人気ブログランキング | 話題のタグを見る

回帰

回帰_f0076731_13454484.jpg
旨い寿司だ。

まさ君は苦労人だから、
良い味が滲む。

無理言って席を取った。
回帰_f0076731_13452999.jpg
つくば市から管野さんが来訪された。
御実家のある塩釜市も、
海産物がとても美味しいそうだ。

でも、
中津川のお寿司も美味しいと、
魚政を褒めて下さった。
回帰_f0076731_13443762.jpg
お土産を戴き有難うございました。

管野さんは植物のオーソリティーだ。

稲作など商品作物の収穫量向上に、
日々尽力されている。

何かと二酸化炭素が話題になる。

温室効果ガスだと騒がしいが、
あれは先進国にとって都合の良い嘘だと思っている。

「大気中にCO2はどれくらい含まれるのでしょうか」
その問いに対して、
管野さんは「0.032%です」とあっさり答えた。

実に微量だ。

しかもアルゴンに続く第四位の体積比だ。

その僅かしかない二酸化炭素を、
植物が誕生と生命維持のために奪い合う。

乾燥大気の主成分が窒素であることは知っていたが、
具体的な体積比まで頭に無かった。

CO2の話で盛り上がった。
何しろ植物にとって二酸化炭素は必須要素だ。

動物が呼吸するのとは少し違って、
空気中の炭素を固定化させ、
エネルギー源を作る。

即ちデンプンの誕生だ。

管野さん、
ありがとうございました。
愉しい時間を共有できて最高でした。

ぜひまたお目に掛かりましょう。

最近、
やたらとこの街で太陽電池の設置が広がっている。

かなり昔になるが、
父が口車に乗って社屋の屋根に取り付けた。

深刻な問題は起きていないし、
京セラの技術力にも感心するが、
父が知らない間にオーダーしたのでやむなく承服した。

もし社長になってからだったら、
絶対に許可していない。

雨漏れの遠因になるし、
今年の台風の時に飛ばなくて良かった。

外すと今度は厄介な産廃になる。

原子力も同じで、
作ったは事は良いが廃棄物を処理できない。

太陽光電池もどうやって処分するのか、
正式な方法があり無料で処分できるなら、
すぐにでも外してしまいたい。
回帰_f0076731_17512122.jpg
お騒がせしているクルマに乗った。
2ℓの水平対向エンジンを積む、
飛び切り面白いクルマだ。

リコールの案内が届き始めたと思うが、
安心して欲しい。

これから故障が起きる確率は非常に少ない。

どう見積もってもあと30台くらいしか発症しないが、
それが「あなたの」かもしれないので、
大胆なリコールを掛けた。

同時にしっかり点検するので、
「預けて損した」と思われるようなことも無い。

大船に乗った気持ちで任せて欲しい。
回帰_f0076731_17584223.jpg
このクールでジェントルなXVは、
プッシュスタートシステムを持ち、
回帰_f0076731_17585840.jpg
アイサイトも付いている。
回帰_f0076731_18025405.jpg
このボディカラーが素敵なんだ。
クラッディングの艶消しブラックと、
なかなか良いコンビネーションだ。

ルーフレールも無いので、
シックな外装色と相まって、
とてもスポーティーな印象だ。
回帰_f0076731_18155936.jpg
澤田さんに戴いた「くずもち」風の寒天だ。

きな粉が好きなので、
タップリかけるとすごくおいいい。

黒蜜との相性が良く、
カロリーも低く、
こんにゃくゼリーに比べて食べやすいのが嬉しい。
回帰_f0076731_18160876.jpg
ゆず抹茶の蜜も美味しい。
最後に残った蜜を飲み干したほどだ。

シンプルかつ美味!

まさにXVの2ℓ水平対向エンジンが、
充分こなれてきた時の印象だ。
回帰_f0076731_18142344.jpg
アルミぺタルなので操作感がとても良い。

ダンロップタイヤを履き、
思った以上の操舵感を見せる。

これは面白い。
夢中で走らせた。

SGPの操舵応答性に慣れ親しむと、
既存のシャシーでは不満が出るのか。

決してそうでもない。

軽いクルマには軽さによるメリットも大きく、
このXVの操舵応答性も素晴らしかった。
回帰_f0076731_18143745.jpg
深い森の中を走ると、
前方に赤色回転灯を点滅させながら、
不格好なパトカーが現れた。

実にお粗末なコーナリングで、
フラフラ走っている。

ドライバーの技量と言うよりも、
お粗末なシャシーによる旋回性能の低さが原因だ。

こういうクルマの後ろに続くと、
XVの秀逸なシャシー性能を実感できる。
回帰_f0076731_18144793.jpg
物凄く面白かった。
中津シェライフェの約80kmを、
まるで滑るように駆け抜けた。

キッチリ高速テストを終えた頃、
インプレッサハウスが第二幕を迎えつつあった。
回帰_f0076731_18145853.jpg
夜が明けると、
新たなステージが完成していた。
回帰_f0076731_18150850.jpg
笠置山を見ながら、
テントを見ていて構想を思いついた。
回帰_f0076731_18152088.jpg
風雨に晒すと一気に劣化する。
酸化が増進するからだ。

鉄は酸素が大好きだから、
空気中の酸素を呼び寄せる。

樹脂は光に弱い。
回帰_f0076731_18153329.jpg
光合成が触媒作用であるのと同じように、
光がガラスを通して触媒作用を引き起こし、
インパネを中心とした内装を蝕む。

回帰_f0076731_18154783.jpg
大量のインプレッサの生命力を維持するために、
快適な保管場所を考えた。

さあ、
まず20Bを完成させなきゃ。

GC8は中津スバルにとって何だろう。

まさに原点回帰のクルマなのだ。
さあ、前に進もう。
お楽しみに。

Commented by snow-pig_BP5 at 2018-11-06 22:24
こんばんは。
香川の澤田です。
これまでもリコールを受けて来ましたが、
振り返ると、長く乗るために必要なメンテナンスだったとも思えます。
その都度の対応で得た知識も多く有りました。
しかしながらサービスの皆さんを中心に作業が集中し、対応に苦慮する場面もあるかも知れませんが、その積み重ねがスバルの魅力を支えてきたと思います。
間違いは正さないといけませんが、萎縮ばかりにならず、シンプルで楽しいスバルが続くように応援します。
Commented by b-faction at 2018-11-06 23:14
澤田さん、ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-11-04 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction