人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パンと梅干

パンと梅干_f0076731_20253939.jpg
これは生で食べる食パンだ。

パンと梅干_f0076731_20255073.jpg
岡山から岡本さんと正保さんが来訪された。

パンと梅干_f0076731_20255888.jpg
岡本さんから食パンを、
正保さんから梅干を戴いた。

いずれも超絶に美味しい。

しかも懐かしくて嬉しくなる味だ。
パンと梅干_f0076731_20080300.jpg
ほのかに甘くて香りが良い。

パンと梅干_f0076731_20082081.jpg
梅干しも良い塩梅だ。


パンと梅干_f0076731_20264908.jpg
甘くて香りが高い。
パンと梅干_f0076731_20265813.jpg
長芋のたんざくあえにして戴いた。

パンと梅干_f0076731_20270569.jpg
ごちそうさまでした。

楽しんで戴けましたか。

またぜひお出かけください。

ほのかに甘いクルマと言えば、
二代目インプレッサのスポーツワゴンを思い出し、
それが続々と入ったのも何かの縁だ。
パンと梅干_f0076731_20274441.jpg
まず赤い鷹の目のFFを磨いて、
パンと梅干_f0076731_20274938.jpg
展示場に並べた。

もう一台WRブルーも入ったので、
テストに備えて整備待ちの状態だ。

そちらは4WDの5速マニュアルで、
赤と同じベースグレードだ。

それとは別にWRXのWRブルーも入って、
現在バラバラの状態で掃除が進んでいる。

それらに負けない面白いクルマがあり、
陰に隠れてしまわないよう、
ピカピカに磨いた。

パンと梅干_f0076731_20275652.jpg
平成18年式のインプレッサスポーツワゴン4WDは、
1.5リットルの水平対向SOHCエンジンで扱い易い。

パンと梅干_f0076731_20280112.jpg
この顔は造形言語の最終形態で、
なかなかクッキリとハンサムだ。

WRカールックなのが解るかな。

バンパーに特徴がありフォグランプも省略された、
いわゆるスポーツルックな「S」の韻を持つ。

これが今も時々誕生する、
聞き慣れた1.5i-Sの先祖なんだ。
パンと梅干_f0076731_20280752.jpg
フロントフォグは省略されたが、
リヤビューはオッドアイになっている。
パンと梅干_f0076731_20281400.jpg
フォグランプスイッチを押すと、
前では無くて後ろが点灯する。

パンと梅干_f0076731_20282113.jpg
良く点けっぱなしで走る人がいる。
欧州車に目立つので、
使い方を知らずに乗る人が多いのだろう。

霧の無い夜は、
後続車に迷惑をかけるので、
絶対に点けないよう注意しよう。
パンと梅干_f0076731_20283164.jpg
シートもバケット風でカッコ良いし、
室内も綺麗でなかなかお目に掛かれない良質車だ。
パンと梅干_f0076731_20080819.jpg
クリスタルグレーのボディと、
スポーティーなインテリアが上手く調和して、
とってもハイセンスにまとまっている。

ホイールは趣味で選んだ。
気に入ってもらえるだろうか。

STI風のメーターも魅力だ。
パンと梅干_f0076731_20081390.jpg
車検をしっかり受ければ相当長く乗れるだろう。
まだ6万3000キロ程度しか走っていない。


こういう珍しいスバルを、
丁寧に熟成させるのが大好きなんだ。


冒頭のパンや梅干しの味がするからね。

5速マニュアルの軽量な4WDは、
とっても運転が楽で、
マニュアルに乗りたい人の練習にうってつけだ。

逆にターボまでのパワーは苦手な人に、
万能車として向いているかもしれない。

こんなスポーティなワゴンのだから、
S204風のフェイスも似合うんだな。

これはワンオーナーの良質車なので、
エンジンの調子も良い。
水平対向4気筒エンジンはELではなくEJ15を搭載して、
過激に吹きあがるので回せる人には面白いはずだ。

そう、
それに5速マニュアルで17インチアルミでバケットタイプシートときたら、
絶対に4輪ディスクブレーキが欲しいよね。

そこも押さえてある魅力的なくるまだ。

おさらいしてみよう。
ルミネセントメーターに、
ワイパーディアイサ-やリヤフォグなどパッケージが付いて、
リヤスポイラーも備えている修復歴のないクルマだ。

大事に乗ってくれるマニュアル好きにお渡ししたい。

最近、
とても嬉しいんだ。

若い人がマニュアルに戻ってくれている。

伊勢さんもその一人だ。
パンと梅干_f0076731_20283691.jpg
愛機BRZと一緒に、
ドライブエクスペリエ(DE)に参加された。

若いので癖がすぐ抜けて、
ステアリングワークとブレーキ操作がスムーズになった。


正しい操作を知るだけで、
マニュアルの面白さが100倍くらい変わるのに、
知らない人が多いからね。

少しでも「お役に立てれば」と始めたが、
徐々に浸透してマニュアルが復権してきた。

やっぱり面白いクルマしか生き残れない。

混じりけの無い、
美味しいモノしか生き残れないのと同じでね。

道具じゃないんだ。
クルマは家畜なんだ。

それは真実じゃないかな。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-04-01 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction