人気ブログランキング |

RA-Rのシートとブレーキを考察

福井から宮山さんが来訪された。

愛機KV4の車検を承った。
慌ただしくて気が付かなかった。

クルマをお預かりすると、
お帰りになられたそうで、
挨拶さえできなかった。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_22185795.jpg
その上、
お土産まで沢山戴いた。
ありがとうございました。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_22190529.jpg
この場を借りてお礼申し上げます。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_22191107.jpg
美味しそうなロールケーキと、
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_22191768.jpg
見るからに香ばしそうなお煎餅だ。

楽しみだ。

RA-Rの装備で、
興味深いのはブレーキだ。

吊るしのWRX STIには、
黄緑のモノブロックキャリパーが付く。

RA-Rにはコンプリートカーの誇りが表れている。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_16244414.jpg
キチンと韻を踏んできた。

やはり高性能なコンプリートとして見た場合、
キャリパーには伝統ある落ち着きが似合う。

しかも、
おそらく過去最高の制動性能を誇る。

サーキットユースで音を上げず、
街中でもうるさくない絶妙のセッティングだ。

BMWのM5も凄いブレーキを持っていた。

まだ全開走行をしていないが、
パッドがローターに当たる感覚は、
NBRで走ったM5の香りにとても近い。

全開走行から全力ブレーキを試す日が待ち遠しい。

全力でブレーキを踏むことは、
非常に重要なトレーニングだ。

右足に若干故障を抱えている。
靱帯が伸びそのまま固まった嫌いがある。

なので時折痛むのだが、
ヨガの効果で改善しつつある。

S402で高速道路を走っていた時、
全力で踏む必要性に迫られた。

その時の驚きを忘れられない。

その直系のブレーキが、
RA-Rにも搭載されている。

全力でブレーキを踏める力を維持するために、
必ず毎週泳ぐのだ。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_21034680.jpg
最近は「タイムはあくまでもベンチマークだ」と心がけている。

意識して体を使い、
タイムより正確にキチンと前に出すよう泳ぐ。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_21035312.jpg
そこそこ肉も付いちゃったけど、
以前よりも、
明らかに可動領域が増え、
気持良いほど眼前に波が立つ。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_21035720.jpg
タイムは元に戻って、
30分を超したが、
軽量化には成功した。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_21040280.jpg
もうすぐ64kgを切れそうだが、
果てしなく遠い道でもある。

重量を維持するには、
相当の覚悟が必要だ。
クルマの軽量化と同じだな。
これを制さずして、
STIやSUBARUに大きなことを言えない。

最後にRA-Rのシートを語る。
さて実際にシートを観察しよう。

たまたまWRX STI
type-Sのシートがある。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_20342812.jpg
電動シートでホールド性も良く、
サイドエアバッグも持つから安全だ。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_20343734.jpg
秘密兵器を取り出して、
久し振りにシートの重さを測った。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_20344314.jpg
よいしょっと乗っけて、
分銅を操作する。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_20344855.jpg
何kgあるのか見当がつかないので、
いくつか使って組み合わせた。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_20345478.jpg
結局20kgに相当する分銅を付け、
メモリを操作すると、
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_20350081.jpg
綺麗に釣り合った。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_20350772.jpg
24.75kgある。
左右でほぼ大人一人分だ。

それに対して、
RA-Rに付けられているシートは、
VABとして認証を受けた中で一番軽い。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_20351470.jpg
ホールド性も悪くない。
最近ロールケージの付いたGC8に散々乗って、
乗り降りのストレスに辟易としていた。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_20352164.jpg
実はレカロの軽量シートに交換するつもりだったが、
800km走り、
葛西のホテルで狭い駐車場に乗り入れ、
つくづくと思った。

東京で使うと、
膝がますます壊れる(笑)

結局このシートで十分だと結論付けた。
セダンに相応しい超軽量なシートがあれば、
また考えよう。

オートサロンでシート各社を回ってみようかな。

TypeーSのシートに比べ、
モーターが無いだけでもかなり軽い。

そこそこ贅肉も付いてるけど、
安全で心地よいなら、
これもアリかな。

ところで、
そこがどんな駐車場かって。

例えばこんな駐車場。




降りる位置がフロアの間で窪んでいる。
隙間も狭く足を置く場所がギリギリだ。
BRZだと凄いストレスを感じる。

クルマは安全だし汚れにくいけどね。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_11212486.jpg
このパターンも試した。

S206のRECAROでも、
この駐車場だと降りる時に厄介だ。

やになっちゃうよ。
右ひざに負担がかかるのは、
結構辛いこの頃だ。

だからヨガが欠かせない。
休まず通えてラッキーだ。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_22242322.jpg
久し振りにヨガ前に計測してぶっ飛んだ。

眼を疑うような数値だ。
慌てて階段駆け上がったわけでもない。

気を静めてヨガを待った。

インストラクターも、
風邪が治ったせいか、
前回より気合も入り内容が良かった。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_22245588.jpg
やっぱり効果はてきめんだ。

正常値に戻った。
RA-Rのシートとブレーキを考察_f0076731_22265549.jpg
けれども、
あれれれれ。

体重も戻っちゃったよ。

人生上手くいかないね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-12-17 12:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction