真髄

f0076731_21370212.jpeg
一人酒もたまには良い。
だが、
暴走する。

付き出し食べて、
刺身を食べて、
次に焼き魚が食べたくなった。

「本日のカマ」

魅力的な褌がぶら下がっている。

何があるか聞いたら、
カンパチ、さけ、ワラサだと言う。

迷わずワラサを焼いてもらった。
f0076731_21380067.jpeg
このカマは美味かった。
出世魚なので、
コロコロ名前が変わる。

食い終えてから、
酒のつまみに、
へぎ蕎麦を頼んだ。
f0076731_21402496.jpeg
江戸に来たなら、
こんな粋な酒の飲み方が良いね!

でも、甘かった。
カロリーが足りない。

居酒屋を出て、
ふらふらと歩いた。

同じ通りにあるラーメン屋に入った。
屋台風で吹きっ晒しの、
カウンターが直角に並んだ面白い造りだが、
入りたいと思った事は一度も無かった。

こんな気持ちになるのは珍しい。
でもこれが大きな間違いだった。

酷い味だ。
くそ不味い。
それだけなら良いが、
嫌々作る素振りが不愉快で、
チャーシューの不味さに留めを打たれた。

半分以上残して、
そのまま店を後にした。

カロリーが足りない。

入ろうか、
止めようか。

二度ほど行き来して迷った挙句、
思い切って暖簾をくぐった。

へい!らっしゃい!
と、
聞こえるかと思ったら、
商店街でよく聞く鐘が鳴った。

支払いの終わった客が、
くじを引いていた。

一等賞!
景気が良いね。

何かのイベントらしい。

ハイボール飲んで、
寿司を頼んだ。

付け出しが出たけど、
冷たくて不味い。

次に行った時は、
もう少し丁寧に。

付け出しこそ、
その店の真髄を語る。

マグロを頼んだ。
たまごを頼んだ。


これが江戸前なのだろう。

恵比寿と同じように小粒だ。

お会計は1400円で、
まあ、こんなものかな。
くじを引くように促された。

ゆっくり回すと紫色の玉が出た。

カランカランと鐘がなり、
大当たりだと声が響いた。
f0076731_21503507.jpeg
ちょっと食べただけなのに、
当ててしまってすみません。

また来ます。

f0076731_21511567.jpeg
そう言えば、
寿司屋に入ったのに海苔を食べなかった。

巻物を一つぐらい頼もうと思ったが、
自制心が何とか働きそこで留まった。

無駄遣いしてるし反省しなきゃ。

翌朝早起きしてホテルを出た。

目的地への近道を探そうと、
いつもより手前で左折したら、

見慣れた看板が見えてきた。

f0076731_19573425.jpg
大好物が目の前に現れた。

海苔だけ食べてもいい位、
好きで好きでたまらない。

白子のりの本社は、
意外なところにあった。

海苔は日本の「心」だね。

コツコツ集めて、
美味しいモノに加工する。

今日のラッキーカラーは「黒」だな。

スバルの「心」は発動機にある。
コツコツと磨きぬいて、
美味しいクルマを創る。

それを忘れず、
これからも美味い料理を作って欲しい。

確かにそれだけじゃクルマは売れない。
小手先の得点稼ぎも大事だ。

昔からオプション10万円プレゼントや、
無料点検キャンペーンなど、
他のメーカーが手本にするほど素晴らしいアイディアを出す。

こうしたプレゼントの企画は、
顧客を再来店させる動機付けになるし、
決め球にも使える。

こうした販売促進術や、
震え上がるほど見事なマーケティング力を持つ。

驚異的なセンスで、
これまでも危機を逃れ、
前略を見事成功させ続けた。

でも、
でも、
でも、
ちょっとこれからは厳しいぞ。

だってスバルの中古車価格も、
これまでのように高止まりしない。

急激な相場低下が起きており、
この急ブレーキを深刻に受け止める必要がある。

だからこそ、
ホンモノを正しく見抜き、
しっかり乗り越えよう。

めぼしいラッキーカラーを見渡す。

このように「縁」を探すのも、
クルマの目利きには重要だ。

おお!
海苔のようなクルマを見つけた。
f0076731_19574471.jpg
色つやも良く、
多分一人のオーナーに可愛がられたに違いない。
f0076731_19575380.jpg
これは仕事のやりがいがある。
こんなラッキーカーを見つけた時は、
以外と仕事がスルスル捗る。
f0076731_19575926.jpg
アイボリーレザーではなく、
ブラックのファブリックだが、
内外装の調和が取れて良い感じだ。
f0076731_21575112.jpeg
エンジンを掛けた瞬間に、
ステキなサウンドが心に沁みた。

スバルしか作れないこの音を、
さっさと捨ててしまったね。

でも、
残っているうちは味わえる。

スバルの文化を継承するつもりで、
仕事の本質を見極めたい。

SUBARUもこれからは、
本当に美味しい料理を作る事だ。

手っ取り早く化学調味料を使わず、
真面目にキチンと元から作ることが大事だ。

昔の様に不器用で良い。
内燃機のよさを磨け!

カッコ良く勝ち逃げする奴も、
その場はそれで良いかもしれないが、
人生は必ずどこかで帳尻が合う。

マーケティングで、
小手先の勝利を得るのは、
もう先が見えたな。

20年先に、
これは凄い!

そう言わせる何かが欠けている。

本質で復活しようじゃないか。

次のエンジンに、
期待している。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/30203359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gda6985_z83 at 2018-12-05 23:00
代田社長
東京の夜に一人酒とは粋ですね。私は完全な下戸ですが、社長のブログを拝見すると旨い肴と日本酒を頂きたくなってきます。
「マーケティングで、小手先の勝利を得るのは、もう先が見えたな。」とは、言い得て妙…本当にその通りだと思います。
私は曹洞宗の僧侶ですが、檀家制度に甘え、檀家の顔色を伺う府抜けたご機嫌とりの生臭坊主ばかり。
僧侶なら覚りを持って衆生を教化すべきです!
クルマなら高性能な発動機を強化すべきです!!
マーケットの顔色を伺うのがクルマをつくるモノの仕事でなく、マーケットを啓発しクルマ文化を改革させる程の根幹技術をカタチにすべきだと思います。
笑顔なんて人に作ってもらうモノではないと思います。本物を手にし味わった時に自然と人は笑顔になるのではないでしょうか?
SUBARUには、そんなクルマをまた再び世に出して欲しい…そう願って止みません。
群馬県 阿部文昭
Commented by 内藤 at 2018-12-06 06:58 x
高プリン体摂取、心配です。(笑)
しかも、私の住んでる近くで飲んでたのですね!!!
Commented by b-faction at 2018-12-07 13:36
阿部さん、こんにちは。ようやく戻って落ち着きました。SUBARUは全てから凄味が消えて、甘ったるくなってます。そもそも兵器メーカーであることを押し隠す姿勢が軟弱です。そしてその陰に「勝ち逃げ」しようとする薄ら笑いが見えるのです。堂々と戦闘力を誇示するWRC参戦時代に戻って欲しいですね。
Commented by b-faction at 2018-12-07 13:38
内藤さん、プリン体を摂取しましたがおかげさまで健康です。まずい食べ物を残したせいか体重も維持してます。好きな街です。長く付き合えそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2018-12-05 21:36 | Trackback | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31