人気ブログランキング | 話題のタグを見る

WRX STI RA-Rの慣熟

WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15345383.jpg
お昼ご飯に出た築地の弁当は、
実にオーソドックスで素晴らしかった。

眠気を誘う揚げ物が一切なく、
漬物一つとっても味が深く旨い。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15345839.jpg
美味しそうな卵焼きだ。

これは予想通り旨かったが、
その味を超えたのが後ろに見える煮物だ。

だいたいにおいて、
仕出し弁当における、
シイタケの煮物にさほど期待をしない。

だが、
これは別格の味だ。

久し振りに島田君と会った。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15350349.jpg
知り合った頃に比べ随分大人になった。

最近会う機会がめっきり減ったが、
責任ある仕事を任されて忙しいのだろう。

ここから眺める風景も、
出会った頃とじゃ比較しようもない。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15351037.jpg
この景色同様に、
随分ステキになったね。

と思ったら、
しっかりしたはずだ。

独立して別の道を歩むそうだ。

それは頼もしい。

頑張ってほしい。
また会おう。

会議を終えて地上に降りた。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15351686.jpg
会議中もVIZIVアドレナリンの事が頭の中に浮かんでいた。

時を見ては記事を書きながら一日を過ごした。

今のアドレナリンはエクステリアを印象付けている。

それは素晴らしい。

でも気をつけないと、
彼等は常にインテリアで手を抜く。

大雑把なアメリカ人や、
軽自動車で十分だと思う人の、
甘い眼は眩ませられる。

だから、
常に見張っていないと、
「こんなもんでしょ」と仕事を片付ける。

まさか地上で、
こいつらが待っているとは思わなかった。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15352724.jpg
SUBARUはインテリアや動的質感のクオリティで、
随分アメリカナイズされた。

もちろん合理性も大切だ。

でも、
次のボールダーが登場し、
あそこまで完成度の高いエクステリアを見せた。

それならば、
インテリアデザインのコンセプトでも、
更にその上を狙いたいね。

プレミアムブランドが、
偶然にも眼の前に現れたのは、
その予言かもしれない。

「それを参考値にせよと」

時々こういう事が起きる。

閃きを感じながら、
慣熟したRA-Rで都内を走った。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21010186.jpg
中津川の市街地を走るより、
なぜか遥かに重厚感を感じる。

STIの平川社長が来訪され、
一緒に中津シェライフェを走った時、
「やはりいくらRA-Rと言えども、
都内における走行要件を満たす必要がある」と仰った。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21012008.jpg
確かに慣熟して角の取れたRA-Rに乗り、
大江戸を走り回るとその真意が見える。

最も大量に売れる場所で、
買ったら直ぐ付け替えねばならぬサスを、
安易に売る訳にはいかなかったのだろう。

もう一つの理由は、
SUBARU品質に負けない耐久性だ。

いくら初期応答性が良くても、
防錆能力や耐久力の点で、
数万キロで能力が大幅に下がることを嫌った。

それはSTIの良心だろう。

やはり直接会って話さないと解らない事は多い。

都内の道路にも結構な不陸がある。

それらをいなす能力はかなりのレベルで、
この領域では、
欧州の高級なスポーツサルーンのような味を見せた。

サスよりも更に慣熟したのが、
このクルマの「キモ」とも言えるバランスドエンジンだ。

高速道路は勿論のこと、
都内の一般路でも中速域のフィーリングが良すぎる。

右足の母指球に力を軽く入れるだけで、
リニアにエンジンパワーが湧き出てくる。

そのサウンドがまた秀逸だ。

クルマの軽さも効果を発揮し、
信号の多い都内でもストレスを感じるどころか、
停止と発進を繰り返すことに、
恍惚感を覚えたほどだ。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21012726.jpg
久し振りになじみの店に行き、
再会を楽しんだ。

WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21013407.jpg
相変わらず劇団の仕事も忙しいらしく、
はやる店の切り盛りをキッチリ終えると、
足早に帰って行った。

また会おう。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21014036.jpg
相変わらず美しい寿司を握る。
これで700円というお値打ち価格だ。

この味のハーモニーが、
まさにバランスドエンジンの美味しさに繋がる。

良い味のネタには絶妙な甘さがあり、
それを上手く引き出すシャリのバランスが良い。

単なる酢飯の良さだけでなく、
手の洗い方も含め握り方や体温の維持術など、
隠された技が高度にバランスしている。

少々呑み過ぎたが、
翌日も朝から忙しかった。

冷水シャワーを浴びて着替えたら、
いよいよ復路へ出陣じゃ!
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15353275.jpg
RA-Rもしっかりと目覚めた。

WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15353911.jpg
往路の総距離は340kmとなり、
オドメーターは6600kmを指した。

WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15354585.jpg
首都高速4号線に乗り西へ向かう。

東京は雨だった。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15355018.jpg
出た時の雨脚より、
西へ向うほど激しさを増した。

前夜のように17℃も無いけれど、
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15355486.jpg
ウエット路面で11℃はスタッドレスにちとキツイ、
かと思ったが、
実に力強く中央自動車道を駆け抜けた。

燃費に変化が現れず、
トルク感も素晴らしい。
それらがエンジン性能の高さを如実に感じさせた


WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15355880.jpg
山梨に入ると時折青空がのぞいた。

平川さんは、
このクルマの速度領域が想定より高いと感じたようだ。

だからという訳では無いが、
少しニュルブルクリンクをイメージすると物足りない。

あそこで走る時のように、
鬼気迫るほど飛ばすわけではない。

でも緑地獄で舞うようなイメージで走ると、
どうしてもクルマの動きが少し歪だ。

でも、
その理由はとっくに解明したようで、
次のマシンで捲土重来を約束してくれた。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15360366.jpg
もしかしたらS209では、
とっくにそれを克服し、
NBRを攻めるレベルの脚が誕生している可能性すらある。

630kmを走ってたどり着いた結論だ。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15362263.jpg
けっこう飛ばしたのに、
燃費の変化が全くない。

軽さは性能だな。

珠玉のエンジンと、
可能な限り軽く作った車体のコンビは、
ちょっと一生ものの気配さえしてきた。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15362756.jpg
降ろしたばかりの頃から、
先月までは朝一番の2速変速時にひっかりがあった。

距離を積み重ね気温も上昇したためか、
東京から戻ると別のトランスミッションのようなフィーリングだ。

スポっと入るし、
節度感のある手触りが気持ち良い。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15363251.jpg
そしていよいよサマータイヤに替えた。

ようこそ。
ミシュラン君。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21032180.jpg
昨年の夏にニュルで試して以来だ。

あの時は600馬力で1.9トンだった。

楽しみだ。
どんな走りになるのか。

望桜荘の裏は、
ちょっと工程に狂いが生じた。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15363794.jpg
珍しく山本部長が判断ミスし、

玉石を敷く手順で手抜きがあった。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15364268.jpg
気になってアドバイスしたが、
やる側にとって耳障りだったのだろう。

全部取り出して洗う羽目になったが、
でも失敗は成功の基だ。
前向きにいこう。

陽転思考で前向きに生きようじゃないか。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15364768.jpg
なぜかって。
起きてみないと解らない事は多い。

望桜荘の皐月は、
本来なら全てこのように元気なはずだ。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15365105.jpg
気が付いたら急に衰え、
一部が枯渇しかけている。

池の横にある二本の皐月は、
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15365575.jpg
なぜか急激に衰えた。

耐久性は重要で、
この二本は太陽光線の不足と、
夏の過剰な散水噴霧で腐朽菌の侵入を被ったのかもしれない。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15370040.jpg
クルマのパーツも強靭な耐久力が必要で、
特にダンパーなどは仕様の差でその命の長さが大きく左右される。

WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_15370535.jpg
生物の生存競争は過酷だ。

手の届く庭でさえこのありさまだ。

だからイプレッサハウスは、
出来るだけ強靭なサーフェイスで、
いつでもお客様をお迎えできるように考えた。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21015804.jpg
遂に完成した。
これからもスバリストを厚遇対応する。

そんなスバリストに向けた数々の商品は、
目利きと匠の技で選ばれている。

それを信じて購入していただけるほど、
クルマ冥利に尽きる事は無い。
WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21023211.jpg
今日は遂に整備が完了した、
とっておきのXVを、
オーナーに渡す前に徹底確認した。

WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21034126.jpg
気温は4℃だ。

下がるのを待ってスタートする理由は、
試用する土地柄、
スタッドレスタイヤの装備を外せないからだ。

WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21034858.jpg
おあつらえ向きに寒かった。
氷点下にはならないが、
ギリギリの線まで下がった。

WRX STI RA-Rの慣熟_f0076731_21035511.jpg
全く何の問題も無く、
実にしなやかに走り。


これがSUBARUのロバストネスだ。

STIの良心と共に、
真のSUBARUの良心も、
つぶさに知る一日となった。

さあ、
明日もお楽しみに。

Commented by ken-bl5d at 2019-03-09 13:26
代田社長こんにちは。東京オートサロン2019でお会いした秋山です。いつも素晴らしいブログに感激しております!
愛車のWRX-RA-Rのサマータイヤをミシュランパイロットスポーツに(コンチネンタルではなくて)されたので感想のブログを楽しみにしています!ちなみにパイロットスポーツ4Sでしようか?
Commented by b-faction at 2019-03-09 15:35
秋山さん、こんにちは。あえて選んだのではなくRA-Rの標準装着品に戻しただけです。
Commented at 2019-03-10 20:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2019-03-10 20:46
村山さん、今晩は。毎年一度改良されるので次はF型になります。これがラストチャンスなので、いつでもご来訪いただければ(笑)。良いクルマをお売りできます。よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-03-08 22:05 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction