人気ブログランキング | 話題のタグを見る

溜飲

溜飲_f0076731_20213237.jpg
初めてこの姿を見たのは、
海外に出ている時だった。

どでかい等身大のポスターボードを見て、
「何じゃ?こりゃ??」と思った。

全く知らないキャラだったし、
名前がイージー過ぎて笑えた。

映画を見たのは飛行機の中だった。

一発で惚れちゃったね。

特にこのマーク3が好きだな。
あんまり詳しく無いけど、
一番カッコいいと感じるカラーだ。

ドバドバとパワードスーツが現れる時もあり、
そのシーンも痛快で面白かった。

今では虜になった。
リアルなフィギュアが欲しくてたまらない。
溜飲_f0076731_20212580.jpg
スープラを始めて見た時、
アイアンマンを連想した。

要するに「解り易い」のだ。
アイアンマンもストーリー仕立てが解り易い。
その上、
パワードスーツがカッコイイ。

あのデザインと、
溜飲_f0076731_07422376.jpg
マツダのように輝くレッドが、
映画そのものを支えるほど素敵だ。
溜飲_f0076731_19450458.jpg
2017年の東京モーターショーに、
Z4のスタディモデルが展示された。

何にもパッションを感じなかった。
溜飲_f0076731_19451332.jpg
隣のM5はアジアンプレミアで、
凄いスペックに心が躍った。

まさか、
その翌年にドイツで乗る事になろうとは、
夢にも思わなかったけどね。

開発担当者から、
ドライビングレクチャーを受けたのも、
この時からの定めかもしれない。

それに比べ、
Z4は余りにも印象が薄かった。

これがTOYOTAとアライアンスしたクルマか。

SUBARUとBMWを置き換え、
どんな開発をしたのか、
その方が興味深いので、
TOYOTA仕様を見る事の方が楽しみだった。
溜飲_f0076731_19451884.jpg
でも、
これじゃあな。
TOYOTA苦労してるな。

そんな印象を持った。

デビューしたスープラを、
多田PGM(スバル流表現)が仕上げたと聞き、
俄然興味は深まった。

彼はクルマ好きじゃないので、
冷徹に優先順位を決め、
かなり刺さるクルマを創れる。

要するに昆虫のような複眼を持つオトコだ。

SUBARUにもそんな男がいた。

先代のインプレッサをまとめた竹内PGMだ。
彼はスバルを代表するヒットメーカーだ。

絶対に当たると思って、
秘かに期待していた通り、
スープラは凄く面白いクルマになっていた。
溜飲_f0076731_19452428.jpg
顔と言いフォルムと言い、
2リッターエンジン搭載車は、
そのまま86/BRZの受け皿になる。

しかも6気筒搭載車は、
BRZに水平対向6気筒を搭載せよと、
まさに望んだとおりのクルマじゃないか。

水平対向エンジンじゃないけどね。
BMWのシルキー6なら互角かも。

スープラのスタイルが余りにも良くて、
SUBARUの放った机上の空論が、
溜飲_f0076731_21580733.jpg
本当にみすぼらしくさえ思えた。

これでBRZの存在価値は相当下がった。


恐らくトヨタも、
最初にBMWと組んだ時、
彼等の理論に着いていけなかったはずだ。

そういう時に、
理論ではなく要領の良い人間が必要だ。

相当苦労したに違いない。
BRZで得た経験も、
かなり役に立ったであろう。

何しろ臭うんだ。

BMWとSUBARUの生い立ちは似ている。

SUBARUに頼んでも出来なくて、
イライラしてた事を、
全てBMWにぶつけた感じだな。

お見事だ。

しかもGRブランドの使い方が秀逸!

再三スバルに対してSTIを各上に持ち上げ、
彼等のプライドを尊重したクルマ創りを、
やらせて欲しいと懇願し続けてきた。

それが「技術枯渇」の影響をもろに受け、
ノタノタしているうちに、
さっさとSTIのクルマ造り、
如いては一歩先を行くブランド創りまで、
TOYOTAにパクられてしまった。

SUBARUは「やれる」のに「やらなくて」、
ステキなフィアンセをBMWに寝取られたね。

今後のSUBARUは、
TOYOTAとのアライアンスを、
相当根本から見直さねばならぬだろう。

なぜかって?

その理由は簡単だ。
中津スバルでスープラを売りたいほど、
このクルマに惚れちゃった。

スープラにアイアンマン仕様が欲しいね。
溜飲_f0076731_19452923.jpg
キモオタブルーより、
ソウルレッドが似合うだろう。

マツダに仁義を切って、
TOYOTAに土下座して、
SUBARU仕様のSVXを売らせてもらうしかない。

私意て言うならば、
いよいよSUBARUが、
TOYOTAの軍門に下る日が、
一歩迫ったのかもしれない。

6気筒化できないBRZにイライラしていたが、
スープラを見てまさに「溜飲」が下がった。

これは売れるぞ。

昨年東京スカイツリーに行った。

SUBARUの全国大会に招かれ、
そのオプションツアーで訪れたのだが、
子供のようにはしゃいでしまった。

アイアンマンがいたからさ。

これもスープラの予感だったのかな。
溜飲_f0076731_19453496.jpg
買って帰ると言ったら、
妻にいい加減にしなさいとたしなめられた。

「スープラ買うぞ」と言ったら、
どんな顔をするかな。
溜飲_f0076731_19453979.jpg
終わり

Commented by 中原 at 2019-01-21 20:38 x
 社長こんばんは。
アイアンマンのフィギュア買っちゃえばいいですよ。と言うのも、単に好きだからではなく、自分を支えるアイテムとしてデスクに置いておくといいと思いますよ。

スープラ、個人的には日本仕様のセリカXXのGA61が好みですよ。

そうそう、近いうちにまたお電話したいことがあって、勤務先の同僚が86に乗っているのですが、どうも純正のブレーキに不満があるらしく、さらに聞くと踏み方に問題があるような感じだったのです。
なので一度DEを受講してみたら?と薦めたのです。ボクの2台目は、過去に乗っていた1台目の時とは違いDEを受講した後だったので教えてくださった踏み方がすっかり習得できたこともあり、不満だった制動力の弱さはほとんど感じなくなったのです。

なので後日お電話しますね。
Commented by b-faction at 2019-01-21 21:29
中原さん、今晩は。一体では済まなくなるので(笑)。いつでもどうぞ。今日は変則ダブルヘッダーで2時間やりました。きっとお役に立てますね。
Commented by 内藤 at 2019-01-22 07:09 x
先日、スープラ欲しいと書きましたが、
私にはWRX STIが気に入ってるので
あきらめます。(笑)毎日、黄色いヤツ
フキフキするの大変ですが、頑張ります!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-01-21 07:47 | Comments(3)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction