人気ブログランキング | 話題のタグを見る

乗用

乗用_f0076731_10563064.jpg
先日、
管野さんに戴いた東京ばな奈を見て、
乗用_f0076731_10564103.jpg
なかなか創意工夫に溢れていると感心した。

乗用_f0076731_10565206.jpg
定番の土産物として安定させ、
基軸となる商品も磨きながら、
存在感を薄れさせない努力が続く。
乗用_f0076731_10570601.jpg
言うなれば、
栗きんとんと真逆の商品で、

乗用_f0076731_10571660.jpg
軽くポップな味と、
適切な価格を維持し、
乗用_f0076731_10572699.jpg
大都市の大消費地を意識したお土産だ。

製造を完全にアウトソーシングして、
安定した品質を目指し、
誰にでも売り子が務まる安心安全な商品だ。

この真逆な商品を目指す、
中津川のバカも居る。

大量消費のための仕組みに載せると、
相手の褌で商売する事になるが、
それほど楽で危険な事は無い。

東京ばな奈は、
特に明快なブランドがある訳でなく、
それそのものの魅力で売る。

その会社のお菓子に、
シュガーバターの木というモノがある。

東京ばな奈同様に、
カロリータップリの美味しいお菓子だ。

こちらもアウトソーシングなのか知らないが、
全く毛色の違う菓子は、
銀のぶどうと言うブランドで扱う。

船井総研から若手のコンサルタントが来た時に、
お土産で何度か頂きその存在を知った。

彼等はアンテナが高いから、
時流を掴むのが適格だ。

ちょっと洒落ていて、
東京らしいお土産だ。

手ごろな価格帯で、
単価は栗きんとんのような和菓子より安いが、
原価率も相当低そうだ。

原価率を下げ過ぎたら美味しくない。

かと言って高いと、
外部委託して売ったら利益が出ない。

製造機から作るような、
技術力があるけど売る力のない会社に、
アウトソーシングして品質の高いモノを作る。

それを安く仕入れ、
自らのプロデュースで売る。

東京ばな奈の工場がスバルで、
売る会社がTOYOTAか。
それじゃあ淋しいね。

最近、
トヨタでさえセダンを売る力が失せた。
クラウンに元気が無いのでピンク色に塗ったり、
遂にはNBRでの開発迄演出したが、
時流には逆らえない。

SUBARUはどうか。
元々それほど台数を売らないので、
あまり評判にならないが、
B4の完成度はかなり高い。

現行型がデビューした時、
あまりにもスポーティなので驚いた。

このクルマはアウトソーシングではなく、
完全にスバルの工場で作られる。

全国的に見れば人気が無いかもしれないが、
中津スバルには大のファンがいて、
定期的に売れている。

人気はパールホワイトに集中するが、
一番カッコいいのはブラックだ。

そのリミテッドを遂に入手した。
乗用_f0076731_10574479.jpg
早速バラバラにして、
元のオーナーの痕跡を消し、
爽やかなクルマに仕立て直す。

乗用_f0076731_10575799.jpg
シートを外し徹底的に掃除して、
乗用_f0076731_10581007.jpg
トランクの中も綺麗に整えた。

元々それほど汚れていなかったが、
乗用_f0076731_10582571.jpg
やる事をきちんとやって品質を標準化する。

ハーマンカードンのオーディオを持ち、
乗用_f0076731_10584089.jpg
ライン装備のナビが、
ビルトインされた空調コントローラーと共に、
レガシィだけの世界を組み立てている。

乗用_f0076731_10585525.jpg
決して贅沢ではないが、
他の車種とは違うデザインを貫き、


乗用_f0076731_11034493.jpg
メーターの演出も悪くない。
フルLCDが時流だが、
そんな余計な事をするより、
米国で数多く売れる道を選ぶ。

乗用_f0076731_10592765.jpg
それは全く間違っていない。

実用的で快適なシート。
乗用_f0076731_11011824.jpg
やはり本革を選ぶ方が、
よりレガシィらしさを楽しめる。

前席同様に広い後席は、
乗用_f0076731_11024777.jpg
セダンというモノはこうあるべきだと、
その神髄を明確に語り掛ける。

正直欲しい。
乗用_f0076731_11030194.jpg
サンルーフも必需品だ。
このクルマで移動したら、
やっぱり疲れないだろう。
乗用_f0076731_11031468.jpg
グランドツーリングカーだ。


乗用_f0076731_10591288.jpg
時速80km弱で、
1500rpmを下回る回転数。

このクルマがデビューした時、
エンジンの直噴化が間に合っていれば、
恐らくもっと売れたはずだ。
乗用_f0076731_11032906.jpg
アイドリングストップも良く働く。

これを水平対向6気筒にも与え、
クルマ分化の先進国並みに、
気筒停止機能も与えれば、
レガシィはもっと輝いたのに・・・・・。


技術枯渇がどれほど深刻だったのか、
今振り返ると良く分かる。

乗用_f0076731_11035640.jpg
こんな立派なセダンを飼い殺しにしてはもったいない。
スバルの歴史はセダンから始まったのに。

珍しく移動中に後姿を見た。

乗用_f0076731_11040988.jpg
運転していた大宮君に、
リヤフォグを点灯させるように頼んだ。

存在感あるね。

もっとセダンに乗ろうよ。

黒いボディ、
カッコいいと思わないか。

軽自動車や、
リッターカーをアウトソーシングし、
隙間を埋める行為はありがたい。

トヨタのような力量があれば、
アウトソーシングで大量販売も可能だ。

しかし、
スバルには本来アウトソーシングが似合わない。
と言うよりも不向きなのだ。

それを無理にやるより、
本来の得意な種目を演じるべきだろう。

高い動力性能と、
卓越した運動性能を持つクルマだ。

やっぱりレガシィはスバルにとって、
絶対に欠かすことのできない車種だ。

トヨタがクラウンを死守するように、
SUBARUも同じ姿勢を維持すべきだろう。

このまま、
B4を放置すると言う事は、
やがてトヨタの手に全てを委ねねばならなくなった、
ダイハツと同じ道を歩むことになるだろう。

アウトバックだけでは弱い。
G4やS4に、
とてもでは無いがレガシィの代わりは担えない。

レガシィとは、
正当な乗用車を指す。

セダンとステーションワゴンを復活し、
トヨタと対等な付き合いのできる関係を死守せよ!!


Commented at 2018-12-03 23:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2018-12-04 07:33
河合さん、声を上げて希望して戴くと、スバルも考えを変えると思いますが、セールスの育成が追い付かないのでしょう。若いセールスより40代に問題が多そうです。クルマ文化が理解できまずステレオタイプの中に浸る人を良く見ます。
Commented by 中原 at 2018-12-04 21:24 x
 社長こんばんは。

アタクシはどストライクで40代ですが(笑)
我々の世代はみんなミニバンを持ってますね。こういった層がセダンを衰退させるんですようね。

とはいえ、普通の家庭ではクルマに対する発言権が奥さんにあるような気がしてならないのです。
高いお金を出して買うからには、アレもコレも条件を満たしてくれるのがミニバンのようですね。

ウチは、大きい車はイヤだというところは、夫婦間で共通なのでセダンですし、愛知に帰省するに快適に異動できるのはNVHの処理がしやすいセダンが一番という結論です。

ミニバンを筆頭に、背高車両は福祉利用と言う観点では優れていると思います。かがまなくても乗り降りできる。高齢の親を抱えている家庭では欠かせないのでしょうね。かくいう自分の親は、ノアで福祉タクシーを経営してますし、リアエンドを改造してスロープになって車椅子に対応できる仕様なので、「ああ、なるほどな」と思うこともありますよ。
Commented by b-faction at 2018-12-05 08:18
中原さん、おはようございます。その通りだと思います。大きいクルマは苦手な割にミニバンだけは頑張って乗ってる人が目立ちますね〜。
Commented by 石渡 at 2018-12-06 07:15 x
代田社長様
いつも楽しく拝見しております。
スバルに限りませんが、長年に渡ってメーカーの屋台骨を支えてきたモデルが次々と消滅してきました。
諸事情があることは理解できますが、とても残念なことです。
レガシィ・ツーリングワゴンが復活するのであれば、嬉しいですね。
一方で、レヴォーグとの関係はどうなるか。併売するのか。
いろいろ想像を巡らせてしまいます。
石渡
Commented by b-faction at 2018-12-07 14:13
石渡さん、欲しいと言う人がキッチリアピールしないとレガシィは日本から消滅してしまいそうです。レヴォーグはカッコイイスポーツツアラーです。ツーリングワゴンはもっとドレッシーであるべきですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-12-03 22:00 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31