OUTBACKの台頭

うっすらと雪が積もった朝だった。
夜明け前、
玄関を出たら三日月と明るい星が目に飛び込んだ。
f0076731_10032259.jpg
この星は何なんだろう。
不思議な感じがした。

そして、
「きっと良い一日になる」
そんな予感が沸き上がった。

RA-Rにまたがり会社に向かった。
f0076731_10032773.jpg
走行後のメーターを見ると、
積算系は2136kmを示した。

過度に回さないように意識して、
大切に大切に扱って、
ようやくここまで来たが、
全体的にまだ硬い印象だ。

回さないから、
エンジンが上まで回らない。

この感じはとても大切で、
慣らしの間、
回らない印象を感じる方が、
将来良いクルマになる。

シャッターを開けギャラリーを確認した。
f0076731_10033323.jpg
ラリーカーがお客様の来訪を待っていた。

こんな風にお迎えして、
いつもと違う雰囲気を楽しんで戴く。

中津スバル流の初詣だ。

足元に目が留まった。
装着されているタイヤは、
このクルマがリタイヤした事によって、
f0076731_10033846.jpg
本領を発揮せぬまま眠っている。

とてもユニークなDWS06だ。

オレンジ号にコンチネンタルのDWS06を使用し、
その効果を試したかった。

GC8のように、
軽くてパワフルな4WDは、
レガシィとは違う特性をタイヤに求める。

まだ実力を十分に発揮していないので、
エンジンが元に戻ったら思いっきり走ってみよう。

低温時のスポーツ走行で、
かなり面白い走りを見せるはずだ。

そんな事を考えながら、
店を開け社員の到着を待った。

展示車にうっすらと積もった雪を、
井戸水を使って洗い流していると陽の光が周囲に溢れた。
同時にお客さまが次々と来訪された。
f0076731_10034369.jpg
美味しい千葉の逸品だ

f0076731_10035114.jpg
二つのお土産を戴いた。
まず、
いかにも旨そうなふりかけだ。

f0076731_10035694.jpg
そしてラングドシャ。

村松さん、
ありがとうございました。
f0076731_10040197.jpg
二日目の抽選カーも、
申し込みの締め切りは11時だった。

抽選の時間になり、
店内のお客様に盛り上げ役をお願いした。
f0076731_10040765.jpg
晴天の下、
抽選を開始した。

その結果、
初日に外れた渡邊さんが、
執念で幸運を手繰り寄せた。

おめでとうございました。

スーッと展示場が静かになると、
滋賀から逸品が届いた。
f0076731_10043070.jpg
いつもありがとうございます。
お正月の晩酌に相応しい、

f0076731_10043517.jpg
日本の味の数々を、
本当にありがとうございました。
f0076731_10044028.jpg
鮎家の味は一度知ったらやめられない。
f0076731_10044565.jpg
荒井さん、
ありがとうございました。


f0076731_10045039.jpg
20Bのコックピットをお確かめ戴き、
奥様にはラリーカーをシュミレートしていただいた。

f0076731_10045538.jpg
サードドライバーの座も狙われたのでは・・・・・、
コックピットに収まった姿を見て思った。
f0076731_10045956.jpg
是非腕を磨き、
オーディションにエントリーされてはいかがだろう。

今年の晩秋にも、
L1ラリーは幕を開ける。

精の付く夜のお菓子も届いた。
f0076731_10050592.jpg
しかも全品ゴールドだ。
f0076731_10051285.jpg
正しく神々しい。
f0076731_20573934.jpg
長江さん、
ありがとうございました。

f0076731_10051787.jpg
RA-Rのステアリングは、
オプションのウルトラスウェードに置き換えられた。

この握り心地は最高だ。

いずれその手に収まるかもしれない。

そんな予感がした。

午後から米澤さんが来訪された。
f0076731_10052243.jpg
珍しい油揚げを戴いた。

知る人ぞ知る逸品らしい。
晩酌にもってこいだ。
f0076731_10052765.jpg
二種類の日本酒も頂いた。

f0076731_10053369.jpg
これは涎が出そうだ。
飛騨の銘酒の味が悪いはずがない。
f0076731_10053831.jpg
古川町には昔から良い酒蔵があると聞いている。

楽しみだ。
いただきます。
慌ただしくて、
本当に申し訳ありませんでした。

ご配慮いただき感謝しております。

また是非お目に掛かりましょう。

脚の御怪我、
お大事になさってください。

この日も抽選は大盛況だった。
f0076731_10054830.jpg
明智町の安藤さんにミカンが当たった。


f0076731_10055606.jpg
東白川の安江さんにもミカンが当たった。

そして豊田市の手塚さんにもミカンが当たった。
f0076731_10060393.jpg
そしていよいよ特賞が出た。

f0076731_10061022.jpg
木曽福島の東條さんの手に、
特賞のプラズマクラスター付きの、
セラミックファンヒーターが渡った。

吟味に吟味を重ねた特賞だ。

おめでとうございます。
f0076731_10062088.jpg
その後サプライズがあった。
博多の児玉さんからお年賀を戴いた。
f0076731_10062746.jpg
凄い卵だ。
40日間も日持ちする抜群に美味しいタマゴだ。
f0076731_10063359.jpg
ありがとうございました。

f0076731_10365719.jpg
こちらこそ、
本年もよろしくお願いします。

お目に掛かれる頃には、
もう一頭増えているかもしれない。

楽しみにご来訪ください。

早速晩酌で美味しいものを戴いた。
f0076731_10070732.jpg
まず卵を洗って食卓に置き、
次にあげづけを炙ってもらった。
f0076731_10071499.jpg
ネギと唐辛子が食欲を更にそそる。

一杯飲んだ後の、
締めは当然卵かけご飯だ。
f0076731_10072184.jpg
本当につまめる。
f0076731_10072721.jpg
流石に娘も文句を言わず「銀シャリ」を用意してくれた。

勿論、
安曇野の深澤さんに戴いた無農薬米だ。

本当にモチモチで、
堪らなく美味しかった。

皆さんありがとうございました。

ここで先月を少し振り返る。

記事を26本書いた。
その内で閲覧数が多い順番に3つ挙げると、
トップは14日の記事だ。
「新型WRX STI TYPE「RA-R」総論」

3番目は20日の記事だ。
「STI「RA-R」の排気系開発を振り返る」

二つともRA-Rを取り上げたので、
注目を集めたようだ。

その中で注目に値するのは、
8日に書いた「準備」という記事だ。

実はちょっと驚いた。
三位を大きく引き離し首位に肉薄している。

この記事は実質的に一番多く読まれた。

だから読者からの反響も大きかった。

SUBARUはレガシィについて、
もっと国内の顧客を真剣に振り返るべきだ。

更に国際競争力の高いクルマで、
スバリストを喜ばせて欲しい。

興味深いドラマを、
晩酌をしながら楽しんだ。
f0076731_10073277.jpg
聞いた通り、
SUBARUばっかり出てくる楽しい番組だ。

ライバル企業の農機具が、
トランスミッションに使われた部品の欠陥で、
リコールを掛けたい。

が、
対策部品が簡単に手に入らない。

SUBARUとも被る、
非常に見応えのある良い番組だ。

クボタの味も良い。

SUBARUも得意な遠隔操縦で、
コンバインを動かすと言う、
この時代に望まれる「農機」を具体的に示す。

SUBARUとクボタ、
双方の持つイメージもマッチングが良い。

日本の農機も世界に誇れる重要な基幹産業だ。

衛星からのデータを基に、
農機を操り台風被害を最低限に抑えるストーリーは、
とても面白く親しみも持てた。

更にストーリーの中で、
重要な役割を担うのが「帝国重工」だ。
f0076731_10074052.jpg
これはどこからどう見ても、
三菱重工そのもので会議室の演出まで、
「ミツビシ」が思い浮かぶほどだ。

かつては三菱同様に国家を重視し、
世界情勢を憂いた企業が「中島飛行機」だ。

戦前は三菱を抜き、
東洋一の規模を誇る航空機メーカーだった。

SUBARUは、
その名を隠し、
祖先を敬わなかった。

その結果、
思いがけぬ混迷に翻弄されている。

f0076731_21394692.jpg
大掃除でその端緒が出てきた。

まさにこの時から、
SUBARUの混迷が始まった。

一度落ちてみないと解らない事は、
三菱にもあったしSUBARUにも起きた。

さらに言えば、
劇中の帝国重工の扱いも、
この筋書きに通じるところがある。

真実を薄め加工しすり替える。

三菱重工には、
国家と共に歩むと言う素晴らしい社是がある。

文言を伴わぬが、
彼等を見ればその真実は裏打ちされる。

投資の回収が見込めるとは言い難くても、
日本の先端技術として譲れぬ場面には、
必ず彼等の存在がある。

そういうところが大好きだが、
劇中で逆鱗に触れられた。

「国家と共に歩む」を、
「心を作る」と意訳した。

実に鼻に付いた。

「戦闘力」を、
「卓越したクルマ」に置き換えた企業を、
「笑顔を作る」と意訳した行為に似ている。

そして、
こんなに素晴らしいクルマも、
意訳して「X-BREAK」とした。

f0076731_10074758.jpg
そもそもアウトバックの「X-ADVANCE]は一目ぼれしたクルマだ。
で、
二代目の登場を心待ちしていた。

その二代目「X-ADVANCE」が、
なぜ格下の名前にすり替えられたのかを、
順を追って考えてみた。

このクルマは実にセンスが良く、
初代に対して更に輪をかけて良い。
f0076731_10075401.jpg
エビスのショールーム前に並んでいたクルマを見た途端、
無性に欲しくなった。
f0076731_10082509.jpg
特にフロントフェイスが良くなった。

他の部分も韻が踏まれ、
素晴らしく品がある。
f0076731_10080109.jpg
直ぐ注文して到着を待ち、
お正月の目玉にしたら、
3人のお客様が付くほどだった。
f0076731_10081035.jpg
元旦にこのクルマが瞬足で売れると、
翌日もアウトバックの新車が売れた。
f0076731_10081606.jpg
ボリューム感が半端ない。
f0076731_10083374.jpg
ルーフレールが、
ボリューム感の要でもある。
f0076731_10083920.jpg
クロスバーを内蔵した贅沢な作りだ。

ところで、
レガシィOUTBACKと、
いまだに名代を引き継ぐ訳は、
f0076731_10084639.jpg
もしOUTBACKを外したら、
レガシィそのものの存在が、
とても危うくなるからだろう。

対称的なのが、
f0076731_10085271.jpg
こちらのクルマ。
だから恣意的にナンバープレートを着けている。

ほとんど同じアウターパネルを使うなら、
f0076731_10085723.jpg
今後は明確な出自を付けたほうが良い。

そもそもハイブリッドを無理やりe-BOXERとし、
グレード名をADVANCEにすり替えた事が、
OUTBACKに格下の名前を流用した理由だと解析した。
f0076731_10090431.jpg
ハイブリッドのアイコンも稚拙だ。
スズキでも使っているような、
単三電池のプロフィールを、
両側だけピストンに置き換えたイージーな発想。

e-BOXERはなかなかの呼び方だと、
自己満足しているようでは今後が危うい。

なぜか。

ほぼシステムをキャリーオーバーし、
電池だけ更新したシステムに、
「アドバンス」と名付けた。

そこが笑止!

グレード名の一部だったハイブリッドを、
イージーな発想でADVANCEに替えたので、
以前からある「X-ADVANCE」と両立できなくなった。

まあ、ユトリと言われても仕方ないわな。

真剣にレガシィを売らないと、
中島知久平を粗末に扱ったのと同じように、
また天罰が下るぞ。

平成の時代はレガシィで始まった。

苦楽を共にした大切なクルマが、
レヴォーグごときで補えるはずがない。

G4でB4の代わりは出来ない。

よく考え国内戦略を構築して欲しい。

終わり

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/30253902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 佐藤 at 2019-01-04 22:54 x
代田社長 お世話になっております。以前RA-Rのブログにてコメントさせていただきました、VAB乗りの佐藤と申します。
今回のブログの内容もまた気になりましたので、コメントさせていただきます。
さてどう語りましょうか…実は社長同様、僕は若輩者ながら口当てもなしに日本酒からスタートするほど、日本酒が好きなのです。そこそこの舌を持つという自負の上で話をさせてもらいます。

現行のアウトバックもB4も充分美味い純米酒だとは思っています。
X-BREAK 若い子にも評判良いですよ。カッコイイ
欲しいって。だから例えるなら純米吟醸かなと。
でも個人的な感想としては、香りと飲み口が良いだけですかね。口に含んだ瞬間スパンッと何もかもキレそうな酒かなと…それもアリなのですが。
僕の住む福島の酒は 芳醇旨口 と言われています。米を磨いても色んな味がするんですよ。僕も純米や生酛ばかり飲んでいましたが、福島の吟醸は本当に深いと思います。

社長、僕はSTIは通好みの純米のまま レガシィは誰にでも好まれるけれども、玄人でもニヤける奥深い味わいの純米大吟醸生酒になってもらうことを願うばかりです。
それまではもう少し、VABという美味い純米酒を飲んで舌を肥えさせます。

福島県 佐藤
Commented by 高橋 at 2019-01-04 23:28 x
佐藤さん

話の意図がわかりません。
社長に何か伝えたいのなら、よく分かりもしない日本酒のことを例えに出すより、はっきりとそのままの言葉で伝えた方が心に響くと思います。
結論がわかりません。
男ならビシッと伝えよう。
Commented at 2019-01-05 00:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koht0819 at 2019-01-05 00:37
上の方とは別の、静岡の高橋です。
本日はお時間いただきましてありがとうございました。
また、奥様からはラリーに纏わるここ最近の人と人との繋がりで充実された日々を送られてるお話を楽しく聞かせていただきました。

今年のオリジナルカレンダー、悩んだ末に赤いインプレッサVer.の表紙の方を購入しました。これで色とりどりのスバル車を眺めながら1年過ごせます。ただ、残念ながらOUTBACKが無くて…。今はXV、フォレスターの陰に隠れて地味で微妙な立ち位置ですが、レガシィと並び今後もスバルを支える旗艦車種でありつづけて欲しいです。
Commented by 元BL5b乗り at 2019-01-05 00:50 x
 全くの同感です。一体いつになったら、4代目を超える車を出してくれるんでしょうか?
レヴォーグくらいでは全く食指が向かないです。
 エンジンや4駆技術のブレイクスルーもないままにここ10年はまさしく失われた10年というところでしょうか。スバルのコア技術はアイサイトではないはず。
 富士重工業時代のスバル車が大好きであった者を納得させる、理系のこだわりあるものづくりへの回帰が待ち遠しい限りで、いい加減に目を覚まして欲しいです。
 しかし、いつまでも待てない・・・。
Commented by 内藤 at 2019-01-05 03:04 x
月の隣にある星は、金星です。
その日は、大接近してたようです。 
見れたから、いい事ありますよ。(笑)
Commented by b-faction at 2019-01-05 09:06
佐藤さん、おはようございます。純米酒でも酒母が良く無いと旨くなりませんね。SUBARUの酒母は残念ながら社長によって変わります。工程ではなくどういう酒母を目指すのかに格差が生じます。だから純米酒かと言って美味いとは限りません。恰好ではなく味ですね。次に瓶やラベル、包み方に気を配ります。酒母が決まらないのでブレるのです。酒米を磨き過ぎるのは「愚」だと思います。だから大吟醸はほとんど呑みません。
Commented by b-faction at 2019-01-05 09:10
米澤さん、おはようございます。美味いアル添に出会うとワクワクするので、カップ酒が好きです。今回いただいたお酒もそんな予感がしてます。色々とお心遣いありがとうございます。松葉杖が早く取れますよう祈念申し上げます。
Commented by b-faction at 2019-01-05 09:12
静岡の高橋さん、おはようございます。チヌークバージョンお買い上げ有難うございました。アウトバックは勿論、レガシィは不滅です。これからも盛り上げるので応援をお願いします。
Commented by b-faction at 2019-01-05 09:15
内藤さん、やっぱり明けの明星でしたか。自信が無くて書けませんでした。大接近だったんですね。嬉しいな。今年も頑張ります。
Commented by gome8888 at 2019-01-05 10:46
米澤です。
さすがです。
是非一位さんお付き合いいただきたいです!

レ・プレイアード・ゼロ良いですね!
マイナス10度近い低温でもスムーズに始動しました。
新年早々リフレッシュした感じでスッキリしました。
ありがとうございます!
Commented by 高橋 at 2019-01-05 17:28 x
スバル7台乗り継いでますが、そんなに今の車駄目なんですかね?SGPだけでも良いとおもいますけど、まるで新車買ってる者が何もわかってない馬鹿みたいですよね
Commented by b-faction at 2019-01-05 20:31
やけに多い高橋さんですが本当ですか?話の意訳を勝手にするのは止めましょう。読んだ通りの話です。
Commented by 中原 at 2019-01-05 21:49 x
 明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

この年末年始、こちらは穏やかな晴れが続きましたよ。風もほとんど無くて吹きっさらしの自宅の外で作業をしていても快適にこなせました。

平成も残り4ヶ月ですね、レガシイといえば平成元年の3月ごろに日テレで世界記録にチャレンジした様子を確か青島幸雄と高見知佳だったかな?の司会でドキュメンタリー番組で放映されていたことを思い出します。もう30年経つんですね。あの時ボクは中学卒業間近だったからもう・・・すっかりオジサン(苦笑)。

今年もよろしくおねがいします!

Commented by b-faction at 2019-01-05 22:25
中原さん、明けましておめでとうございます。良い年にしましょう!
Commented by 元BL5b乗り at 2019-01-06 00:19 x
スバル車を乗り継いでおられる方を否定するものではありません。
4代目レガシィに11年乗った者として、その後のスバル車には満足出来ないということです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2019-01-04 22:08 | Trackback | Comments(16)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction