人気ブログランキング | 話題のタグを見る

RA-Rを高速道路と高原で試す

RA-Rはサス設定を除き、
大のお気に入りだ。

片手運転してるわけじゃないよ。
念のため。
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_11393369.jpg
何かしようとした瞬間を妻が撮影した。

くれぐれも9時15分の位置を握り、
掌でステアリングを押さえつけ、
しっかりと操ってほしい。

RA-Rで真っ平らな所を走るのは楽しい。

先日、
東京オートサロンに向う時、
やっとオドメーターは3000kmを指した。
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19073264.jpg
いよいよ1月も終わりを迎え、
来月に向けた準備を始めた。

かわら版を受け取りに、
高速道路を西進した。
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19002867.jpg
途中でメーターを明るくして・・・、
と言うのも常時ヘッドライトを点けてるので、
夜間は照度を下げる。

RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19020860.jpg
最初は気にならなかったが、
逆光の時は見辛いので、
メーターの照度を上げた。

高速を走る時は、
DCCDをオープンデフにして、
その時の気分でSかS#で気持ち良く走る。
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19021335.jpg
このクルマは特にメリハリが効く。

道路で交通規制がある時は、
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19021872.jpg
迷わずインテリジェントモードにして、
エネルギーを上手に使う。

ぜんぜん面白くないけどね。
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19022313.jpg
高速道路を少し飛ばしたところで、
エンジン回転は4000rpmが上限だ。

能力の半分も使っていない。
ところが、
こんな低レベルの使い方で、
その動力性能をシャシーが上回るとは言えないのだ。

まずこれが、
主に高速道路を使った結論だ。

オートサロン以降、
トリップメーターは1200kmを超えた。

無事かわら版を受取り、
予定通り詰め込みも終わった。

間も無く愛読者の許に届くだろう。
お楽しみに。

その翌日の水曜日、
早起きして高原を走った。

思い切り走ると言う意味は、
暴走行為をするのではない(笑)

5000rpmを常用するくらいまで、
軽く鞭を入れてみるかなってところだ。

エンジン掛けて車庫から出し、

RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19022804.jpg
MFDを見たら氷点下4度だった。

そこで試しにS#を入れると、
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19023206.jpg
以前のように弾かない。

ピッと拒否するはずが、
すんなり入って拍子抜けした。

そのまま国道をS#で気持ち良くサウンドを楽しみながら走り、
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19023829.jpg
高原に着くと雲一つない天気だった。
開田高原に全く雪が無い。

本来ならこうなる場所に、


今年は全く雪が無い。

RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19024229.jpg
久し振りに御嶽山を近くで見ると、
噴煙が少し出てるのが確認できた。
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19024789.jpg
WRXはまた塩だらけになったけど、
かなり懐いてきたみたい。

RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19025292.jpg
スタッドレスとは思えない操舵応答性の良さだが、
過信せずグリップを丁寧に引き出した。
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19025601.jpg
最高のエンジンだ。
でも脚の動きは全然ダメ。

相変わらず各タイヤの荷重が目まぐるしく変わり、
とても短絡的で救いようが無い。
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_19030172.jpg
このように真っ平らな道路は、
一般的に少なく、
常識的に考えれば、
あちこちに抑揚があるものだ。

RA-Rの意味を取り違え、
サーキットと短絡的に結び付けてクルマを仕上げた。

サーキットを「念頭に置く」クルマと、
短絡的にサーキット走行を考えたクルマは違う。

だから味が悪く、
不陸を吸収できない幼稚さが顕著に出る。

これはどうしても見過ごせない。

だからしつこく書く。
もし書かないと、
「これで良い」と、
勘違いするおバカな人も現れる。

この脚がどれくらい危険か、
状況を示す動画も撮った

高速道路では橋脚の僅かな段差でクルマが跳ね、
そのお釣りも吸収できない。

高原のワインディングで楽しいのは、
真っ新で平滑な路面だけだ。

日常的な不陸でも敏感に拾う。

困った事に、
舗装された田舎道で危ないのだ。

たまに現れる大きめの段差を想像して欲しい。
橋の上で丸くなったような場所だ。

GC8などは、
持って生まれた素質で、
そういう場所をポンと乗り越える。

ストラットの長所を生かしているからだ。

ところがマルチリンクから、
ダブルウイッシュボーンになると、
リヤのダンパーストロークが足りない上に、
サスの横剛性も低くなった。

なので、
10年以上に渡りSTIはずっとその対策に力を注いだはずだ。

その一環としてニュルブルクリンクのチャレンジがあり、
そこでクラス優勝を勝ち取るクルマを目指し続けた。


ニュルブルクリンクに沢山存在する不陸は、
日本の道路にいくらでもある。

いくらレコードアテンプトだからと言って、
こんなに面白くない脚を商品化してはならない。
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_10485356.jpg
ここに書いてあることは、
ほとんどが嘘だ。

ニュルブルクリンクで走れない脚を、
さも走ったかのような嘘で固めている。

グラフの真実性もさることながら、
「何を」「どのように」という具体性を曖昧にしたまま、
イメージだけ幼稚な文章でまとめた。

そして「何とかの一つ覚え」のように、
ダンパーストロークを減らす。

これが更に幼稚な動きを助長する。

ニュルブルクリンクでクルマの熟成を極める事で、
速くて気持ち良いクルマになり、
その上で運転まで上手くなるクルマが作れるのだ。

実際にRA-Rは日本の道で速く走れず、
気持ち良く運転することも出来ない。

更に困った事に、
各タイヤの荷重が目まぐるしく変わる、
とても幼稚なサスおかげで、
運転が上手くなるような土台になれない。

最もやってはいけない事は、
よくあるタレントを軽率に悪用するような、
幼稚なパブリシティだ。

彼はレーサーだが、
当然クルマの開発能力も身に着けている。
RA-Rを高速道路と高原で試す_f0076731_10485888.jpg
山内選手とまともに話をしたことが無い。

だが彼の人間性は凄く良いと聞いている。
妻は鈴鹿でのレースの度に親しく話す。
その妻が褒めるから間違いのない男だろう。

次にお目に掛かった時、
はっきり話を聞こうと思う。

このカタログに、
ニュルブルクリンクで戦う男として登場した。

「このシャシー性能を本気で褒められるのか」ってね。

もし本気で褒めるなら、
レーサーとしては優れていても、
クルマの開発能力はゼロだろう。

STIの責任は重い。
自覚して欲しい。
このカタログは彼のキャリアに傷をつける。

Commented by 渡部 at 2019-01-31 08:41 x
社長様おはようございます。
ぴょんぴょん跳ねて、コーナリング中だとギャップでぶっ飛ぶ感じですか??
それを市販車で出すのもある意味、スバルやるなー!
電子制御の安全装置もいいですけど、もっと根本、ベンツやBMWみたいな足なら安全性も向上するとおもいます。
スバルのボディにマツダの足とか、いい線いきそう
Commented by b-faction at 2019-01-31 10:27
渡部さん、そういう話を短絡的と言います。そんなレベルではありません。昔のS201のように組織の一部が自己満足して作っただけですね。S209に全体の目が向き過ぎてSTIの一番良くないパターンが発露しました。
Commented by 福島の佐藤 at 2019-01-31 12:28 x
代田社長 こんにちは。

VABのダンパーストロークが足りないということに関しては、全く同じことを思っていました。
今回のブログを読み『ああやっぱり』と確信できたことは、個人的には大きなことです。
路面を追従しない足は危険ですよね。

極力社外品は使いたくないのですが、検討はすべきかなと思っています。
Commented by b-faction at 2019-01-31 13:39
佐藤さん、違うゲルマン人に知恵を借りるしかないですね。これ以上は僕の手に負えないので、STIがどうするのか良く見ながら今後の商品をよく観察ます。
Commented by MABE at 2019-01-31 16:27 x
横浜の安部です。

代田社長、こんにちは。

「くれぐれも9時15分の位置を握り、掌でステアリングを押さえつけ、しっかりと操ってほしい。」

先日わずか数分でいただいた的確なアドバイスと動画で教わったこの教え。
目から鱗とはこのことです。

愛車のBN9ではさほど気にならなくても、アルファードではコーナーでステアリングを切るとどうしてもクルマが安定しないのはこのことを知らなかったからだと思います。

ステアリングを持ち替えねばならないコーナーでのさばき方などまだまだ課題はありますが、ステアリングを押さえつけてアルファードを三日で500kmほど運転しましたら違和感はなくなってきました。
もちろんクルマの動きも違ってきました。

引き続き精進したいと思います。

首都圏も雪か?という今夜でありますが横浜は雨は降っているものの気温が10度もあり、昨年のようなスタッドレスの大活躍はなさそうです。
Commented by b-faction at 2019-01-31 19:49
安部さん、今晩は。お役に立てて良かったです。またぜひお出かけください。次はアクセルとブレーキですね。
Commented at 2019-01-31 20:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 菊池 at 2019-01-31 20:56 x
足回りについて
スバルはよくビルシュタインを使いますが、経験上ビルより、オーリンズのほうがしなやか(驚くほどショックが丸められます)なので OEMでオーリンズを使うとよくなると思うのですが
Commented by b-faction at 2019-01-31 21:49
松原さん、ありがとうございます。言葉足らずで間の一言が抜けていました。それは当てはまります。ただBP/BLはずいぶんよくなりました。
Commented by b-faction at 2019-01-31 21:51
菊池さん、確かにそうかもしれません。世界のトシも絶賛してますよね。乗り比べる機会がそのうちあると思うので参考にさせて頂きます。
Commented by sasayan1964 at 2019-01-31 22:15
松原です。返信ありがとうございます。
BE/BHでマルチリンクになった時もそうだったのですね。私が違和感を感じたことに合点がいきました。
Commented by b-faction at 2019-02-01 16:48
松原さん、こんにちは。3代目の場合は違う意味でどっしりしてました。ダンパーストロークは減ったのですが、覚悟決めて桂田さんが作っただけのことはあると思います。RSKなど今乗っても凄いと思うし、ポルシェと組んで良い調律をしてました。ビルシュタインのガツンはあの頃から始まりましたけどね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-01-30 22:00 | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction