人気ブログランキング |

爆睡

思いがけないクルマが待っていた。
1月のオートサロン以来だ。
f0076731_16023322.jpg
当時はプロトタイプだったが、
立派に特別仕様車としてデビューした。
5月7日に正式発表され、
8月下旬から発売になる。

テンロクのGT-Sがベースで、
その手法はチャールサイトイエローのBRZだと思えばよい。

名古屋スバルの小笠原社長が熱心に覗き込んでいた。
f0076731_16023902.jpg
何か面白い所がありますか、
と尋ねたら、
「これを見るのは初めてなので」と仰った。

レヴォーグらしく質感の高い内装で、
初心に戻ってブルーアクセントを際立たせた。

アドバンテージラインは、
レガシィから引き継がれた完熟期の特別仕様車だ。

これは後々になって価値が出るから、
購入を検討している人は対象にすると良い。

価格はアウトバックの特装車ともろにかぶる。
なので、
商品特性をよく考えて、
迷う楽しみを味わおう。

このクルマが出たので、
好調だったV-SPORTはカタログモデルになった。

他にも消費税込みで300万円を切る、
スマートエディションもカタログモデルに昇格した。

「国内市場を軽視しない」

吉永さんがその信念を形にしたクルマだ。
f0076731_15592204.jpg
その上で米国市場を熟知していないと、
今の国際情勢でクルマビジネスに活路を与えられない。

グローバルな視点が大切だ。

米国でレガシィを立ち上げた時に、
大変苦労された経験を持つからこそ、
今のSUBARUの成長がある。

約束通りお目に掛かれて嬉しかった。
f0076731_16002289.jpg
クルマの展示を抑える代わりに、
数か所にフォトスポットを用意して、
参加者が気軽に写真を撮影できる場所を用意した。

今回の年間表彰式典は、
昭和57年に初参加して以来、
最も温かみのある優れた演出だった。

昨年来の苦境から脱出するために、
吉永さんは会長職として持てる力をフルに発揮し、
国内生産体制に喝を入れている。

使うお金も桁違いで、
その本気度は相当なものだ。

「新社長の中村さんだけに苦労は掛けない」
その思いがジンジン伝わってきた。

社長業は業界団体の集まりや、
国土交通省など国との接点として多忙を極める。

それらを省けないからこそ、
吉永さんが黒子役で手腕を発揮するのだ。

その苦労も相当なものなので、
この機会にぜひ一緒に飲みたかった。

暖かさは料理にも表れていた。
f0076731_16024584.jpg
良よりも質を徹底的に高め、
余分な時間をなるべく取らず、
味を楽しむ時間に傾注していた。

そのため、
コック長の料理説明などは無いが、
余計なお品書きを出すより、
美味いモノを喰わせて驚かす方が良い。

新鮮な刺身の組み合わせが抜群だった。
それに黄色いクリームが謎的な味のアンサンブルを添えた。

美味い。

f0076731_16025385.jpg
ステーキも肉質はジューシーで、
余計な脂が一切なく、
レヴォーグ1.6GTの味覚にそっくりだった。

上に乗ったフォアグラが、
まるでコンチネンタルタイヤのように良い味を引き出した。

操舵応答性が抜群なクルマのように、
狙った味をピタリと引き出した。

エンターテイメントにも最高の配慮がなされ、
佐藤国内営業本部長と、
松木常務が財津和夫を挟み込む形でスタートした。
f0076731_16025836.jpg
大好きな曲を沢山この世に溢れさせた、
まさに時代を代表したアーティストだ。

病気を克服しながら、
張りのある歌声を維持する姿に感動した。

暖かさのあるエンターティナーなので、
奥田社長はさぞかし安堵したのだろう。

爆睡していた。
f0076731_16030465.jpg
余りの爆睡振りに呼吸しているか、
ちょっと心配したほどだが、
そんな事は余計なお世話だった。

全曲が終わり舞台のそでに財津和夫が下がった。

猛烈なアンコールの嵐の中、
再び彼は登場し名曲を歌いながらこちらに歩み寄ってきた。

まだ爆睡してるので、
きっと彼も心配になったのか、
近寄って肩を組んで歌い始めた。


会場がどっと沸いた。
奥田社長は一瞬目覚めたが、
彼が立ち去ると再び深い眠りについた。

流石に岐阜県一の販売実績を誇るだけあり、
彼は相当の大物だ。

というよりも、
それほど温かみのある式典だったと証明された。

三次会の席で、
その時の様子を離すと、
f0076731_16030976.jpg
彼は全く覚えていないと言った。

「勿体ない事しちゃったね、へへへへ」
屈託なく笑った。

ここが彼の持ち味だ。

確かにもったいない。
チャンスは活かさないと。

翌日も色んなチャンスが待っていた。
f0076731_16031581.jpg
全く予期していなかった平安神宮が現れた。

お参りしなくちゃ。
f0076731_16032104.jpg
ここは空気が全く違う。

お守りをもらって帰ろう。

妻はちゃっかりと御朱印帳を持参していた。
f0076731_16032772.jpg
「ワタシは集合時間ギリギリまで並んでみる」
頑張ってね。
一か八かの挑戦だった。

目的を終えて門まで戻ると、
妻が嬉しそうに立っていた。

「運よく前の二人が抜けたので無事に御朱印をいただいた」
f0076731_16033295.jpg
他にもラッキーなことが沢山あり、
厄年を抜け出る兆しが見えた。

温かみのある式典をありがとうございました。
f0076731_16033783.jpg
また、
是非お目に掛かり、
たくさん飲みながら凄いスバルを語りましょう。

吉永さん、
楽しみにしています。
ありがとうございました。

by b-faction | 2019-05-16 22:00

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction