養生

慈しみ。
f0076731_14481581.jpg
それは深い海の底に眠る水が、
生命の根源であったように、

ヒトが幸福に生きるための、
柔和で富んだ精神の源。
f0076731_14482724.jpg
単にモノを大事にするだけではなく、
フィールドを慈しむ。
f0076731_14484788.jpg
Before
f0076731_14490677.jpg
After
f0076731_14492619.jpg
翌桧の枝を払って戴き、
頭の方を軽くすることが出来た。
f0076731_14494752.jpg
再び煽られないように杭で固定した。

掃除の日PartⅡが順調に進んだ。
f0076731_14500248.jpg
以前から気になっていた亀裂を、
コンクリート補修材で埋めた。
f0076731_14501891.jpg
最初は小さな爆裂で、
コンクリートが割れたのだろうが、
徐々に浸透する雨水で下部の土が流出した。
f0076731_14505235.jpg
Before
f0076731_14511410.jpg
After

力を合わせて慈しみの心を育てる。
SUBARUに今最も必要とさせる大切な要素だ。
f0076731_14562255.jpg
綻びかけても大勢に影響が無いと放置した。

それは、
荒れた心が慈しむ心を阻害する原因となる。

SUBARUが次々とリコールを出す根源に、
生産施設に従事した人々から、
慈しむ心が消えていた事を臭わせている。

丁寧に養生し、
深い慈しみとは何かを思い出して欲しい。
f0076731_15101622.jpg
こうした養生を人任せにしては、
良い仕事を続ける事はできない。

リコールが続く以上、
まず軸足をしっかりさせようじゃないか。

f0076731_15121380.jpg
やるべきことはただ一つ。

慈しみとは何か。

それを常に心に置いて日々を過ごそう。

何故綻ぶのか。
f0076731_15133494.jpg
それは綻ぶ原因があるからだ。
f0076731_15134994.jpg
Before
f0076731_15150960.jpg
After

その原因は何か。

SUBARUに関わる一人一人の社員が、
もう一度、
足元を良く振り返ってみよう。

本当に慈しんできたのか。
f0076731_15164254.jpg
モノには命がある。

f0076731_15165694.jpg
慈しむ心を取り戻そう。
f0076731_15171541.jpg
Before
f0076731_15181359.jpg
After

新宿を捨てる時、
慈しむ心も捨ててしまったのだろう。

新しいエビスは美しく光り輝き、
うわべは素晴らしいが、
慈しむ心が滲む。

「カッコ良い事は長続きしない。
カッコ悪い事は長続きする」

今回もこの法則が当てはまった。

泥臭く古くて使いにくくても、
東富士ビルはSUBARU発祥の地でもあった。

捨てるとは得る事なり。
これもまた真実ではある。

捨てざるを得ないほど老朽化し複雑化していた。

もしそういうなら「詭弁」だ。

手っ取り早くカッコ良くした反動が、
まさに今すべてに表れている。

原点に帰ろう。
SUBARUとは何かをもう一度よく考えようじゃないか。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/30146916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kura at 2018-11-06 14:28 x
いつも楽しくブログや動画を拝見しております。

我が家に最初のスバル車が来て7年しか経っておりませんので、昔からのスバルファンの方々の足元には及びませんが、スバル車を通して暮らしを豊かにしてもらった実感は強く持っております。

車酔いが激しかった嫁さんは、私の車で酔わないので、4年前に先代のXVに乗り換え、「私の車、素敵でしょ」と日々満足して使っています。

ここ最近の報道には心を痛めており、寂しい気持ちになってしまいますが、長距離運転をしても車に酔うものはおらず、疲れも少ないというまぎれもない我が家での事実(今年の夏休みも1週間かけて片道1300㎞離れた実家への旅をしてきました)を体感してきておりますので、これからもこの事実を信じてスバルとスバルの製品を支持していこうと思っています。
Commented by uedaーBG5 at 2018-11-06 16:17 x
昔バブルの頃 レオーネしか上位機種が、無くて、他社が最高益と言っている時、富士重だけ赤字で、できる範囲でしか開発できなかったけど、 バブルがはじけて、他社が手を広げすぎて痛手を負ったけど、富士重だけは手堅い経営(しかできなかった)で、レガシーの開発に集中し、その後の富士重発展の起点になったと思います。  今回も足元を見直して、手堅い富士重に戻ってもらいたいものです。   親父の1300Gからレオーネ、レガシーとスバル乗り継いでいます。  技術にこだわりを持つ富士重に戻ってほしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-11-05 22:00 | Trackback | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31