人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BRZとSVXで復活の兆しを感ずる

BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20382568.jpg
安曇野から小松さんがいらっしゃった。

入院前にお目に掛かれて、
とても嬉しかった。

ノリコちゃんと二人旅で、
なんだかとっても楽しそうだ。

気持は十分すぎるほど理解できる。

久し振りに会うノリコちゃんは、
益々可愛くなったね。

お土産をすごく沢山戴いたそうで、
社員を代表してお礼申し上げます。

チコリ村へランチに行かれている間に、
入院するため出発した。

またぜひゆっくりお話ししましょう。

地下道に、
何か感じるモノはありませんでしたか。

この日の朝、
5時に起きてロードテストを終えた。

絶対にサインしてから渡す。

エンジンに火を入れた時、
気温は13℃だった。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_21415541.jpg
最高のコンディションだ。

途中でアイフォンをフォルダーに載せ記録を残した。

専用のフォルダーでは無いので見難いが、
滑らかにライントレースする様子が見て取れる。

ねっとりと舐めるようにクルマが動く。
北原課長、
ご苦労様でした。

入院中に北原課長のお姉さんから、
お土産を戴いた。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20383165.jpg
冷蔵庫に取っておいてくれたので、
さっそくお昼に戴いた。

付知にある「一茶堂」の味を知らなかった。
驚いたね。

塩見さん、
ありがとうございました。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20383658.jpg
美味しくいただきました。

何が出てくるかドキドキしながら頬張ると、
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20384183.jpg
中からミカンやパイナップルが零れ出た。

オレンジ色はやる気をそそる。
勢いが付きました。

身体をメンテして感じる。

ほつれた所から、
何かが漏れ出る違和感は消えた。

カラダの負荷も大きかったが、
早く処置して良かった。

痛んだところは早めに治す。

BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20384728.jpg
ガタガタだった。

ほぼ二年前、
仮設の露天風呂を取り外した。

マリオがこけら落とししてくれたポリバスだ。

こうして見ると、
建物を洗う前は真っ黒だ。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20385379.jpg
苔にも色々あるが、
これはあまり歓迎できない。

左側の地面にある大谷石は、
望桜荘の石畳になり、
この立っている場所には格納スペースが出来た。

空間のリフレッシュも重要だ。
辺り一面の空気がまるで変って清々しい。
別世界が生まれた。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20385816.jpg
同じように別物にリフレッシュしたBP5を、
退院してから乗っている。

昨晩はタイミングを合わせて、
二人で一緒に会社を閉めた。

最近はシュアなドライブをするので、
入院をきっかけにBRZを妻に譲った。

その代わり2.0Rspec.Bを使わせてもらう事にした。

このクルマは以前から伝えるように、
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20390599.jpg
実に面白い逸品だ。

でも、
やっぱりまだ思い切れない。

アクセルをギュッと踏み込めないのだ。

まだ気力が伴わず、
AT車のお世話になってもヨタヨタだ。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20391586.jpg
元気よく妻が発進した。
一気に遠ざかる。

NAのコイツは、
BRZのベースになったレガシィだから、
とても匂いが似ているね。

但し、
カラッとした食感のBRZに比べると、
やっぱり2.0Rspec.Bはねっとりと甘い。

走り去るBRZを見た時、
バレンティのランプが醸し出す秀逸さを知った。
特にリヤのターンランプが良い。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20392675.jpg
LEDのシーケンシャルは、
消える瞬間のキレ味が大切だ。

トンッパ!のリズムで4つが連動する。
これはなかなか良い演出だ。

家について後ろから電話で指示して、
点き方を観察した。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20393287.jpg
左折方向と仮定して、
ターンランプを操作すると、
パッと内側が付く。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20393957.jpg
タララララと流れるように点灯し、
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20394845.jpg
最後の一灯が消える瞬間が良い。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20400136.jpg
バックランプも個性的だ。
リヤ周りはナンバー灯も含めすべてLED化した。

普段自分では眺められぬので、
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20401034.jpg
リヤフォグランプも新鮮だ。

これだけ明るいから、
普段は決して点けぬよう、
スバリストならば心得よう。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20401749.jpg
バックランプを点灯させると、
これはまた非常に眩い。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20402421.jpg
リヤフォグを消す。
位置も悪くないし見栄えも良いね。
お勧めできるランプだ。

シャワー浴びて夕食を食べて眠った。

水曜日は定休日だから、
残務を片付けるには都合が良い。

妻は6時に起きて、
娘と待ち合わせて京都に行った。

ずっと忙しかったから、
ゆっくり羽を伸ばすと良い。

朝ご飯の支度がしてあった。

まずシャワーを浴びて、
読みかけだった文庫本を読み終えた。

10時を過ぎていたので、
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20403163.jpg
パンを焼いて、
新品のジャムを封切った。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20403615.jpg
たっぷり載せてホットミルクと一緒に戴く。
おっと!
忘れていた。

国際免許証の更新に行かねば。

また一皮痛みが和らいだ。

レガシィに乗ってインスタント写真を撮りに行く。

何故パスポートと同じサイズにしないのか。
それなら無駄が無い。
3月にパスポートを申請した時、
撮影した写真がまだ3枚もある。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_10452030.jpg
他に使う事はない。

わざわざ一回り大きくする意味が解らない。
最も大きなサイズを選ぶと、
大小二枚が印画される。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_10474188.jpg
残ったこの写真も、
役に立たないな。

と思いながら良く見ると、
やはり花粉や黄砂で痛めつけられ、
弱っていた様子が顔に出ている。

頬を見ると体の内部が良くわかるね。

大事にしなくちゃ。
申請を終え会社に行くと、
帰り支度をした父とばったり出会った。

「歩けるのか」

何とかね、と答えると、
「あまり無理するなよ」と帰って行った。

80台も半ばだが、
とても元気なので有難い。

まだ暴走する気配はないが、
常に最新のアイサイトに乗せたい。

昨日の事故は普通じゃない。
けれど今に始まった事でもない。

当社でも、
今思い出すだけで4件の暴走事故があった。

良くお世話になったシステム会社の社長が、
出勤時に自宅の庭で暴走した。

大豪邸なので広い庭があり、
レオーネターボは芝生の庭を掛け登り、
立ち木に激突して止まった。

踏み間違えの自覚があったので、
まだ救いようがあった。

次はVIVIO RX-Rだ。
最初の時よりも厄介だった。

当時、
まだこんな概念は無かったが、
後期高齢者に相当するお歳だった。

踏み間違いを認めようとせず、
更に息子が火を点けて、
欠陥車だとクレームを付けた。

これも自宅から道路にまっすぐダッシュし、
下り坂から公道を横切って大ジャンプ。
突っ込んだところが田んぼで、
比較的うまく着地したので命に別状はなかった。

回収した車両を、
岐阜スバルの技術課と協力して調査すると、
フロアマットの裏側に、
死ぬほどアクセルを踏み込んだ形跡が残っていた。

これは、
ドライバーが半分寝ぼけていても、
健常者が引き起こした事件だった。

それに対して、
次の事件は、
博多の暴走事故と状況が似ている。

国道を運転中に何かの発作を起こし、
アクセルを全力で踏んでいた。

即ち交感神経がONの状態のまま、
ステアリングを握って泡を吹いていたのだ。

信号待ちで停止中のクルマに、
強烈な勢いで追突を引き起こし、
その後もエンジンは全開で回り続けた。
本人は亡くなりはしなかったが、
そのまま意識不明の重体となった。

発作が先か、
事故が先か所見が分かれるところもあろう。

二代目レガシィのBG5だった。

エンジンからミッション迄、
降ろして損壊状況を見た感じでは、
原因は前者だと思っている。

もっとも最近の、
覚えている限りで4番目の事例は、
このブログでも紹介した。

自宅の車庫からサンバーに乗り、
道路を横切って大ジャンプした。
VIVIOと全く同じケースだった。

暴走は昔からあるが、
可能性を持つ人の分母が増えただけ。

そう感じている。

だから、
いくら補助的な機械をカーショップで購入しても、
付け焼き刃になるだけで、
金の無駄遣いに等しい。

原因は間違った運転操作を、
正しいと信じている愚かな自信に他ならない。

偉そうなことを言える立場では無いが、
自分の体験を通じて得た事を活かす。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_11410292.jpg
B級ライセンスを取ることと、
暴走しない事に関わりがあるのか。

ある!

取りたくなければ前半聞いて抜ければよい。

講師を交代するので、
さらに先を聞けば、
自動的にライセンスが授与される。

お得意様であろうとなかろうと関係ない。

望桜荘に入れるだけ、
予約も承るので、
このブログを見て興味のある人は、
ホームページにある、
このアドレスから問い合わせて欲しい。

info@b-faction.com

こうした柔軟な姿勢で臨み、
ドライビングに対して興味を持たせないと、
「もうすぐ自動運転になるね」と、
お年寄りをだますような、
某社の商売がまかり通ってしまうのだ。

そこを見直すプログラムを考えた。
少しでもやれることを続ける。

そして、
これだけは本当に良かった。

このような最悪の結果を招いたが、
通行中の人や店舗に居た人が、
誰一人犠牲にならなかった。

あの勢いだと、
場合によっては、
40人ぐらい亡くなっていても不思議ではない。

不幸中の幸いと見た。
亡くなったご夫婦の冥福をお祈りします。

デスクに着くと、
名古屋の佐藤さんからお土産が届いていた。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20404157.jpg
石臼挽き蕎麦「かん家」をオープンされたので、
是非お近くの方は訪れてみてはいかがだろう。



包みを解くと、
日持ちしない銘菓が現れた。

BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20404680.jpg
これは勇ましい。

早速封を切った。

BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20405277.jpg
血の池や首塚と言った古戦場の後が、
今も長久手には残ると言う。

知らなかった。

BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20405940.jpg
和菓子だがコーヒーが飲みたくなった。

入院して以来、
一切口にしていなかった。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20410472.jpg
ゴールドブレンドの香りが新鮮だ。

BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20411118.jpg
さっそく戴く。
ねっとりとした食感が良い。

濃密な餡が舌に絡まる。
これは美味しい。

緑色の方には、
ゆずが隠し味で効くと言う。

楽しみが増えた。

佐藤さん、
ありがとうございました。

古戦場最中で野望の炎が僅かに燈った。

そう言えば、
無くしてしまったGショックも見つかった。

入院中身に着けていた黄色のイルクジを外して、
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20412085.jpg
メタリックなこいつを身に着けた。

早く踏めるようにならなくちゃ。

レガシィのねっとり感を味わうと、
BRZでも良いのだが、
もっと濃い味をカラダが求める。

回復してきたからだろう。

何に乗りたいか?
頭の中のインデックスを開く。

オレンジ色が良い。
GC8のオレンジは修理中だ。

でもGC8ではねっとり感が無い。

これしかないな、
リハビリ車は!

BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20412852.jpg
何と言っても究極のSUBARUはSVXだ。

しかもスパルタンな軽量モデル。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20413578.jpg
STIの平川社長も6気筒が好きだったな。

何とかうまくまとめて、
STIブランドで実現させたかったが、
国内営業本部がその気にならず、
お蔵入りで終わってしまった。

また次の野望を求めて、
早くリハビリして、
思い切りアクセルを踏めるようにならなくちゃ。

はっきり言うけど、
暴走する人ほど、
アクセルもブレーキも思いっきり踏んだことが無い。

高速道路や4車線道路で、
法定速度を守るのだから、
追い越し車線を譲らなくてもいい!

そう勝手に解釈し、
自分を正当化する傾向があるんじゃないか。

ブレーキもアクセルも、
一度思いっきり踏んで練習した方が良い。

無料開放区間の、
ガラガラに空いた高速道路など、
後ろに全くクルマが居なければ格好の練習場所になる。

思いっきり踏んだ時が、
クルマ人生のジ・エンドでは、
余りにも情けないよね。
BRZとSVXで復活の兆しを感ずる_f0076731_20414365.jpg
この野望のマフラー、
ゾクゾクするサウンドを奏でるんだ。
梅雨になる前に蘇らせよう。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-06-05 22:48 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction