人気ブログランキング |

WRXって良いね!

久し振りに白いWRXに乗った。
f0076731_17115706.jpg
最もスパルタンなRA-Rに乗ってたが、
展示するクルマが全くなくなってショールームに収まった。

こうして乗れなくなると良くわかるが、
やっぱり最も好きなスバルなんだよね。

だからたまには感性だけで語るのも良いよね。

フロントビューで一番好きなのが、
最終的に最も完成度を高めたフロントバンパー周辺だ。

スバルデザインの拘りを感じる。

最初に見た時に、
デザイナーの河内さんが詳細を語ってくれた。

あれから二年くらい経つけど、
今見ても新鮮さが全く損なわれずイイ感じだ。

グリルの造形とマテリアルの組み合わせ、
それにピアノブラックのベゼルがよくマッチする。

口元が綺麗で品があるね。
f0076731_17120260.jpg
お尻も上品だ。

この角度が一番キレイだ。
最もSTIのバッヂが似合うは、
やっぱりWRXだとつくづく思うね。

トランクのリップスポイラーもピアノブラック仕上げだ。
アダルトな雰囲気が素敵だ。
f0076731_17120774.jpg
STI SPORTに共通する雰囲気のホイールは、
黒ではなくグレーで仕上げられこちらも渋い雰囲気が漂う。

これって、
こんな風に感じないか。

つまりクルマ好きなら老若男女を問わない!

ロマンスグレーの紳士から、
クルマ好きの若い女子まで、
資金さえ許せば違和感なく乗れる。
f0076731_17121261.jpg
割高に感じる輸入車に、
これは決して負けないし、
むしろかなりアドバンテージを感じる質感だ。

初めてレカロ仕様の現行WRXに乗った。

やっぱりレカロの味は違うね。

実は最初、
妻の運転で助手席に乗った時、
「ゴツゴツするな」と感じた。

正直に言うと、
その時はもっと深みが欲しいと感じた。

ところがステアリングを握ると、
今度は抜群に刺激的でゼンゼン違う。

これくらいでちょうど良い。
f0076731_17121904.jpg
コックピットは至れり尽くせりで、
何不自由ない。

その辺りは今更何も述べる必要はないだろう。

とにかくシートがイイんだ。

疲れない。
RA-Rも悪くないけど、
安いシートとの差がこれほどあるとは思わなかった。

パワーシートなので重い所が難点かもしれないが、
このクルマには関係ない。

だってパワーは十分だもの。
実用性も高くグランドツーリングにも良く、
ホールド性も秀逸で飽きがこないクルマだ。

f0076731_17122828.jpg
200km以上走らないと、
クルマの真実は語れない。

出来れば600km走りたかったが、
今の状況ではその時間が取れない。

帰路はS#にぶち込んでフルスロットルを踏んだ。


トントントンと8段変速が小気味よい。

後ろを走っていたレヴォーグが、
ルームミラーの中であっという間に小さくなった。
f0076731_17123331.jpg
それでいて、
200kmの平均燃費は11.1km/Lだ。

このメーターに常時入れておくと良いね。
f0076731_17123903.jpg
ドラマチックに針が動いて楽しいよ。

後席も広くて、
ちゃんとした5人乗りとして通用する。

f0076731_17124315.jpg
ドライバーが愉しければ、
パッセンジャーもも楽しい。

f0076731_17124979.jpg
4人で広々使うのも良いね。

f0076731_17125463.jpg
このクルマ、
裸の価格は消費税別で382万円だ。

これはとても安い値付けだ。

他社にはなかなかこのパフォーマンスを発揮するクルマが無い。

あっても欧州車や、
一部の国産プレミアムブランドなので、
ちょっと価格の差が大きすぎる。

こんなに刺激的で面白いクルマが、
400万以下の値付けか。

f0076731_17341832.jpg
この心臓だけでも相当な価値があるけどね。

日本は今、
景気の状況が悪くないが行き先が不透明だと言われる。

そうだろうか。

ちゃんと働いて、
世の中に無いモノをクリエートし、
世界の先端を走れば将来は明るい。

そのためにも、
こんなクルマを手足のように使って、
ハツラツと生きようじゃないか。


ネット社会に溺れて、
闇の中で生きてはだめだ。

現物を見て、
もっと躍動的に自分自身で動き回ろう。

そうなれば未来はとても明るいと思う。

どうだい。
そう思わないか。

by b-faction | 2019-05-23 22:00

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction