人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大人の味

段ボール箱に野菜が入っている。
大人の味_f0076731_20404375.jpg
おお!
立派な萱草の若芽だ。

やはり商品として、
キチンと売る地域もあるんだ。
大人の味_f0076731_20404975.jpg
それにしても立派な牛蒡だ。
特に真ん中の太いヤツは、
まるで長芋のようだ。

どんな料理が似合うかな。
帰国したら妻が腕を奮う。

赤い野菜はウドだ。

無性に食べたくなった。

この日の朝、
活力朝礼でブルーベリー畑の草をむしったら、
上手そうな匂いがして涎が出たばかりだ。

晩酌が楽しみだった。

家に帰って風呂から出ると、
大人の味_f0076731_20405642.jpg
まず若芽の胡麻和えが登場した。
大人の味_f0076731_20410418.jpg
酢味噌も良いが胡麻和えも美味い。

次に出た料理は始め見当がつかなかった。
大人の味_f0076731_20411350.jpg
つまんでみると、
きんぴらのようだ。

新鮮な食材だと触れて感じる。
大人の味_f0076731_20411969.jpg
口に含む。
噛みしめる。

キュッと味が染み出る。

これも美味しい。
ウドで作ったきんぴらだ。

ちょっと苦みがあり、
そこがまた旨い。

ビールが進む。

もう一つのお土産は、
ジャズボーカルのCDだった。
大人の味_f0076731_20412640.jpg
YOKOさんのボーカルは、
実に穏やかで心地が良い。

どれもこれも大人の味が溢れている。

東京からアウトバック3.6Rのオーナー、
松野さんがいらっしゃった。

大人の味_f0076731_20413202.jpg
経験を積み重ねた、
実に渋い大人の味が漂っている。

YOKOさんのアルバムも、
松野さんが手がけたものだ。

彼は中津川周辺にも詳しく、
一泊計画で来訪され、

大人の味_f0076731_20413731.jpg
翌日には地元産の豆腐も頂いた。

良い物をよくご存知だ。
この豆腐屋も良い水を使うので美味い。
大人の味_f0076731_20414429.jpg
「ざる豆腐」はかなりの味だ。

好きな食べ方は、
人肌ぐらいまでレンジで温め、

大人の味_f0076731_20414930.jpg
卵かけご飯用の醤油を垂らす。

最高に美味しい。

こんな大人の味がする、
大人の味_f0076731_20415699.jpg
レガシーツーリングワゴンを入手した。
第3世代の水平対向エンジンを持つ、
ビッグマイナーチェンジ後の良いクルマだ。

なかなか忙しくて、
まだ遠くまで連れ出せない。

だから
その実力をまだ充分引き出せない。
とりあえず、
帰宅する時に乗って、
大人の味_f0076731_20420162.jpg
朝いつものように出勤した。
良いなぁ。

大人の味_f0076731_20420708.jpg
まさしく大人の味がする。、
最後のツーリングワゴンだ。


大人の味_f0076731_20421320.jpg
SUBARUは、
レガシィの使命が終わったと暗示する。
それは嘘だ。

この資産は、
トヨタならクラウンに匹敵する。
失うのは余りにも惜しい。

トヨタはクラウンのワゴンを、
時流に合わせ後出しジャンケンで出した。

そこは性根が違う。
フラッグシップの必要性を、
大人の味_f0076731_20422017.jpg
このクルマに乗って改めて感じた。

売り方が解らないんだろうな。

ユトリ達には、、、。

国内の生産体制は、
確かにギリギリだった。

しかし、
それを乗り越え、
ここまで来たことを、
決して忘れてはならぬ。

レガシィを作り続けたからこそ、
いまの地位が築けたのだ。

久しぶりに、
大人四人で乗った。
大人の味_f0076731_07212327.jpeg
静かだし乗り心地も良い。
大人の味_f0076731_07220751.jpeg
復活を望みたいが、
難しいかな。

各自が己の置かれた境地を、
改めて自覚しないと、
奈落がすぐ側で口を開けている。

それだけは、
心に刻むと良い。


最近リフレッシュの依頼が増えた。

このクルマにも知見の蓄積がある。
大人の味_f0076731_07265754.jpeg
このツーリングワゴンは、
まだリフレッシュを施していない。
ところが、
信頼性はまだ抜群だ。

だから、
先代以上のロバスト性を、
リアルタイムで体感している。
大人の味_f0076731_07283712.jpeg
当たり前に、
この燃費を叩き出す。

良い個体を楽しむのもアリだな。
大人の味_f0076731_07241519.jpeg

レガシィというクルマは、
本当に奥が深いね。

作る人が一味違うからだろう。

さて、
レガシィツーリングワゴンで、
一体どこに向かったのか。

それはベトナムだ。

販売の最前線をみた。

どんな話題が飛び出すのか、
こんごのお楽しみに。

Commented by 近江三郎 at 2019-04-17 13:01 x
あれまぁ~実家の近くのあの道だわ。
Commented at 2019-04-17 16:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2019-04-19 10:37
加藤さん、そこが一番困る所ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-04-16 22:00 | Comments(3)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction