人気ブログランキング |

STIの情熱を知る

f0076731_20433713.jpg
STIの平川社長と、
車両実験部長の長谷川悟さんが来訪された。

f0076731_20434218.jpg
丁度定休日だったので、
ゆっくりと館内をご覧いただいた。

当社の山本部長も、
f0076731_20434753.jpg
一目お目に掛かりたいと馳せ参じた。

もう一度記念に写真を撮り終えると、
f0076731_20435226.jpg
ステキなお土産を頂戴した。
流石だ。

f0076731_20435609.jpg
日持ちのしない美味いお菓子をよくご存知だ。

SUBARU研究実験センターの近くにある、
佐野市の名物だ。


f0076731_20440260.jpg
新井屋の味噌饅頭を頂戴した。


f0076731_20440645.jpg
3つの味がギュッと詰まっている。


f0076731_20441176.jpg
白餡に目が無いので、


f0076731_20441799.jpg
真っ先に齧り付いた。


f0076731_20442198.jpg
旨ッ!!!

これは病みつきになる。
平川さん、
ありがとうございました。
f0076731_20442761.jpg
B-faction にご案内して、
新車のまま保存しているご神体をご覧いただくと、

f0076731_20443383.jpg
流石に現場主義の平川さんは目の付け所が違う。
f0076731_20443712.jpg
こんなに良い状態のP-ZEROを始めて見たと仰った。

それもそのはずで、
届いてここに収まって以来、
一度も外に出ていない。

丁寧に管理されたクルマには、
やっぱり何かオーラのようなものが出る。

実験部長の長谷川さんと、
RA-Rのサスセッティングについて、
様々な意見を交わした。
お昼になったので、
美味しい中津川の蕎麦屋へ案内した。
f0076731_22215938.jpeg
奢らせていただくつもりが、
ご馳走になってしまった。

誠に恐縮です。
ありがとうございました。

あお木をお気に召して戴き、
とても嬉しかった。

中津川の蕎麦文化は、
日増しに深くなっていく

鉄ルーフのS208と乗り比べる予定が、
急遽カーボンルーフになった。
f0076731_20444349.jpg
最近の好天を背景に、
平川社長の配慮で、
サマータイヤ装着車を用意して戴いた。

鉄ルーフの208には、
スタッドレスタイヤが装着されていて、
足回りの実力を引き出せないと判断されたようだ。

わざわざ三鷹にあるSTIのショールームから、
連れ出されたと聞いて恐縮した。

早速S208を拝借し、
いつものコースへ連れ出した。

助手席に平川さんをお誘いし、
RA-Rのステアリングを長谷川部長に託した。
f0076731_20444946.jpg
RA-Rの助手席に妻を同乗させ、
イコールコンディションで80キロほど腹いっぱい走る。

ブレーキからターン、
f0076731_20445450.jpg
エイペックスにきちんと付けて、


f0076731_20450086.jpg
次のコーナーに向ってアクセルを開ける。

ピタリと照準を208に合わせ、
f0076731_20450648.jpg
始めて走るコースを苦も無く追従する姿に、
妻が目を丸くして感想を述べた。

「流石だわ。物凄く運転がお上手なの」

そりゃそうだよ。
天下のSTIの実験部長だ。

SUBARUにはアカデミーがあるので、
実験部隊の技量は国内でも屈指なんだ。
f0076731_20451241.jpg
そのプロ中のプロに託す以上、
より正確なシャシー特性を再現する必要がある。

SUBARUの頑強性、
即ちロバストネスは半端じゃなくて、
慣らすまでに相当な時間を要する。
f0076731_20451943.jpg
それが長持ちに繋がっている訳だ。

そこでクルマのヨガを北原課長に頼んだ。
f0076731_20452531.jpg
彼のマイスターとしての技量も高く、
リフレッシュ後のクルマはガラリと味を変える。

STIの重臣が来られるので、
前夜にヨガを彼の手で終えた。

f0076731_20453286.jpg
良い意見交換が出来た。
RA-Rもヨガの後柔軟になり、
これまでの印象とかなり変わった。

その上で、
本来のRA-Rに求めるべきシャシー性能を、
もう一度見直して戴くようお願いした。
f0076731_20453813.jpg
これからもSTIと共に、
全力でやれることを全てやる。

STIをよろしくお願いします。

Commented by 岩下J(稲沢市) at 2019-02-22 02:23 x
今回のブログ、非常に興味深く読みました。
”実験部長の長谷川さんと、RA-Rのサスセッティングについて、様々な意見を交わした。”
これがキモですね。代田社長が言っていた「幼稚な脚」に対してSTIが「じゃあ代田社長の考える理想の脚は
どんなだろう?」でしょうか。 平川社長以下STIの真摯な姿勢に好感が持てます。

今の時勢、燃費(エコ)が重視されていますが、乗り心地という基本を大切にしているのはスバルユーザとして嬉しいです。
Commented by b-faction at 2019-02-22 07:29
> 岩下J(稲沢市)さん
ありがとうございます。RA-Rはこれから飛翔します。軽さは簡単に買えません。次をお楽しみに。
Commented by 吉村貴志 at 2019-02-22 18:48 x
いつも、楽しく閲覧させていただいております。
9年前に、初スバルとして、レガシイワゴン、インプレッサ、フォレスター、WRX S4、現在はレガシイアウトバックに乗っています。すっかりスバリストになってしまいましたが、最近のスバルの不祥事やリコールの多さに信頼が薄れてきております。代田社長のブログには、これらスバルの負の事象については語られていませんがどうしてでしょうか?
スバルを愛するが故の、知り尽くしているが故の社長のお考えや意見を聞いてみたいです。
装備や性能に関する辛口コメントがあるのだからこそ、スバルの信頼性について語って欲しいです。
Commented by b-faction at 2019-02-22 23:12
吉村さん、どんな悪い事をしたのか冷静に考えればすぐわかります。
実は何もしてないんですね。不祥事と一括りにしてはいけませんよ。短絡的な視点です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-02-21 21:12 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー