人気ブログランキング |

スランプ

たまにはこんな事もある。
蕎麦の美味さを書き出せなかった。
f0076731_23073064.jpg
美味い蕎麦は、
何も付けずに食べてもスルスルと喉を通る。

まずい蕎麦はつゆを付けても不味い。

江戸前の蕎麦は、
チラっと汁を付けて、
一気に啜り込むのが「通」だと聞いたことがある。

それに対して、
木曽路や伊那路の蕎麦は、
噛み締めて楽しまないと損だ。

グンっと旨味が増すからだ。

筆は走るが、
とめどなく文章が増えて収まりがつかない。

エンジンを語り始めるとキリがない。
深みにはまると抜け出せなくなる。
f0076731_23073515.jpg
蕎麦も深みにはまると抜け出せない。

親切な店員さんは、
「三枚注文するより二枚で大盛りがお得よ」
とアドバイスしてくれた。

それに従って注文したが、
あとから来た男性客は、
「大盛り三枚!」と元気が良い。

見ている所で蕎麦を打つ、
価格も値打ちなお店だ。

これまで、なぜ気づかなかったのか。

中津川のあお木と同じで、
薬味に大根おろしが付く。

もう一つの焼き味噌も魅力的で、
汁に解くと世界が変わる。

近所ならば休日の真昼間に来て、
これで蕎麦前に冷や酒を飲むのも良い。

噛み締めた素の蕎麦を、
美味い酒で胃の腑へ流し込む。

次に大根おろしを加えた汁に、
サッとそばを付けて啜り込む。

2枚目になると、
最初は素のままで噛み締めて、
次に山葵と葱をたっぷり入れた、
少し多めの汁に浸し、
ガバッと一気に貪り食う。

単純であっさりしてるけど、
旨味の溢れる味が好ましい。

良く行くマーケットが様変わりした。
f0076731_23074141.jpg
スマートインターチェンジの威力は、
まさにこのように表れるのだ。

中津川も同じ風が吹くはずだ。
湯舟沢から落合に掛けて、
逆の流れが生まれるだろう。

このマーケットも集客力があるので、
本来の利益を追求しないスタイルから、
遂に大型投資で金利を払うスタイルに衣替えだ。

銀行が融資したくてたまらなくなる、
そんな世界が簡単に生まれる。

とは言え、
建物に過大な金をかけず、
知恵と工夫で美しく整えられた。

f0076731_23074698.jpg
アイキャッチは郵便ポストだし、
これまでと同様に派手な看板も無い。

いくつかに切り分けていた建物は、
一棟のスッキリした店舗に代わり、
床も綺麗にコンクリートで整えられた。

構成をよく見ると、
壁材や天井は中津スバルの工房のように、
プラスターボードの裏張りになっている。
f0076731_23075272.jpg
断熱効果は薄いが、
余計な内装材を使わずに済むので安上がりだ。

床のコンクリートも、
インプレッサハウスで使った構造に近い。

決して安物ではないが、
工期が短くて済むし仕上がりも綺麗だ。

華美ではないが、
安普請でもない。

この微妙なバランスが好きだ。

エンジンのブログが、
書いても書いても、
次から次へと言葉が浮かぶので、
一向にまとまらない。

だから次のブログに進めない。

期待して待ってる人も多いかな。
そう思うとモチベーションが維持できる。
もっと時間が欲しい。

でも仕事もしないと食っていけない。

お客様あっての中津スバルだ。
頑張らなくちゃ。
元気を出そうとマーケットで卵を買った。
f0076731_13112045.jpg
いくつかの種類の中から、
妻は比較的安価でパッケージが面白い卵を選んだ。
f0076731_13112836.jpg
名前も良い。
一発で気に入った。

透明なパックではなく、
籠のような容器に様々な卵が入っている。

あまり見たことが無い包装だ。

このマーケットのように、
そっけない造りなのがインプレッサハウスだ。

様々なお泊りプランを展開するので、
これからも親しいお得意様のアジトになるはずだ。

「屯」をキーワードに、
これからも工夫を凝らす。

テーマは「そっけなく」する事だ。
周囲と調和してひっそりと「屯」出来れば、
一人一人の頭にとめどない野望が浮かぶだろう。

ここに屯して、
想像力を働かせてほしい。
f0076731_23075737.jpg
件のマーケットと同様で、
出来るだけ質素に仕上げるとは言え、
かなりの投資は必要だ。
f0076731_23080384.jpg
ただそれを外部から調達すると、
大変なことになる。

融資を受けたら、
それに見合った利益を、
この施設から直接産み出す必要性が生じる。

そいつは、
けっこう苦しいし、
万一期待通りに事が進まぬと、
外から侵入を許す隙を作る事になる。

単眼的に利益を得る事に躍起になると、
本当の道がどこにあるのか見失う。

そっけない建物だけど、
見れば見るほどゾクゾクする。

コンクリートの塊を見上げると、
太い柱がある。

単なるモニュメントだ。
実は何の意味も無い。

そこに鉄筋が出てたから、
切るのを惜しんで柱を立てた。

たったそれだけのことだ。
本当はあと2本立てたかったが、
「馬鹿じゃないの」という娘の意見に従った。

残りの四本の柱の間に、
信楽焼を据えたのも、
何となく想像した結果だ。

f0076731_23080866.jpg
遂に露天風呂に簡単な覆いが付き、
カンカン照りの昼間でも、
雨がしとしと降っていても、
景色を楽しみながら湯舟に浸かれる。

周囲をメンテナンス中で、
暫く使う事が出来ず、
平方さんに不自由な思いをさせた。
f0076731_23081662.jpg
もう大丈夫です。
なので、
また遠慮なくどうぞ。

平方さんにはお酒を沢山戴いた上に、

f0076731_23103098.jpg
お菓子も山ほど戴いた。

f0076731_23103631.jpg
キムラヤのお菓子は味が良い。

f0076731_23105021.jpg
山形が産む産物は、
全て旨味が迸る。

特に美味しかったのが、
f0076731_13575275.jpg
お土産に戴いたお米で炊いたご飯だ。

あの時のお握りも美味しかったが、
鉄火丼を作ってもらって仰天した。

滅茶苦茶美味い。

余りに美味しいので、
妻がラップに包みお弁当にしてくれた。

おかずは一つだけ。
f0076731_13113502.jpg
例の卵だ。
何故異なる色が混じるのか、
その理由はまるで解らない。

一番手っ取り早く味を知るためには、
卵かけご飯が良い。

f0076731_14023756.jpg
ご飯も2パックあるので都合が良い。

喰いすぎだが大目に見てね。

まず茶色い卵を割った。
f0076731_14024213.jpg
黄身の色が良い。
かき混ぜる。

頬張る。

美味い。

なんたる味の良さだ。

生卵を苦手とするヒトには申し訳ないが、
これを毎日食べても飽きないだろう。

日本人に生まれて良かった。

海外では生で食べる習慣の方が少ない。

特にアフリカでは絶対に食べてはいけない。

鮮度が外から確認できず、
火を通さないと危険だ。

卵の殻にも細菌が付着していて、
菌だけなら良いが悪玉のウイルスだと、
重篤な内蔵疾患を被むる。

白身の適度なヌルヌル感も良い。
シャビシャビの白身が多くなったし、
カラザも目立たぬようになった。

そしてその分
味が抜けている。

とても我慢が出来ず、
f0076731_14024921.jpg
もう一つのご飯を器に載せ、
レンジにかけた。

ちーん!
f0076731_14093519.jpg
もうこのまま食べても良いくらい、
素敵な芳香が漂ってきた。
f0076731_14094711.jpg
今度は少しアレンジした。
普通のスライスチーズをちぎって、
ご飯の3分の1に載せた。
そして白い卵を割った。
f0076731_14095548.jpg
卵ご飯専用の醤油は、
塩辛くなくて丁度良い。
f0076731_14100090.jpg
ご飯の熱でチーズが程好く溶けた。
良い感じだね。
f0076731_14130116.jpg
それぞれの素の味を楽しみながら、
次にはゴージャスなハーモニーを奏でさせる。

素の味こそ奥が深いね。

片山さんにお買い上げいただいたR1も、
実に素の味が良い。
f0076731_14132114.jpg
納車前のテストで中津シェライフェを走り、
久し振りに素の味の良さを堪能した。

比較的走行距離も少なく良い味の個体だ。
80km弱を調子良く走り切った。
f0076731_14132708.jpg
夜と朝で全く異なる表情を見せる、
とても素敵なベリールージュを纏い、
直列4気筒DOHC16バルブのエンジンサウンドを奏でる。
f0076731_23105684.jpg
テストを終えた翌朝、
改めてリヤボディを見て惚れ直した。

この角度が一番美味しい。

ショートホイールベースで、
ギリギリ四隅に踏ん張った足回り。

面白いクルマを作ったもんだ。

SUBARUの歴史はK111で始まり、
軽の歴史を11Kで閉じた。

そう思うと、
このクルマの先進性や独創性が納得できる。

さあ、
スランプから立ち直った。

またハードな仕事が目前に迫った。
頑張ろっと。

by b-faction | 2019-03-17 14:28

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction