人気ブログランキング |

内燃機の快感

f0076731_21300770.jpg
妻の作ったアボカド料理だ。

クリーミーなアボカドの果肉と、
焦げたチーズの食感がステキだ。

不飽和脂質の多い果実で、
悪玉コレステロールを血中に増やさない。

そんな事よりも、
何と言っても美味いので大好きだ。

健康に悪くても美味ければ食す。
f0076731_21301208.jpg
逆に不味ければ呑まないので、
そう言う酒も必要だ。

この料理にはビールが合う。
この日はスーパードライで晩酌した。

息子が見た事も無いビールを持ってきた。

f0076731_21301928.jpg
劣勢の続く麒麟麦酒が若者向けに仕掛けてきた。
f0076731_21302678.jpg
美味いと思う人には申し訳ないが、
不味い。

香りと苦みのバランスが悪い。

話題作りには良い。

カッコイイから受けるだろう。

流石に三菱グループだけあり、
やる事にそつがない。

ビールを売るのではなく、
コトを売ろうとしている。
こういう所は流石だ。

なんでこういうモノを、
クラフトビールと呼ぶようになったのか、
その理由は良く知らない。

し、

知る気にもならない。

地ビールというのも、
余程の事が無いと呑まない。

ガッカリする事が多いからだ。

中津川近辺にも、
地ビールブームで2か所誕生した。

どちらも最初は勢いがあったが、
最近はあまり話を聞かない。

難しいんだろうな。

日本では普通に売ってるビールが美味すぎる。

もっと評価されてしかるべきは、
サッポロ黒ラベルだな。

最近ちょくちょく増えてきたが、
ドライに居場所をかなり奪われて、
麒麟ほどではないが、
元に戻るのは容易じゃない。

そのかわり地味だったエビスビールを煌かせた。

差別化で生き残ったので、
これはこれで凄い事だ。


でも、
北海道で飲んだ黒ラベルが、
人生初の大酒のみだったので、
忘れられないんだ。

二人で販半ケースくらい飲んだ。

今だから言えるけど、
高校二年生で初一人旅だった。

あの味を絶対に忘れられない。
だから今でも好きなんだ。

日本では普通の瓶ビールが、
実は一番うまいのだ。
f0076731_21303547.jpg
忘れられない味のクルマを、
インプレッサハウスⅡに格納した。
f0076731_21304528.jpg
妻の練習に付き合った1号機も、
点検洗車してしばしの眠りについた。

雨曝しでは劣化が早まる。

ヒトも適度に運動して、
休む時は布団で寝ないとカラダに良く無いように、
クルマも車庫で眠らせるとカラダが休まる。

こんなはずじゃなかった。
先週はグランドスラムの勢いでジムに通った。

月曜火曜と連続で泳ぎ、
休館日を挟んでヨガに出た。
f0076731_20393835.jpg
血圧もさほど気にせず、

f0076731_20394445.jpg
体重もさほど気にせず、
さあ金曜も泳ぐと勇んだ途端、
仕事が重なり運動不足に陥った。

金曜から今日まで丸一週間空いちゃった。
潤滑が悪くなる。
明日はいかなきゃ。

ヒトにとって血液の循環は非常に大事で、
潤滑が悪くなると性能が一気に下がり劣化も早まる。

元気な姿をお客様に見せないと、
せっかく来て下さるのに申し訳ない。

同じように、
せっかく来て下さるのに、
施設が快適でなければ申し訳ない。
f0076731_20395021.jpg
ガッカリさせないために、
一番大事なことが掃除だと、
これまでの経験で骨身にしみている。
f0076731_20395769.jpg
まず整頓してから、
f0076731_20400201.jpg
徹底的に洗う。

洗えるように工夫する。

道具も常に工夫し、
効果が出るよう効率も高める。
f0076731_20400844.jpg
内燃機のパワーは一番効率が良い。
f0076731_20401529.jpg
圧力が高く水分子がクラスター化するためか、
霧に霞んだようになる。

f0076731_20402691.jpg
この時の爽やかさは滝壺のようだ。

そして床の水分を掃除機で吸い取る。
f0076731_20403147.jpg
綺麗に流すつもりでも、
流しきれない汚れを吸い取る。

表面の劣化したモルタルの剥離もあるのだろう。

f0076731_20403754.jpg
濁った汚水が良く取れた。

f0076731_20404311.jpg
こうして場内を綺麗にしたら、
次は展示場だ。

黄砂や花粉も厄介だが、
翌桧の枯葉も最近は困った相手になった。

f0076731_20404933.jpg
そこで、
ロビンのマシンを用いる。

SUBARUが手放す前の、
産業機械事業部の作品だ。

f0076731_20405567.jpg
単気筒ツーストロークの、
とてもクラシカルな音色も良いが、
この4ストロークも良いサウンドを奏でる。

f0076731_20410149.jpg
排気も綺麗だ。
潤滑方式が複雑な分、
重くなるのは難点だが振動も少なく音も静かだ。

エンジンにとって潤滑油は血液と同じだ。
f0076731_20392105.jpg
当社のオリジナルオイルを調合する、
ベルテックスの亀井社長が来訪された。

オイルのオーソリティで、
若い時からオイルに関わり知見が深い。

エンジンオイルだけでなく、
ギヤオイルも頼もしい。
GC8の症状に合わせたブレンドもお願いしていて、
チャタリングの安定化など、
これまでも数多くの事績を残した。

以前からショールームに、
オリジナルオイルのベースオイルを展示している。
f0076731_20392635.jpg
今回も新たに実際に使っている100%化学合成油と、
VHVI油(合成油)をお持ちいただき、
劣化の様子を観察する事にした。

f0076731_20393292.jpg
通常の鉱物油は比較検証用で、
銀ラベルには使用していない。

銀ラベルは100%化学合成油を使わず、
VHVI油もブレンドするが、
その性能には自信を持っている。

まずエステル系のグループⅤと呼ばれる、
原油由来ではない高級オイルもブレンドする。

ベースオイルは鉱物油を除き、
ほぼ全てが輸入に頼らざるを得ない状況だ。

価格を抑える事も重要で、
そのために最適なブレンドを目指した。

性能では価格以上の効果を出す。
またオイルの特性を左右する、
粘度指数向上剤の質を高めている。

低温から高温まで安定した粘度を維持させるには、
ベースオイルに添加するポリマー(高分子有機物)の性能向上も欠かせない。

銀ラベルは粘度指数向上剤の耐剪断性を高め、
熱ダレに強いオイルだ。

ポリマーの潤滑油に対する溶解性を高め、
高温で分子鎖を伸びて広がりやすくすることで、
粘度を大幅に上げる。

逆に低温では分子鎖が凝縮して粘度を上げない構造だ。

こうした能力を追求したので、
銀ラベルを愛機にも安心して使っている。
f0076731_22453336.jpg
こうして出来上がった銀ラベルは、
実にコストパフォーマンスの高いオイルとして、
自信を持ってお勧めできる。
f0076731_22463568.jpg
喰ってみて美味いモノしか売らない。

そのポリシーを守り続ける。

いよいよ飛び石連休が始まった。
スバリストの来訪を心から待つ。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/30480852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 金氏 尚久 at 2019-03-22 00:34 x
本日はDEありがとうございました。教えて頂いた事を自然に出来るよう日々練習したいと思います。
そしてまた再度伺いたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。
Commented by b-faction at 2019-03-22 12:12
金氏さん、こちらこそありがとうございました。お役に立てて嬉しいです。またいつでもお越しください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2019-03-21 22:48 | Trackback | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction