
客観的に見た事は一度も無い。

肌の色や風貌にどれくらいマッチするのかは謎だ。

似合わないと面と向かって言われた事は無いが、
ベネチアンレッドにブラックレザー内装の組み合わせを、
「欲しい」という主観だけで決めた。

好きであることに間違いはない。

けれども飽きない理由は他にある。

理由は一つだ。

それはマニュアルシフトを持つからだ。
だから飽きないんだよな。

客観_f0076731_18062331.jpg
この先輩も同じ味がする。
テストを待つGG3を隣に並べた。

鷹の眼の最終型は、
特に異彩を放つ

WRルックなバンパーを持ち、
リヤブレーキはドラムではなくディスクだ。

非力なエンジンでも良く回るから、
クラッチを操作して走らせると面白い。

ミッションにレバーを差し込み、
グサグサとかき混ぜながら、
自分の好きなように扱う。

今朝は誰かが隣にガルパンを置いた。
ガルパンと言うあだ名は、
客観_f0076731_18073067.jpg
クラッチのある戦車から連想した。
ガールズ&パンサーを見ていて、
思わず愛嬌のあるサンバーのニックネームに決めた。

故障する事も稀にあり、
直そうにも忙しくて修理する時間が取れない。

車検も切れたので、
北原課長が「さじ」を投げかけた。

「ラリーサービスカーの役割は、
もう十分果たしたんじゃないですか」と言った。

確かに衝突安全性では、
現在のレベルに到底届かない危険なクルマだ。

でも「もういいんじゃないですか」と問われて、
ハイそうですとは言えない。

このクルマはサンバーに起こりえることを、
全て具現化しその故障を克服した「動くショーケース」なのだ。

それにボディカラーが、
何ともプレーンで大好きだ。

「復活させなさい」と整備継続をお願いした。

走る姿を客観的に見ると、
物凄くファニーで愉しい。

ドライバーはラリーサービスを担当する課長だから、
自分の美意識に合わないのかもしれない(笑)

それは主観であって、
客観的には素敵だ。

北原課長がガルパンを走らせる姿は、
なかなかマニアックで、
その様子は心地良い。
客観_f0076731_16363710.jpg
金曜日にインプレッサハウスを掃除した。
作業を終え会社に戻りながら、
妻の走らせる新型フォレスターを後方から眺めた。

ピアノブラック調のガーニッシュが、
左右の蟹鋏にガッチリ咥えられている。

オレンジラインはシンメトリカルだが、
マフラーは片側から覗く。

細長いストップランプが、
痩せた三角点を描く。

クリームがかったホワイトボディに、
黒い靴下が見える。

珍妙なのだが、
色白の妻が乗ると、
なかなかスポーティで魅力的だった。

クルマには、
やはり乗る人によって似あう似合わないの差が生まれる。
客観_f0076731_16365066.jpg
アドバンス同士が並んだ。
どちらもe-BOXERを搭載し、
化学調味料で美味しく仕上げられている。
客観_f0076731_16370184.jpg
客観的に眺めると、
両者にそれぞれある違いを、
長所だけ抜き取ると抜群だと解る。

インプレッサのデザインを継承し、
フォレスターのクオリティで仕上げると良い。

やれない理由を知っているので、
何度も繰り返したくないが、
客観性は重要だ。
客観_f0076731_16371634.jpg
リヤフォグもフォレスターのクオリティが、
点灯時の雰囲気を上質にさせる。


客観_f0076731_16372893.jpg
LEDが「すべて」ではないが、
灯火器として見た場合、
進歩の度合いが明確に高い。
客観_f0076731_16373885.jpg
XVのデザインは素晴らしい。
でも光り方がチープだ。

客観_f0076731_16374975.jpg
後姿はより長時間に渡り連続して人目に晒される。
客観_f0076731_16380004.jpg
やはり気をつけたほうが良い。
客観_f0076731_16381296.jpg
前のモデルほど芸が細かくないようだ。

Commented by jun_san at 2018-11-02 00:37
宮下さんのお車、私がまだ独身時代に購入したワゴンWRXその物ではないですか。
しかも色まで一緒。
結婚して嫁さんが次はATじゃなきゃダメというので泣く泣く乗り換えましたが
EJ20ターボの軽量高剛性ボディはすばらしかったことを思い出します。

庄司
Commented by b-faction at 2018-11-02 07:06
庄司さん、チャゲアスのCMソングも良かったですよね。筋肉質なクルマでしたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-10-30 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31