人気ブログランキング |

新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰

新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰_f0076731_22153597.jpg
調子に乗って明太子と6Pチーズを載せた。
しかもダブルで載せたら、
「お父さんの脳内はデブ」と娘に罵られた。

でも大丈夫。
これで夜まで持ちこたえた。

カラダの動きは軽快で、
最近調子良く撓る。

SIーシャシーはSGPと異なり、
「いなす」パーツが大きな効果を出す。

まだ硬さが取れない足回りだが、
強烈な操舵応答性は、
その先にまだまだ計り知れない魅力を持つ。

暫く軽さを楽しもう。

教科書通りに作られたRA-Rは、
もともとオーナーが手を入れる余裕を、
かなり残して作られている。

若干子供っぽい脚だが、
撓る動きは顕著だ。

その開発に寄与したのは、
カーボンルーフの存在だ。

S208でカーボンルーフの固定点を変え、
専用のサスペンションセッティングを施した。

だが先行して作られたスチールルーフと、
それ専用に作られた脚のマッチングも凄かった。

カーボンルーフの開発で得た知見は、
「スチールの撓るルーフ」が持つ、
意外な優位性だった。

プレミアム性と軽量化ではカーボン、
実際の走りにおける優位性ではスチールだ。

車体設計の主(ぬし)で、
メーカーの中に入り込める男は、
やはり只者では無いクルマを創る。

RA-Rの細部をもう一度良く見た。

新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰_f0076731_20314901.jpg
ドアミラーのカバーも軽量化されたが、
デザインは実に珍妙だ。
しかし効果は確実にある。
新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰_f0076731_20315576.jpg
ミラーからボディに流れるラインが、
空力に対する効果を物語る。

せっかく雨の中を走ったので、
まだ一度も洗わずに、
この夕日を待っていた。

新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰_f0076731_20325134.jpg
バンパーの形状も空力に効果を生む。

これにアルミテープがどう効くのか、
それを試すのも今後の楽しみだ。
新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰_f0076731_20325994.jpg
フロントフードを見ると、
こちらにもアルミテープが効きそうな痕跡がある。
これでVABに乗るのは三台目になる。
新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰_f0076731_20334617.jpg
黒のSTIから始まり黒に戻った。
S207の次はRA-Rだ。
それぞれの違いが良く分かる。
面白くなってきた。

アルミテープの効きそうな場所が、
この辺りにもありそうだ。
新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰_f0076731_20335914.jpg


特に車体そのものに手が入り、
軽くなった事が非常に大きな優位点だ。

STIと言う三文字に、
果てしない信頼性を感じる。

パフォーマンスシュラウドはどこにあるのか。
新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰_f0076731_20340684.jpg
インシュレーターの無い、
ボンネットの裏側は、
こんなにあっさりしていて綺麗だ。

機能性をより感じた。

柔らかくて吸着性の良いインタークーラーダクトだ。

新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰_f0076731_20341236.jpg
その中を覗いてみた。
背鰭がある。
なんとも凄い造りになったものだ。
新型WRX STI TYPE「RA-R」のシャシーを俯瞰_f0076731_20342177.jpg
今日は岐阜で会議があり、
RAーRを走らせて来た。
やっと1,000キロを超えたので、
明日は少し回してみようか。

お楽しみに。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2018-12-18 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction