人気ブログランキング |
ブログトップ

中津スバルの濃いスバリストに贈る情報

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

この胸の高鳴り

今日は朝ドラで始まった。

と言っても、
今日は日曜だから、
NHKの連続テレビ小説じゃない事は解るよね。

ドラとは昨日戴いたどら焼きの事だ。
f0076731_18540054.jpg
これには梅が入ってる。

f0076731_18540506.jpg
味の想像がつかないが、
塩梅と言うくらいだから、
塩味を連想して齧り付いた。
f0076731_18541131.jpg
一口目で頭を出した。

つぶ餡の香りが良く、
カステラの甘さと良い感じで交わる。

文句のつけようがない味だ。

小手先で作るどら焼きが多いこの頃、
これにはやっぱり「本気度の違い」を感じた。
f0076731_18541654.jpg
で、
梅はどうなのか。

齧ってみた。

濃密な甘さだ。

良く出来ている。

軽い甘さだと全体の味を壊す。

ところが、
カステラから餡に味が加速し、
更に梅の味が飛び出して引っ張る。

その内、
他の二つの味も二段構え加速して、
梅の濃密な甘さを集団に吸収する。

まるでツアーオブジャパンのゴール手前で、
飛び出した先頭自転車が、
後ろから加速した集団に吸収される時のようだ。

実にドラマチックな味だった。

中田さん、
ありがとうございました。

朝ドラで仕事を加速し、
お客様の来訪を待った。
f0076731_18542144.jpg
朝礼が終わると、
塩尻から武居さんが来訪された。

このR1を徹底的にリフレッシュして、
また元のように蘇らせる。

お土産を戴いた。
始め見る塩尻の逸品だ。
f0076731_19473526.jpg

包みを解くと、
二つの箱が現れた。
f0076731_19474307.jpg
どちらにも深い訳がありそうだ。

単なるブランデーケーキではなさそうだ。
f0076731_19475909.jpg
実は妻はブランデーケーキが大の好物だ。

左側の作品は先の妃殿下であらせられる、
美智子さまもお気に入りだ。

塩尻を訪問された折、
それを食す機会があり、
たいそうお気に召して買い求められたそうだ。
f0076731_19480569.jpg
社員の楽しみとなった。

また、
ステキなお酒も頂いた。
f0076731_19480985.jpg
まず大好物の純米無濾過生原酒だ。

スペックを見て、
最近おおよその味が頭に浮かぶ。
f0076731_19481406.jpg
酒米の特徴は知らないが、
米を55%に磨いて発酵を17度で止めた。

日本酒度は+2か。

かなり凝った事をする杜氏だな。
クルマに例えると、
あまり硬めのダンパーではないが、
良く動く足で伸び側が少しきつめ。

倒立式で横剛性が高く、
操舵応答性が良い。

これを酒の味に応用すると、
呑み味は柔らかめで、
余り舌に残らず食べ物も引き立てる。

喉越しが良いのでクイクイと行けそうだ。

これは楽しみなお酒だ。
f0076731_19481837.jpg
この大吟醸も、
スペックを見ると面白い。

カヤバの出したBP5用オリジナルダンパーの味を思い出した。

当たってるかな。
呑むのが楽しみだ。

先日大阪で、
スペックの高いお二人に会った。

石川部長と重野部長だ。
f0076731_19482350.jpg
スバルの国内販売を司り、
日々活躍されているお二人だ。

重野さんは今年から国内マーケティングを担い、
その辣腕を奮っている。

また点が線に繋がる・・・・、
その時ふと思った。

今日はツアーオブJAPAN2019のフィナーレだった。

美濃市で初めて出会った、
孫崎選手が気になって仕方が無い。
f0076731_19482854.jpg
自動車のレースでは感じない、
少し異なる胸の高まりを、
水曜日以来ずっと抱いている。

品川でも美濃市のステージと同じように、
逃げる2台を集団が吸収すると、
ゴールに向かってスプリントが始まった。

今日も震えるほど興奮した。
遠くから狙った映像は、
蜂の大軍が押し寄せてくるような、
壮絶な凄味を見せたのだ。

美濃市のステージを再現する様な、
とてもドラマティックなゴールだった。
f0076731_19483675.jpg
落車した選手を仲間が寄り添いながらゴールさせる。

感動的な場面だった。
チェーンはちぎれウエアはズタズタだ。

擦過傷が軽度だと良いが。
肉が削れるようなことはないだろうが、
f0076731_19484690.jpg
半ケツ状態の後姿を見ると、
正規のウエアが高い防御力を持つ事をうかがわせる。

優勝したのはブリヂストンチームだ。
f0076731_19485419.jpg
アイアンマンも2位に入った。
美濃ステージの勝者クレダーも8位に入った。

そして孫崎選手もトップ10に入っている。

ブリヂストンチームの皆さん、
おめでとうございます。
f0076731_19490033.jpg
あのオーラはやはり感じた通りだった。

優勝した窪木選手のインタビューも良かった。
f0076731_19490684.jpg
「ずっとリードアウトしてた窪塚選手のおかげだ。
逆の立場なら彼が勝者となった」

グッとくるじゃないか。

続いて大活躍したブリッジレーンのハーパー選手が登場した。
f0076731_19491117.jpg
個人総合時間賞の次に、


f0076731_19491739.jpg
新人賞まで奪取した。

おやっ?

見覚えのある後姿だ。
f0076731_19492402.jpg
新人賞の白いウエアのプレゼンターは、
スバルの重野さんだった。
f0076731_19492931.jpg
カッコイイね。
SUBARUは実にこのレースを引き立てる。

f0076731_19493536.jpg
重野さん、
また飲みましょう。
f0076731_19494382.jpg
キッズからの、
花束プレゼントも素敵だ。

f0076731_19495160.jpg
そしてチーム右京は団体総合時間賞を獲得した。
f0076731_19495756.jpg
おめでとうございます。

監督さん、
f0076731_19500348.jpg
撮影させていただき、
ありがとうございました。

f0076731_19501112.jpg
カッコイイレヴォーグの写真、
使わせていただきます。

マービックのイエローと、
シマノのハイパーブルーが抜群に映えた。
f0076731_19501899.jpg
とにかくスバルは走る姿が美しい。
このブルー、
とても素敵だね。

この胸の高鳴りは何だろう。

今日は工房で大きな仕事が進んでいた。

横浜の山林さんからお預かりしている、
二代目インプレッサのリフレシュを、
北原課長が集中して進めていた。
f0076731_19502722.jpg
レヴォーグの直系のご先祖様だ。

当時、
拡幅ボディを、
フルモデルチェンジで同時開発すると言う、
スバルの歴史に残る画期的なクルマ作りが進められた。

こんなことが出来る人間は、
そう簡単に生まれない。

この時の苦労が水の泡にならず、
現行モデルで開発責任者を明確に分けた。

伊藤健の後を継いだのが、
熊谷と高津だったわけだ。

このシャシーを見ると、
ワゴンも同時に拡幅していたら、
どんなことになったのだろうかと胸が高鳴る。

ただでさえ面白いこのクルマが、
ド迫力のスーパースポーツワゴンになったはずだ。

その野望が結実し、
f0076731_21463296.jpg
点が線に繋がった。

SUBARUって本当にイイネ。
そして本当に面白いね。

その点から線に繋がるクルマを、
f0076731_19503377.jpg
いま、
一切の妥協を捨てて商品化している。

そうなんだ。
f0076731_19504146.jpg
この色、
この形、
この音、

そして・・・・、
f0076731_19504763.jpg
この香り。
段々鳥肌が立ってきた。

この胸の高まりが解った。

WRCにおけるインプレッサWRCの雄姿だ。

あれを味わえて本当に幸せだった。

ツアーオブJAPANは日本に完全に定着し、
素晴らしい感動を与えてくれる。

次は再びラリーオブJAPANを定着させることだ。

この野望も、
点から線に繋がりつつある。

楽しみに待とう。




by b-faction | 2019-05-26 22:00