人気ブログランキング |

ContiCrossContact LXとSUBARU XVの相乗効果とは

コンチネンタルブランドでも、
SUV専用タイヤの拡充が続いている。
最新のラインナップは、
スポーツコンタクト6
コンチスポーツコンタクト5
プレミアムコンタクト6
コンチプレミアムコンタクト5
ウルトラコンタクト UC6 for SUV
コンチエココンタクト5
コンチクロスコンタクトLXスポーツ
コンチクロスコンタクトLX2
と明らかに主力セグメントとなりつつある。
 
その中でもコンチクロスコンタクトは異色のタイヤだ。
それ以外はオンロード用のタイヤだが、
二つのクロスコンタクトはどちらもオン/ラフロード兼用で、
オールシーズンタイヤに近い性能を持つ。

ところが、
オールシーズンとは一切謳われていない。

誤用が怖いからだろう。
f0076731_16184171.jpg
こちらの2ℓモデルには、
「コンチ・クロス・コンタクトLX2」がジャストフィットする。

設計はこっちが新しく、
昨年デビューした新製品だ。

まだ履いた事は無く、
その実力も解らないが想像は付く。

最新型だけあり、
左右対称のトレッドパターンだ。

コンチバイキングコンタクト7に投入された、
最新のテクノロジーを前倒した可能性も否めない。

プジョー3008用に専用開発されたタイヤだから、
恐らくスバルとの整合性も高い。

225/55R18のワンサイズ。
まさしく「フォレスターとXVの18インチ装着車のために作られた」

そう言っても過言ではない。

優れた安全性と快適性が特徴だと言うが、
そんな当たり前のことでタイヤの神髄が説明できるはずがない。

ほとんど売る気が無く、
昨年も日本にほとんど入らなかった。

それに対してコンチ・クロス・コンタクトLX sportは、
オン・オフロードで上質な走りを支える、
ラグジュアリーSUV用タイヤと謳われ、
もう少し特徴を明文化している。

こちらのタイヤは左右非対称で、
17インチから22インチまでサイズも豊富だ。
f0076731_16184690.jpg
このタイヤはXVとフォレスターの17インチ装着車にドンピシャ。

コンチの売る気は良く分からぬが、
一目見てほれ込み早速調達した。

昨年の事だ。

まず静かだ。
エコタイヤのように転がり抵抗も少ない。

予想以上の操舵応答性で、
舵を当てたあと、
スッと向きを変える。

それだけじゃなく、
向きを変えたあと、
真っ直ぐ走らせる時の収まりが良い。

それはさておき、
雪上性能も良かった。

スタッドレスでは無いので、
氷上は危険だから使ってはいけないが、
雪が降ったぐらいだとビクともしない。


そんなタイヤは、
なかなか無い。

動画を見て欲しい。




by b-faction | 2019-03-15 22:00

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction