母体

f0076731_22081589.jpg
本当にあるんだって。
カリフォルニア工務店の方に話を聞いた。
ユニークな社名だ。

主に住宅を作る会社だ。

以前SUBARUとも組んだことがあるという。
知らなかった。
ダイハツの担当者と良いコンビで、
楽しそうに仕事をされていた。

このクルマに注目した理由は、
まずタイヤの選定が面白いからだ。
f0076731_22081914.jpg
車体も引っ張り上げて、
上手く演出している。

ダイハツ工業の横田さんに、
今回これが一番面白くて正攻法だと伝えた。

サンバーにも使えるしね。

何と横田さんの愛車も同じハイゼットだと言う。

キャビンの大きさとバランスが良い。

「これも良いけど、
是非こっちを見て下さい」

横田さんに付いて行くと、
凄いお宝が飾られていた。
f0076731_22082434.jpg
伝統のレーシングカーだ。

SUBARUなら上州国定号だ。
アレが現存していれば、
随分面白いのに。

当然シムスがレストアの中心を担うだろう。

何しろ当時のドライバーを務めたのは、
矢島工業社長の横山氏だ。
f0076731_22083004.jpg
ダイハツP-5のレストアが成功し、
エンジン始動まで可能になった。
その中心的役割を果たしたのが、
f0076731_22083450.jpg
こちらの方だ。
名刺を交換できなかったので、
お名前を紹介できない。

ぜひまたお目に掛かりましょう。

P-5の走る姿も見たい。

f0076731_22084087.jpg
嬉しかった。
ダイハツもしっかり自動車文化を燻蒸している。
f0076731_22084504.jpg
走りに振ったクルマを創りたい気持ちが、
ヒシヒシと伝わってきた。

お互い頑張りましょう。
f0076731_22085123.jpg
楽しいクルマ作りを期待しています。
f0076731_22091220.jpg
こうしてマツダからホンダ、
そしてスズキ、ダイハツと各ブースを回り、

スバルブースに辿り着いた。

真っ先に声を掛けて戴いたのは、
先日もお世話になった東亜工業さんだった。

f0076731_22091806.jpg
東亜工業
自動車事業部第一営業技術部の、
井垣さんと本多さんだ。

また見学にお伺いしたいので、
そん時は宜しくお願いします。

この場で会えるとは、
これからのSUBARUにとって、
かなり良い事が起きるかもしれない。

そんな予感がした。

何しろ彼等の存在が無ければ、
SUBARUは軽いクルマも丈夫なクルマも作れないのだ。

戻ってもう一度ラリーコンセプトの写真を見る迄、
このクルマが持つ真の意味も測りあぐねていた。
f0076731_22092277.jpg
スペックも普通。
f0076731_22092845.jpg
何も珍しいモノは無い。
f0076731_22093307.jpg
「何じゃこれは。
空力パーツと、
看板だけでお茶を濁しているだけじゃん」

そのように感じた。

しかし、
このクルマの担当者が、
やけに気になる事を言った。
f0076731_22093869.jpg
このホイールを復刻させるのに苦労したと言う。

言われて気が付いた。
そう言えば消滅していた。

中古車を毎日見ているので、
ゴールドのホイールに少しも飢えていない。

しかしSTIに憧れ、
STIのクルマを創りたい人には、
忸怩たる思いがあったのだろう。

f0076731_22094455.jpg
よく見るとバンパーにも変化があり、
Sシリーズのモノが付いている。

ちょっといいじゃん。

シートはレカロのポン付けだが、
シフトノブはジュラコンだ。
f0076731_22095021.jpg
ナビがお茶目だ。

何考えてるんだろう。

あ、
リエゾンで使うのか。
まあ、
書いてないだけで、
どう見ても中身はRA-Rだろう。

バランスドエンジンは用意されてないが、
もはやSUBARUで作るのは簡単だ。

量産化に成功し、
レシピが完全に用意されてるので、
ベースエンジンにすることは容易い。

こうした状況下で、
SUBARU国内営業本部のユトリたちは、
少しも執念を持たず、
コアなスバリストを軽視してきた。

それに対して、
軽しかまともに作らせてもらえないダイハツが、
実は物凄い執念を持っていた。

少しユトリたちは爪の垢を煎じて飲む必要がある。
SUBARUに欠けているのは、
彼等のような執念だ。

落ちる所まで落ちると、
絶対に這い上がる。

それが大和魂だ。
f0076731_22095591.jpg
STIだけでは作れない物が何か。
それを夢想した。

f0076731_22100661.jpg
それはスペックCだ。

そろそろ飢えてきた。

マフラー替えようが、
排気管を太くしようが、
結局それだけでは目指す所に行けない。
f0076731_22101233.jpg
マリオも何か勘づいたのだろう。
隣に本気で戦うクルマが置いてある。
f0076731_22101708.jpg
行ったらよく見ると良い。
結局大事なのはトルクなのだ。

それも実用回転域のどこから出るのか。
f0076731_22102207.jpg
このクルマも相当な改造車だが、
ベースは思い現在のWRXだ。

東亜工業の姿を見て、
STIの絞り出したRA-RベースのCモドキを見て、
頭の中で何かがもやもやと固まり始めた。

WRXも最終形態になったが、
まだ当分の間作り続ける事が決った。

国内の方針をある関係者と語り合った。

WRCが来る以上、
何かやろうじゃないか。

XVにテンロクターボを積もう。
意味無い。


何故
勝てないし時間が無い。

まず作って出よう。
レギュレーションも変わるかもしれない。

じゃあどうするの。
今ある資源を生かす。

ふーん。
何か考えてるのは事実だな。

今ある資源???

WRX STIしか無い。

WRC???

往年のブランドはまだ死んでない。

そうか。
コメットマークだ。

そうすると彼が苦労して、
ゴールドのホイールを復活させたわけも解る。

WRブルーに飽きが生じ、
容易く使い回すので陳腐化した。

今こそ555が使えず、
あの三日月マークも陳腐化した時を思い出そう。

SUBARUはリデザインが素晴らしく上手い。

アメリカで何を見せるのか。
その上で、
日本で何をやるのか。

グローバルな戦略が立てられない今こそ、
ブランドも旗印も含め、
母体をきちんと整える必要がある。

あのMSiの失敗を深く反省し、
正しい人選と若い力の発掘で、
SUBARUをもう一度輝かせてほしい。
f0076731_22102867.jpg
紹介しよう。
STIで車体設計を担当する、
遠藤雄太さんだ。

彼自身が何を考えてるか、
それは全く知らない。

けれども彼は、
恐らく同じ志を持つオトコだ。

STIはSUBARUを上回るブランド力を誇れ!

SUBARUをリードする技術力を誇れ!

前から言い続けていたが、
平川丸が大きく舵を取り動き始めた。

この時がそう実感した瞬間だ。

さりげなく置かれたラリーコンセプトの、
その奥の奥にどんな野望が隠されているか、
スバリストの諸君よ、
楽しみに待とうじゃないか。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/30358994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by S-racing at 2019-01-16 01:11 x
おひさしぶりです、昨年のGWにお邪魔させて頂いた静岡の者です。
私もオートサロン行きましたが、田代社長と同じくダイハツのブースを見たときは上州国定号を思い出しました。私の記憶が正しければ上州国定号は群馬のスバルに強いショップで現存しているはずです、現在は雨ざらしのようですが…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2019-01-12 23:08 | Trackback | Comments(1)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction