人気ブログランキング | 話題のタグを見る

晩秋

都会はまだ晩夏の香りがした。

恵比寿には、
今年も「やる気」が現れていた。
晩秋_f0076731_19465119.jpg
決して恵比寿で旅客業を始めるわけじゃない。
晩秋_f0076731_19472122.jpg
タクシーと言っても、
無料でお客様に奉仕する。

但し、
ちょっとスリリングだ。

今年の予定が決まったらしい。


これがゲレンデタクシーの最新型だ。
晩秋_f0076731_19512136.jpg
是非乗ってみないか。
料金は不要だ。

かわら版に必要な取材を済ませた。

広報部の清田さん、
ありがとうございました。

せっかくエビスに来たので、
何か美味しいものを食べようと散策した。

お洒落なカフェはどこも真剣勝負だ。

1000円前後で美味しいものが食べられそうだが、
あの界隈でオッサン一人だと暖簾くぐるのに勇気がいる。

こういう時は、
やっぱり寿司屋が良いね。

びっくり寿司と言うだけあって、
お値打ちでネタも新鮮だが、
晩秋_f0076731_14555179.jpeg
ちょっとシャリの塩がキツイ。
でもシャリそのものは美味い。

ネタも新鮮だ。

東京は面白い。

疲れたので早めにホテルにチェックインして、
クルマを置いて昔馴染んだ学生街を歩いた。
すると、
晩秋_f0076731_14565554.jpeg
良く行ったボウリング場の近に、
美しい女性のポスターがあった。

おや?
見たことあるな。
晩秋_f0076731_18561141.jpg
サイズは若干違うが、
美女が並ぶと華々しい。
晩秋_f0076731_18575119.jpg
みおりちゃん、
おひさしぶり!
晩秋_f0076731_18580419.jpg
もとブリーズのメンバーだった。
昨年L1ラリーの陣中見舞いに来てくれた。

あれからもう一年か。

スーパーGTのレースクイーンは、
全メンバーが入れ替わったようだ。

彼女は実力があるので、
多彩な分野で頑張ってる。
でっかいポスターを見て、
思わず嬉しくなった。

かわら版の掲載車撮影も順調に終わり、
晩秋_f0076731_15061587.jpeg
夜は友人と久し振りに飲んだ。

飯田橋で別れ、
朝一番で東京を飛び出した。

こんなに良い天気なら、
晩秋_f0076731_15070961.jpeg
バツグンの写真が取れるはずだ。

来年のカレンダーは、
平成最後の作品になる。

今から気合を入れよう。

ラグーンブルーは良い色だ。

馴染んでくるほどに好きになる。

紅葉の中で見ると、
ハイパーブルーのマイカバージョンのようにも思えた。
晩秋_f0076731_15075010.jpeg
なので、
室内との整合性が悪い。

ギヤ感のあるトリムのブルーと、
実はこの色もあまり整合性が良くない。

妙に主張がかけ離れた、
自民党の政治家が同席しているようで、
何となくチグハグだった(笑)

前夜食べ過ぎたので、
朝ご飯を抜いた。

双葉SAでお気に入りの「小豆ミルクを買った。

焼きたてなので、
思わず一個ペロリと食べた。


中途半端に食事をしたので、
変な時間に腹が減った。

撮影を終え山を下りる途中、
通るたびにお休みと重なるカフェに入った。
晩秋_f0076731_15081512.jpeg
店内からXVが見える。
クルマと一緒にご飯食べてるみたいで気分が良い。
晩秋_f0076731_15083943.jpeg
オーガニックなお店で、
白米だけも頼めるし、
玄米ミックスもオーダーできる。

人気のスープカレーは、
辛さを3通りから選べる。
晩秋_f0076731_15092141.jpeg
迷わず「ファイヤー」を選んだ。

それが丁度良い辛さで、
とても美味しかった。

晩秋_f0076731_15094462.jpeg
お米も野菜も自家製だ。

はざ掛けして乾燥させた美味しいお米と、
農薬と化学肥料を使わない野菜は、
しっかりした良い味を楽しませてくれた。

これで1050円なら、
迷わず食べて損はない。

エビス周辺のカフェもお洒落だが、
山の中の一軒家のカフェには負ける。

珈琲で締めるのも良いが、
デザートを喰いたくなった。

面白い。
「黒蜜きな粉」という食べ物がある。

これは自家製の大豆で作ったきな粉を、
黒蜜と和えたスイーツらしい。

是非喰ってみなければ。
晩秋_f0076731_18585143.jpg
これは美味い。

次はガレットに挑戦しよう。
晩秋_f0076731_18591200.jpg
とってもプレーンなお店で、
自家製の真空管アンプから流れるメロディも綺麗だ。

開店してから6年目になると言う。

この辺りに脚を運ぶようになった時、
確か共選所のような使われていない建物があった気がする。

それが徐々に綺麗に整えられていった。


大金を掛けるわけではないが、
コツコツと小奇麗に整えられる様子が気持ち良かった。

手づくり感があるけれど、
プロとして手を抜かない所は徹底して抜かない。

休日でもカーテンを閉めず、
あけっぴろげな所も良かった。

見せる演出に長けている。

晩秋_f0076731_18592898.jpg
又来ますね。
ごちそうさまでした。

興味のある方はぜひ訪れては如何だろう。

中津スバルから約1時間だ。
ドライブには丁度良い距離なので、
新たな刺激を求める人にうってつけの場所だ。

来訪時にお問い合わせいただければ、
簡単に説明させていただく。

さて、
肝心のVXはどうだったのか。

次のかわら版を作るので、
併せて記事を紹介したい。

お楽しみに。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-11-01 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction