人気ブログランキング | 話題のタグを見る

甲殻

妻と紅葉を眺めた。
良い景色だった。
甲殻_f0076731_15524618.jpg
季節を配慮した、
素敵な色のコーディネートだ

秋も深まるとシックな色が好ましくなる。
甲殻_f0076731_15533971.jpg
ディープチェリー・パールの、
お洒落なXVを揃えた。

注目したいのは、
その深みのある色合いだ。

綺麗に磨くと存在感が際立つ。

暗い場所だと黒に見えるが、
光が当たると美しく輝く。

これはディープシーブルー・パールにも言える、
SUBARUが放つ濃色カラーの共通点だ。
甲殻_f0076731_15535346.jpg
ミセス大鶴の手で、
内装を丁寧に仕上げた。
甲殻_f0076731_15540630.jpg
アイサイト付きのLグレードなので、
運転席と助手席にパワーシートを持つ。

アルミぺタルは標準装備し、
メーカーオプションの、
キーレスアクセス&プッシュスタートを持つ。
ルーフレースレスなので、
クルマ全体に塊感がある。
甲殻_f0076731_15541830.jpg
秋の乾燥した天候は、
クルマの清掃に都合が良く、
除菌作業の後すぐ乾く。

とても爽やかになり、
いつにもまして効果的だ。

オトコは時々、
思い出したように走りたくなる。

特に雪を求めてガンガン走りたくなるはずだ。

これから先のウインターシーズンに、
その時々の楽しみを求め走ってほしい。
だからXVの品揃えを冬に備えて強化した。
甲殻_f0076731_22044204.jpg
クールグレーカーキのテンロクに加え、
喉から手の出るほど欲しかった、
甲殻_f0076731_22234323.jpg
ハイパーブルーGP7型XVを確保した。

また、
ディープチェリーと真逆の、
これもシックなアイスシルバーもある。
甲殻_f0076731_22360703.jpg
極めつけは真っ赤なXVだ。
オレンジの陰に隠れているが、
実車を見るとピュアレッドのXVこそ、
待ち焦がれていた配色だと心が躍るはずだ。
甲殻_f0076731_22045953.jpg
このカラーコーディネートは、
XVの正当なご先祖に当たる、
A67型レオーネエステートバン4WDに直結する。

喉から手が出るほど欲しくて、
初めて購入したクルマが、
まさにこの雰囲気を醸し出していた。

SUBARUのSUVは、
それほど深い歴史を有す。

冬こそ4WDの本格的な出番が来る。
そこで如何にアクティブなカーライフが送れるか。

そこに人生の楽しさが数多く隠れている。
だからこそ、
昔からスバリストは冬の機動力を重視した。
そんなヒトにとって、
SUBARUは恰好な相棒だ。

もともと嗜好性が強い方だ。
だから、
色々食べているようで、
実は食べた事の無いモノは非常に多い。

中華には縁遠いし(それほど好きではない)、
実はカニもあまり食べない。

子供の頃、
酢につけて食べるのが嫌なので、
あまり積極的に食べなかった。

今は嫌いではないが、
中身を出すのが面倒なので、
誰かほじくってくれない限り、
あまり積極的に食べようと思わない。

それに対して、
イタリアンは大好きだ。

L1ラリーも近くなり、
クルマに更に馴染むため、
嫁はそのままGC8を継続使用していた。

ラリーに向けた整備のために、
息子夫婦が久し振りに帰ってきた。

娘がきっと張り切って料理を作るはずだ。
甲殻_f0076731_18321807.jpg
そこで、
いつもなら1000m泳ぐところを、
500mに切り上げて、
家族が待つ家に帰った。
甲殻_f0076731_18323068.jpg
和洋折衷だが、
イタリアンの創作料理が大半を占めた。

そしてこのあと、
真打が登場した。
甲殻_f0076731_22042762.jpg
娘が生地から作った手作りピザだ。

次々と焼き上がり、
オーブンから現れる。

飛ぶように口に運ばれ、
あっという間に胃袋へ消えた。

実に充実した夕食だった。

翌朝早起きして、
久し振りに若狭湾に向かった。
甲殻_f0076731_18331593.jpg
本当に海がきれいだ。

すると唐突に旅館街が現れる。
甲殻_f0076731_18362953.jpg
いいねぇ、
こんな雰囲気が大好きだ。
甲殻_f0076731_18365830.jpg
越前ガニというものを、
生まれて初めて食すことになった。

店の前に風呂桶のようなものがある。
何やらぐつぐつ煮立っている。
甲殻_f0076731_18375907.jpg
近くには無造作にジタバタ動く蟹が居る。
どれも指輪をはめてお洒落な蟹だ。
甲殻_f0076731_18381326.jpg
恐る恐る覗いたら、
オヤジさんが「ほれ!もっと見ろ」と言った。
甲殻_f0076731_18400159.jpg
うをををを!
ジタバタしていた奴か。
なんまんだぶなんまんだぶ・・・・・・。
甲殻_f0076731_18401393.jpg
これから出てくるのか。
どうやって食べるのかな。
甲殻_f0076731_18402738.jpg
ブランド牛ならぬ、
ブランド蟹だから、
トレーサビリティは万全だ。

甲殻_f0076731_18424498.jpg
しかしデーンと丸ごと出されても、
その後の手順に戸惑う。

背中に黒い卵を抱いている。
甲殻_f0076731_18425966.jpg
生物共存の法則で、
深海の砂地に卵を産めないヒルが、
カニの甲羅に卵を産む。

指で押すとぷにぷにして気持ち良い。
天然物の証だろう。
甲殻_f0076731_18431263.jpg
甲羅を開くと、
思ったより蟹味噌が少ないが、
身の入りは良いようだ。

どうやって食べるのか聞いた。
手でむしるように割って、
中の身を出すように言われた。

コイツは面倒だが、
だんだん夢中になって食べ続けた。

時間制限があるので、
結構雑な喰い方になる。

するとまだ食べ終わらぬうちに、
次の皿が運ばれてきた。

あちこちに蟹の身が飛び散り、
ズボンの上まで白くなっている。
甲殻_f0076731_18432646.jpg
そんな事はお構いなしで、
生の脚に齧り付く。
甲殻_f0076731_18434204.jpg
甲羅の部分が無いのは、
中の味噌を焼いて食べるように、
簡易コンロに載せたからだ。

蟹味噌を見たら、
条件反射で足の指が疼いた。

プリン体の宝庫だからな。
甲殻_f0076731_18440285.jpg
蟹刺しに加えて、
船盛まで出た。

これは豪勢で甘エビの生きも良いし、
カンパチのプリプリ感も漁師町ならではのものだった。

そこで終わるかと思ったら、
甲殻_f0076731_18441735.jpg
更に蟹が出てきた。
越前ガニはズワイガニだが、
これはタラバガニのようにも見えた。
特に説明は無く、
ただひたすら黙々と食べた。

蟹の生態を知ると、
食う気が失せるので読まないようにしているが、
甲殻_f0076731_18443959.jpg
やっぱり肉食の生き物は美味いね。

5年分ぐらい食べたな。
甲殻_f0076731_18445439.jpg
ビールも飲んだし、
これはかなりの大冒険だった。

気持ち指先にぎくりと痛みが走るが、
薬を飲んでいるので以前のような劇症は現れない。

昼めし食ってから、
夜の10時過ぎまで全く空腹感に襲われなかった。

蟹畏るべし。
甲殻_f0076731_18450791.jpg
翌日はヨガの日なので、
遅れずにジムに行った。

血圧が高い。

そりゃそうだ。
塩分しっかりとったもんね。

待つ間、
自分の足をじっと見た。
甲殻_f0076731_18452295.jpg
本当にありがとう。

よく頑張ってくれる足だ。

痛い思いする事無くて良かったね。
思わずヨガの前に声を掛けた。

それに最近は、
股関節の動きも徐々に良くなっている。

ただ相変わらず硬いので、
ヨガのキツイポーズは苦手だ。

無理せず出来る事をやっていたら、
今度は逆に物足りなくなってきた。

好きなポーズをやらなくなった。

仰向けで足を高く上げ、
直角に立てたら、
それをゆっくりつま先から頭の先に下す。

これは比較的楽にできるし、
終わった後に肩こり感が消えるので大好きだ。

それでいて、
結構余分な話が多くて、
サマーサだったかな、
ちょっと忘れたけど、
仰向けで脱力して瞑想する時間が長い。

静かにそのポーズを一人でやって、
その後カラダを弛緩させた。

インストラクターが「血圧は大丈夫ですか」と、
心配してくれた。

そのポーズは血流が逆転し、
血圧に良くないと言うが、
それをやっても普通に下がった。

やらないと物足りないが、
気持ちが良い事をやるのなら問題なかろう。

とは言うものの、
食生活の影響だけはすぐ数値に表れる。

甲殻_f0076731_18453323.jpg
低い方が高くなるのは良くないと言うが、
体重まで一線を越えたので心配になった。
甲殻_f0076731_18454590.jpg
ところが、
バランスというモノには、
何がどう影響するか解らない。

その後で体の状態を測定すると、
甲殻_f0076731_18460860.jpg
体重が増えたのに、
状態は悪くないと言う。


甲殻_f0076731_18462044.jpg
二ヶ月何てあっという間だ。


甲殻_f0076731_18463221.jpg
体脂肪が減り、
筋肉が増えた。


甲殻_f0076731_18464607.jpg
星のマークの方が現在なので、
適正化していると言う事だ。


甲殻_f0076731_18465818.jpg
後は脂肪を燃やすだけか。

やっぱりヨガは止められないな。

実に体に合っている。

但し、
脚を高く上げ、
反転させるポーズが、
本当に血圧上昇を招くのか。

そこには若干疑問が残った。
甲殻_f0076731_18471156.jpg
蟹も美味かったけど、
やはりこんなメニューが一番良い。

練りものを天婦羅にしただけだが、
具の質が高いのでバツグンに旨い。
甲殻_f0076731_18472567.jpg
でも、
塩分控えないといけないね。

ところが、
止められないんだ。
甲殻_f0076731_18473732.jpg
酒飲みにはたまらない季節が来た。

冬こそ旨いモノを求めて、
日本中の道をアクティブに走ろうじゃないか。

そんな時にXVは絶好の相棒だ。

甲殻類の様にシブトク走る。
甲殻_f0076731_16134028.jpg
食べると美味しくて、
万能なクルマだ。

ミセス大鶴の手で、
内装作業が終了したので、
工房に移動した。

そして、
社員全員でチカチカに磨いた。
甲殻_f0076731_16135329.jpg
このクルマでウインターシーズンを過ごしたら、
もう普通のコンパクトカーには乗れなくなる。
甲殻_f0076731_16140403.jpg
内外ともシックでありながら、
躍動的な魅力を持つ。

純正ナビも装備しているので、
急なドライブにも便利だろう。

前出の4台に加え、
XVを5台体制で完備した。

ウインターシーズンを是非XVで楽しんで欲しい。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-11-24 22:51 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31