人気ブログランキング | 話題のタグを見る

すき焼き

すき焼き_f0076731_20273616.jpg
久し振りのすき焼きだった。
好きな具ばかり入っている。
すき焼き_f0076731_20275218.jpg
まずビールで乾杯だ。

すき焼き_f0076731_20275954.jpg
最初から卵を混ぜないので、
先に白身から減っていく。

その味と舌触りの変化が好きだ。

すき焼きってガッツリ来るよね。

ドンっと美味しさが胃袋に入ってくる。

合わせてワラビの初物を食した。
すき焼き_f0076731_20280495.jpg
東京の松野さんに戴いたワラビは、
食べた事が無い美味しさだった。

あらかじめアクが抜いてあり、
下処理の方法が良かったのかもしれない。


モチモチした、
アスパラガスみたいな、
癖のない味だった。


すき焼き_f0076731_20281073.jpg
美味しくいただきました。

ありがとうございます。


すき焼き_f0076731_20282029.jpg
その日はB4で狩りに出かけた。

最も魅力的なリミテッドのブラックボディだ。
すき焼き_f0076731_20282609.jpg
B4に乗るのは久しぶりだった。
運転席に座って周りを見回した。

調整幅の大きな本革製のシートには、
ポジションメモリーが付いている。
なので、
一度正確に合わせれば、
他の人が乗った後でもワンプッシュで済む。
だからドラポジ合わせが要らない。
すき焼き_f0076731_20283176.jpg
やっぱり正統派のセダンは良いね。

広々として心理的余裕が大きくなる。
すき焼き_f0076731_20283789.jpg
レガシィらしさを踏襲したセレクター周りだ。

アメリカ的な無機質さが良い。
すき焼き_f0076731_20284240.jpg
左右のクラスターにはお馴染みの装置が付く。

右はEyeSightとSI-DRIVEの操作系。
すき焼き_f0076731_20284732.jpg
左はオーディオとクラスターに寄り添う形で、
マルチインフォメーションディスプレィの切り替えスイッチがある。

オーディオはハーマンカードンで、
起動させると大きなディスプレイにスターリンクの文字が出る。

すき焼き_f0076731_20290154.jpg
ハーマンカードンを鳴り物入りで採用したが、
最近は見ることが少なくなった。

実際のところ、
初めて見て聞いた時に標準品との差が良く理解できなかった。
すき焼き_f0076731_20290616.jpg
マッキントッシュを初めて聞いた時のインパクトが凄すぎて、
きっと麻痺してしまったのだろう。

何よりもうれしい装備が、
大きなサンルーフだ。
すき焼き_f0076731_20291655.jpg
花粉と黄砂の季節は不要だが、
この先の新緑と秋の紅葉のシーズンには欠かせないアイテムだ。
すき焼き_f0076731_20292203.jpg
本当に大人のクルマだ。

どこまでも走っていきたくなる。
隔絶されて応接室に居るような静かさではない。
すき焼き_f0076731_20293303.jpg
クルマらしい音がちゃんと入って来る。

でも静かさの絶対値は間違いなく高い。

レガシィのインテリジェントモードは、
かなり元気良く走るので、
初めてオーナーになった人はさぞかし驚いただろう。

このクルマからアウトバックとの違いが歴然となった。

アウトバックの鷹揚さも好きなのだが、
B4の並々ならぬパフォーマンスには驚かされる。

つまり、これと言った飛び道具が無いのに、
普通に乗っても速くてスポーティなのだ。

すき焼きの味なんだな。

このサイズのフォーマルセダンは、
おおよそどこのクルマもオブラートで包んだような味になる。


ダイレクト感が無い代わりに、
何かに包まれたように快適で静かだ。


ところがB4はガツンとした美味しさを持ち、
「こりゃなんだ?」と目を見張らせる時がある。

S#をほとんど必要としなかった。
すき焼き_f0076731_20293937.jpg
この堂々としたサイズ感が良いね。

THE B4はいかがですか。
当時の新車価格は323万円だ。

このエンジンは175馬力で235ニュートンと平凡だが、
恐らく現在のSUBARUにおけるパワーユニットで、
最もリニアトロニックと相性が良い。
大きく見えるので重く感じるかもしれないが、
B4はレヴォーグのSTI2.0GTより40kgも軽い。

なのでNA2.5リットルエンジンの素性の良さが、
B4と良く整合しアクセルに対する追従性が俊敏だ。

面白いクルマだね。

そのB4で往路を走り、
連れ帰ったのがこの子だ。
すき焼き_f0076731_20294469.jpg
排気量も対極で、
形も対極で、
トップグレードに対してベーシックグレード。

すき焼き_f0076731_20294996.jpg
同じ系統のエンジンで、
2.5リットルがオーバースクエアなのに対して、
こちらはロングストロークになっている。

そこが面白い。

2.5は排気量の余裕でトルクを稼ぎ、
ショートストロークでバーンと回るエンジンだ。

1.6は低排気量のトルク不足を高回転まで回して補う。

ロングストロークなので、
回転フィールが悪いかと言えば決してそうではない。

そこは水平対向エンジンの長所を生かし、
高回転まで伸びやかに回る。

インプレッサは回して乗るクルマなのだ。
すき焼き_f0076731_20295503.jpg
室内の仕立てもB4に負けず劣らずだ。

しかも質感が良い。

NVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)はレガシィのように、
クレードル構造に裏打ちされた優秀さではない。

その骨格とボディから自然に湧き出るモッチリ感が、
何とも言えない気持ち良さを産む。

これが下剋上の正体だ。
クルマ全体で雑味を吸収する、
このモチモチ感はあの美味しいワラビの噛み応えに似ていた。

SGPの優秀さを物語るシャシーの質感だ。


すき焼き_f0076731_20300158.jpg
マルチファンクションディスプレィを持ち、

すき焼き_f0076731_20300711.jpg
LEDのステアリングレスポンスドヘッドライトも付いて、
200万円を切る193万円と言う驚きの価格だ。

正直に言うと、
すき焼き_f0076731_20301309.jpg
インプレッサはFWDの方が絶対に面白い。

これにB4のエンジン積んで、
安くて面白いSTIを作るのが、
新社長の方向性の一つだと思う。

いかがでしょうか。


Commented by ken-bl5d at 2019-04-27 20:27
代田社長今晩は 秋山です。

インプレッサのFWD2.5リットルStiチューンモデルお話し頂いた通り凄く面白いと思います。

BN型B4の記事が有ったので社長のコメントが聞きたいのですが

2月のシカゴオートショーで発表になった次期型B4ですが国内販売が怪しくなりラインナップから外れる可能性が出ました…
今月初め新聞紙上にB4の国内生産を
2020年秋に終了すると発表しました

現行の販売がラインナップ中最小で売れないし、スバルの事情も解りますが
1年半も前に売れないと決め付けるのは間違いです。待っている方は必ず居ますし、2.4直噴ターボ(太田生産でもありますし)を投入すれば販売増が見込めるはずです。
新型アウトバックは国内生産しますが
アウトバックのみのラインナップでは弱いと思います。

新型B4は米国生産の輸入を検討との事ですが国内販売をもししないなら
もう「レガシィ」を名乗るべきでは無いと思います。
代田社長のお気持ちをお聞かせ下さい。
Commented by b-faction at 2019-04-27 21:32
秋山さん、今晩は。新型アウトバックを国内で生産することが決っているのでしょうか。その辺りは僕の知り得ぬ範囲なので何とも言えません。ギリギリの生産体制だったので、一連の問題を解消するために大幅に生産設備に手を入れるのではないかと投資額を聞いて感じておりました。米国と日本の生産能力をバランスさせるには良い方法だと思いました。能力増強はアメリカの立地を見ると十分可能ですが、日本で同じように増強するのは無理だと思います。有力なサプライヤーもすべて米国に進出していますから、レガシィは割り切って米国生産だけに絞り込んだ方が良いと、過去に輸入した経験からも思います。向こうから持ってくることはそれほど難しくないですよ。日本で絶対に作らないといけないのはWRXです。この戦闘機を失う事はスバルにとって大東亜戦争終結並みの出来事です。
Commented by ken-bl5d at 2019-04-27 22:07
代田社長コメントありがとうございます。
おっしゃる通りギリギリの生産体制なのは理解しているのでレガシィの国内生産縮小は致し方ないかもしれませんが寂しい限りです。
今後の国内需要を考えると米国からの輸入も良いと思います。

WRXは走りのフラッグシップですし
インナーフレーム構造によるSGPモデルになるのがとても楽しみですが、
FA型エンジンは直噴ターボですしEJ型の様にシャープには吹き上がりが難しいのでどの様に仕上げてくるかが気になります。でも凄く楽しみです。
Commented by b-faction at 2019-04-28 12:31
どういたしまして。次期モデルに期待しましょう。
Commented by MABE at 2019-04-28 17:16 x
代田社長、こんばんは。

横浜在住の安部です。

私の愛機と同じB4の記事をうれしく拝読いたしました。
私にとっての初のスバル車は全くおっしゃる通りの印象で良い意味で驚くクルマです。

三年経ちましたが走るほどに新たな発見も多く、本当に素晴らしいクルマですね。

声が出ないとのご投稿を拝見しましたが、どうぞくれぐれもお大事になさってください。
Commented by b-faction at 2019-04-28 20:17
安部さん、今晩は。B4良いですよね。最新型も熟成が効き上質になりました。初期型の方がスポーティなので、スバル好きにはマイナー前の方が好まれるかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-04-26 22:00 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction