人気ブログランキング | 話題のタグを見る

咄嗟

咄嗟_f0076731_20155733.jpg
来年のカレンダーに使おう。
咄嗟にそう感じた。
咄嗟_f0076731_20161872.jpg
明日からサービスカーとして活躍する。
いざと言う時は部品も使える。(笑)

これで遂に完成だ。

ホッとすると気が抜ける。
だから昨夜もヨガに行き、
気を抜かず充填した。
咄嗟_f0076731_20171643.jpg
ヨガの前に血圧を測ると、
いつもと同じような数値だった。
最近飛びぬけて高くも無いが、
以前と違ってヨガの後に血圧が上昇する。
咄嗟_f0076731_20173601.jpg
インストラクターは風邪を引いたそうで、
しわがれた声でレッスンを始めた。

一生懸命なのはわかるけど、
大事な時なんだからうつさないでくれよ。

きついのだろう。
時間も5分ほど切り上げていた。

咄嗟_f0076731_20175641.jpg
境界線ギリギリが続く。
昨夜もヨガの後に血圧が高くなった。

なにか物足りないと言う、
不満があるからなのだろう。

水曜の定休日を挟み、
連続してジムに通い続けた。

火曜日に泳いだ結果は、
咄嗟_f0076731_20190825.jpg
50秒近く前日よりタイムが落ちた。
その代わり、
代謝が良いのか体重は落ちた。
64.5kgまで絞れたが、
この水曜日も高カロリーな生活を営み、
咄嗟_f0076731_20192894.jpg
65kgに戻っちゃった。

朝を迎え、
乗り帰ったRA-Rを改めて見回した。
咄嗟_f0076731_20164942.jpg
何か物足りない。
エンジンは申し分ない。

ほんのさわりに過ぎないが、
10km程度走らせただけで、
バランスドエンジンの鼓動が沁みた。

白いGC8に感じる、
STIの味そのものだった。
咄嗟_f0076731_20195697.jpg
この角度から見て、
咄嗟に感じた。

こりゃ覆面パトカーにもってこいだぜ。

赤いラインを消して窓を真黒にすれば、
高速機動隊のお巡りさんも速く安全に走れる。

あのみすぼらしいマークXでは、
良い捕物は出来ないだろう。

そんな事を考え、
ニヤニヤしながらハンドルを握った。

母指球でスロットルペダルをそっと押す。
エンジンの回転が「フン」と高まる。

このフィーリングは良い。

シャシーはどうか。
ほぼ予想した通りだ。

それ以上でもなければ、
それ以下でもない。

どうしても子供っぽさが抜けない。

確かにサーキットを走る前提で、
きちんと仕上げてあることに違いは無い。

でも筑波サーキットで速く走れるクルマが、
実際の走りで卓越した何かを持つのかと言うと、
そこは少し怪しい所がある。

こんなもんだろう。
今の時点ではそうとしか言えない。

もう少しどしんと踏ん張った、
深みのある味が出せない物かな。

STIと言うと、
皆こんな味になってしまっている。

30年経ってもブレイクスルー出来ていないのは、
何となくオトナになり切れない大人なのだ。

明日はラリー当日なので、
月初会議を今朝にしようと、
一日前へ倒した。

会議でRA-Rをどう扱うか、
慎重に協議した。

俊足で完売し、
今後どのように扱うのか注意する必要がある。

細部をもう一度見て、
今後の方向性を考える。
咄嗟_f0076731_20230696.jpg
そこでRA-Rを、
広い場所で撮影しながら、
細部をゆっくり考察した。
咄嗟_f0076731_20241012.jpg
最終形態のフロントフェイスは、
なかなか堂々としていて好ましい。

余計な加飾パーツが無いので、
ブラックの渋さが際立っている。

咄嗟_f0076731_20242989.jpg
良く見るとフォグランプの位置に穴があり、
空気が入るようになっている。

控えめだ。
グワッと開けて冷却効果を得ると、
空気抵抗が増えちゃうかな。
咄嗟_f0076731_20245428.jpg
余計な事に金を掛けず、
軽量化と価格設定に相当拘っている。

咄嗟_f0076731_20252413.jpg
見た目は素の状態で安価にリリースする。

だから、
後はオーナーが勝手に考えろ。

無言で語り掛けてくる。

ブレーキのタッチは秀逸だ。
咄嗟_f0076731_20254683.jpg
タイヤも申し分ない。

現状でこれ以上の組み合わせは考えられない。

咄嗟_f0076731_20260371.jpg
このタイヤに関しては、
600馬力で今年の夏に体感済みだ。

一番目を引くのが、
自転車のヘルメットの様な、
奇抜な形をしたドアミラーだ。
咄嗟_f0076731_20262173.jpg
実際に軽いし空力も良いらしい。


咄嗟_f0076731_20264229.jpg
発動機関連は全く手抜きが無く、
吸排気まで含めS208と変らない。



咄嗟_f0076731_20270851.jpg
やっぱりEJ20は最高だな。

咄嗟_f0076731_20273527.jpg
三日間に渡り、
立て続けに凄いGC8ばかりを乗った。

その最終形態が、
このモーターの様に回る素晴らしいエンジンだ。

理屈やスペックでは感じられない、

生き物のような鼓動を感じさせ、
その上で卓越した性能を発揮する。
咄嗟_f0076731_20280899.jpg
地味だ。
けれども決して安っぽくない。


咄嗟_f0076731_20282938.jpg
シルバーの刻印が誇らしげだ。

それでいて、
シートベルトはSの韻を残す。
咄嗟_f0076731_20293508.jpg
ステッチと合わせ良い印象だ。
このシートなら交換するまでも無いか。

トランクも実用的だから、
脚代わりにも使える。
咄嗟_f0076731_20300516.jpg
軽量化のために、
スペアタイヤも省略した。

咄嗟_f0076731_20304096.jpg
あれ?

ここで気が付いた。

インタークーラーウオーターㇲプレィが省略されている。

そこで初代のカタログを引っ張り出した。
咄嗟_f0076731_20313577.jpg
ここで泳ぐ時間になった。

平川さんにも電話して、
何故省略したのか聞いてみた。

それはおいおい語りたい。




咄嗟_f0076731_20315122.jpg
「目標税込み500万円以下」に徹したのだろう。


咄嗟_f0076731_20321121.jpg
整備も順調に終わった。

咄嗟_f0076731_20323377.jpg
良く見ると凄い光景だ。

今日はドクターカーも含め、
三台の特殊車両が並んでリフトに載った。

監督として決断もした。

嫁のハンディが大き過ぎる。

そこで白いGC8が嫁入り道具で持ってきた、
特別なダンパーを取り付けた。
それは正にRA-R用のダンパーそのものだ。

サーキットを走らせる仕様なので、
物凄く良く回る。
咄嗟_f0076731_20325754.jpg
付いていたプロドライブ製のダンパーを外し、
そいつを装着した。

テストしてビックリだ。

別のクルマみたい。

今日は一日かけて整備が進み、
工房からはドロドロ音が絶えず聞こえた。

2台ともテストした時とまるで違う。

改めて整備技量の高さに驚いた。

設営準備も整った。
咄嗟_f0076731_20332209.jpg
イザ!


咄嗟_f0076731_20334483.jpg
明日をお楽しみに。


咄嗟_f0076731_20341466.jpg
キャラバンの準備も万全だ。
咄嗟_f0076731_20344617.jpg
いざ出陣!

Commented at 2018-11-30 22:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 飯塚 at 2018-11-30 22:30 x
トラックの荷姿、格好いいです!
残念ながら週末は地元ですが、地域をいろいろな側面から盛り上げる社長や中津スバルの皆様を尊敬し応援させていただきます。
Commented by b-faction at 2018-12-01 00:09
飯塚さん、ありがとうございます。軽トラもずいぶん良くなりました。実用的です。
Commented by b-faction at 2018-12-01 00:15
吉岡さん、おっしゃる通りです。冷えないように気をつけます。
Commented by 中原 at 2018-12-01 08:42 x
社長おはようございます!

L1ラリー頑張ってくださいね。ボクは今日出勤ですが応援してます!
Commented by b-faction at 2018-12-01 17:35
中原さん、応援ありがとうございます。レッキも車検も順調にクリアしました。
Commented by 三太郎 at 2018-12-01 21:29 x
L1ラリーのご健闘をお祈りします。
新城ラリー2019も驚愕の年度中二回開催です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-11-30 22:06 | Comments(7)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31