人気ブログランキング | 話題のタグを見る

二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価

二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20521793.jpg
昨日の朝食だ。
ヨーグルトとフルーツで快適にスタートした。

先々週の金曜日に、
倉敷から片山さんが来訪され、
待望の納車となった。
二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_21205882.jpg
予防整備を施し、
80km弱のシビアなテストをしたが、
納車後の高速走行で加速状況に変調をきたした。

全く予兆さえなかった。

クルマも人間と一緒で、
急な病に侵されることもある。

幸いにもエンジンが止まってしまうような事は無かったが、
思うように速度が上がらないと、
状況によっては極めて危険だ。

早速クルマを回収し再度整備を施した。

科学者らしく、
到着するとドラレコのGセンサーを解析し、
走行中に異常が発生した時の挙動変化を示された。

基幹部分に問題は無いので、
各種センサーを詳しく調べ、
予防措置まで施した。

片山さん、
ご理解とご協力をいただき、
本当に有難うございました。

3月も中盤を過ぎると、
滝を流れ落ちる水のように、
毎日が慌ただしく過ぎていく。
二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20522226.jpg
その後も出張が重なるなど、
思うように自由な時間が作れなかった。

なので運動不足の毎日が続き、
全く泳ぐ時間が取れないまま翌週を迎えた。

恐る恐るプールに行ったが、
何とかペースを維持できていた。
二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20524909.jpg
これらの数値も正常だし、
二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20530519.jpg
体重も65kgを切った。

二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20531048.jpg
「月末に向けてラストスパートだ!」と、
気合いを入れて今週に臨んだ。

倉敷から片山さんが再訪され、
冒頭の写真にある、
美味しい柑橘系の果実を戴いた。
二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20533664.jpg
今回はご友人も一緒に中津川に来られ、
美味しい蕎麦を楽しんで、
下呂温泉に向かわれた。
二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20531521.jpg
片山さん、
ステキなお土産をありがとうございました。
この辺りでは珍しい柑橘類だ。

とにかく甘い!

それに香りと芳醇な味のバランスが良い。

名前を「せとか」と言い、
とても美しくて香りが良い。
二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20532081.jpg
皮も薄くて比較的剥きやすい。

温州ミカンに近いが、
その貼り付き方は、
いわゆる夏みかん系だ。
二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20532503.jpg
手で剥くとジューシーさが損なわれるので、


二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20533113.jpg
やはりナイフを使う方が上品に剥ける。

さっさと切って皮を取り、
器に盛る方が美味しく食べられる。

また是非お出かけください。
ビタミンCが一杯のステキなお心遣いだ。
社員みんなで頂きました。

見送った後、
テストに取り組んだ。
クルマは「せとか」のようにジューシーな、
二代目フォレスターのターボモデル、
しかもマニュアル変速車だ。
二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20534162.jpg
ライトをペイントコーティングし、
フロントバンパーの塗装を蘇らせた。

見えない所も綺麗にした。

みすぼらしいパーツを、
エンジンフード裏側まで交換した、
二代目フォレスターのA型だ。

実にジューシーで美味しい理由は、
解り易いサスペンションを持つからだ。

インプレッサWRX譲りの脚が、
更に深いストロークを持つので、
悪路からハイウエイまで凄く速くて柔軟だ。
二代目フォレスターのXTユーロパッケージを再評価_f0076731_20534616.jpg
このクルマの車名はSUBARU FORESTER XT

5速マニュアルで駆動方式はビスカスLSDをもつセンターデフ式AWD(全輪駆動)

二代目の型式はTA-SG5だ。

主要諸元は全長×全幅×全高(mm)が4450×1735×1585
ホイールベース(mm)が2525とコンパクトで、
トレッド前/後(mm)は1495/1485
最低地上高(㎜)は200と実にフォレスターらしいディメンションだ。

車両重量(kg)は1390で、
最小回転半径(m):5.3と軽快に走る要素を満たしている。

エンジンはEJ20/水平対向4気筒2.0L DOHC16バルブターボ AVCS
圧縮比は9.0で、
最高出力kW(PS)は162(220)/5500rpm、
最大トルクN・m(kgf・m)は309(31.5)/3500rpmとSUVにしては強烈。

以前にも触れたが面白いステアリングギヤ比で、
19~15:1と可変ギヤレシオになっている。

これは独特の操舵フィーリングを持ち、
ライドハイトなクルマには敏感過ぎず具合が良い。
燃費もターボの割には良くて13.0km/l (10・15モード)走る。

基本的にWRXと同じ、
5速マニュアルのセンターデフ式フルタイム4WDで、
リヤビスカスLSDも持つ。

オンロードでもシャープなクルマだ。

さて、
どんな結果なのか。

続きは次のブログで。
お楽しみに。


Commented by hiromatu0316 at 2019-03-30 13:45
こんにちは。
茨城県の松田です。
以前の相棒だったXTの登場で嬉しくて書き込みしています。手放すまで15年間乗りましたが最後まで楽しく、そして頼もしい車でした。
社長がどんな紹介をするのか、次回のブログを楽しみにしています。
Commented by b-faction at 2019-03-30 15:55
松田さん、こんにちは。外装を綺麗に整えてエンジンオイルも交換し快調です。元々綺麗なクルマなので手を掛けたのですが、その甲斐がありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-03-29 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction