人気ブログランキング | 話題のタグを見る

マニュアル車の楽しみ

マニュアル車の楽しみ_f0076731_21123256.jpg
「このミニカーは僕が持ってるより、
インプレッサハウスに飾って下さい」
大宮君から供託を受けたので、
有難くいただいた。

他のミニカーと一緒に運ぶため、
久し振りにインプレッサハウスに向かった。

扉を開けて中に入り、
ちょっと思案した挙句、
少しコーナー別に分ける事にした。


マニュアル車の楽しみ_f0076731_21123889.jpg
まずトラックや重機を隣に並べた。

中原さんに直して戴いたおかげで、
コレクションに深みが増した。
マニュアル車の楽しみ_f0076731_21124387.jpg
最近手に入れた3台のバスも、
上の段に並べこちらもバスコーナーに改めた。
マニュアル車の楽しみ_f0076731_21130289.jpg
ロンドンバスや、
富士重工製のハイデッカーも存在感を増した。
マニュアル車の楽しみ_f0076731_21131213.jpg
この二つのオリジナルバスも、
相変わらず最高の存在感を放つ。

バスも全てオートマチックになったんだろうか。

バスの運転手が、
ゆっくりとダブルクラッチを踏む操作が不思議で、
子供の頃にずっと見惚れてた事を思い出した。

マニュアル好きは後を絶たないが、
もう乗れる車種が限られてきた。

確かに出張中レヴォーグで楽しく走ったが、
マニュアル以外のクルマを愛機にするつもりはない。

マニュアル車の楽しみ_f0076731_21195440.jpg
そんな同士の一人がいらっしゃった。

尼崎市からS204をこよなく愛する浅野さんが来訪された。

マニュアル車の楽しみ_f0076731_21200077.jpg
ステキなお土産をありがとうございました。

改めてじっくり紹介させていただきます。

というのも、
兼藤さんにお買い上げいただいた、
とっておきのってマニュアル車をテストする時間が迫った。
なので、
仕上がったレガシィにパッと飛び乗って、
すぐさま高速道路に向かった。
マニュアル車の楽しみ_f0076731_21131955.jpg
6速のトランスミッションを持つGTだ。


マニュアル車の楽しみ_f0076731_21133108.jpg
絶好調だ。

やっぱりトルクがあると乗り易い。

グーンと加速しながら驚いた。
マニュアル車の楽しみ_f0076731_21133982.jpg
除雪車が出動したほど雪が降ったようだ。

四月になって雪が積もるとは、
みんなびっくりしただろう。

東京は雨だったけど、
戻る途中の富士山も真っ白だった。

マニュアル車の楽しみ_f0076731_21134532.jpg
毎年豪勢な花を咲かせる「しだれ桜」も、
何となくいつもより早めに満開だ。

それが積雪になるほどの寒波で、
きっと調子狂っただろうな。

会社まで戻ると、
マニュアル車の楽しみ_f0076731_21135016.jpg
西の空に彩雲が出てるじゃないか。

何となく良い事がある予感だ。
マニュアル車の楽しみ_f0076731_21135526.jpg
随分飛ばしたのに、
思ったより燃費が良い。

これで安心してお渡しできる。

テストが終わると、
待ち人が現れた。

マニュアル車の楽しみ_f0076731_21140112.jpg
群馬からインプレッサの父が来訪された。

マニュアル車の楽しみ_f0076731_21200643.jpg
ステキなお土産をありがとうございました。

馴染みの居酒屋に行き、
冷蔵庫を覗くと良い酒が隠れていたので、

マニュアル車の楽しみ_f0076731_21140677.jpg
二人でジャブジャブ飲んだ。

マニュアル車の楽しみ_f0076731_21141181.jpg
これは美味い。

マニュアル車の楽しみ_f0076731_21142112.jpg
素朴な味に良く合う。

味噌おでんに、
中津川の名産品の「あじめこしょう」を掛けて食べた。

いやー、
本当に美味しかった。

インプレッサの話題が尽きなくて、
あっという間に深夜になった。

楽しく過ごさせていただきました。
またぜひお目に掛かりましょう。

Commented by 中原 at 2019-04-12 23:55 x
ミニカーレストアをお願いされて1年が経ち、自分で言うのもヘンなんですが、改めて見ると七福さんのバスはイイ味してますね。

「七福」の書体がまたなんとも言えない絶妙な風合いですからね。
あの時は「煮ても焼いても食えないんだよナ、マイクロバスって」と少し思っていたのです。
ボクは乗用車ばかりのミニカーコレクションですからバスってやったことなかったんですよ。
だけどローザは思いっきり昭和のマイクロバスの匂いプンプンでしたから、「昔ながらの佇まいのある温泉街に行ったらこんな旅館のバスが当たり前のように風景に溶け込んで走ってるだろうな?」的な雰囲気にしたかったのです。

そんなアイディアを盛り込んでみて大正解でしたよ。
Commented by b-faction at 2019-04-13 00:55
中原さん、ありがとうございます。くたびれはてた、あのミニカー達を蘇らせたからこその深い味ですね。改めてありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-04-12 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction