人気ブログランキング |
ブログトップ

中津スバルの濃いスバリストに贈る情報

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい

f0076731_19494686.jpg
遂に完熟させた。

名前もFFインプレッサSTIスポーツに決めた。

夕方の光に、
ホワイトパールが蕩けるように輝く。

愛知県の長久手から佐藤さんが来訪された。
f0076731_19495182.jpg
珍しいお菓子を戴いた。

そばを用いた生菓子で、
どんな味なのか容易に想像できない。
f0076731_19495544.jpg
とても楽しみだ。

グラスコートを施工したR1を、
一週間ぶりに迎えに来られた。

外装の仕上がりに満足されただけでなく、
帰りの道中で見違えるようなドライブフィールを見せたと言う。

喜んで戴けてとても嬉しい。

ありがとうございました。

良い天気が続く。
f0076731_19500141.jpg
手入れしたばかりのブルーベリー畑にご案内した。
f0076731_19500790.jpg
同じように愛情を注いだつもりでも、
一株ごとにコンディションが異なる。

この辺りがプロとアマチュアの差だろう。

プロなら剪定をしっかり進め、
同じ大きさに育つよう肥料設計も完ぺきにこなすだろう。

ここでは草取り以外は自然任せだ。

無用な弱肉強食も人間の力で食い止める。
f0076731_19501275.jpg
お客様にブルーベリーを楽しんでもらうためだ。
f0076731_19502201.jpg
そろそろ熟してきた。
土日のイベントに間に合うと嬉しいね。
f0076731_19502930.jpg
それぞれの株で、
味が全く違う。

味の違いを是非食べて感じて欲しい。
f0076731_19503438.jpg
先月、
佐藤さんは長久手に蕎麦屋を開店された。
以前の「かどふく」と言う名前を改め、
心機一転「かん家」の名称でスタートされた。

ロードサイドのステキなお店で、
目の前に名古屋スバルの営業所があるので、
スバリストの皆さんにもってこいのロケーションだ。
f0076731_19504020.jpg
とても拘りのある作りで、
手打ちにかける執念も凄い。
f0076731_19504554.jpg
スバルマガジンがデーンと置かれているので、
オヤッと思われるお客様も居るだろう。

生粋の戸隠そばだ。
f0076731_19505134.jpg
日本三大蕎麦と呼ばれるだけあり、
その製法には秘伝もある。
そば粉は挽きぐるみを使うなど、
いくつかの定めがある。

味を出すための工夫は、
実に奥が深い。

だから店を新しくすると、
元に戻るのに時間がかかる。
f0076731_19505862.jpg
実に真面目で心のこもった手打ちそばだ。

手でこねて刻むには相当な体力も要する。

手でこねたら寝かすタイミングも重要だ。
これからのシーズンは特に難しい。

毎日が試行錯誤の繰り返しだろう。

たかが蕎麦なのだが、
されど蕎麦なのだ。

さほど失敗を気にする必要のない料理だが、
奥行きが出るまでには長い年月を要する。

変な言い方だが、
「天井の無い成功」を求める、
永遠の旅にでた。
その出発点に立っていると感じた。
f0076731_19510537.jpg
美味しいお蕎麦でした。

更に深い味が出るよう、
ぜひ頑張って欲しい。

そばを食べてお腹も満足した。

時間も十分あるし、
どうしようかと妻が言う。

「トヨタ博物館に行こう」
話は決まった。

妻に運転を任せ、
隣でうつらうつらしていた。

すぐ近くにあるはずだから、
いとも簡単に着くと思った。

ところが、
居眠りからフッとさめたら、
なぜか高速道路を走っている。

え?
寝ちゃったから気が変わったのか?

不思議に思ったが、
文句は何もないので、
そのまま隣で寝ていた。

すると途中で高速道路を降り、
近くのコンビニに入った。

どうしたのか聞くと、
「ナビに任せていたら、
全く変な所に連れてこられた」と言う。

トイレに行くついでに、
アイスクリームを買おう。

クルマから出たあと、
妻も何を間違えたのか、
ナビを確認したそうだ。

行先設定を見直したら、
TOYOTA博物館では無く、
「ヨコタ博物館になっていた」と笑って言う。

そんな所があるのか。

「もうここで止めて温泉にでも行く?」
と妻が言った。

そりゃそうだ。
標識を見たら岡崎まで来ている。

「じゃあ、
西浦温泉にでも行って露天風呂から夕陽を見よう」

という事になり、
妻が目的地を再セットして、
再び走り始めた。

ところが、
南に向かうはずが北東へ向かうようだ。

その辺の土地勘はある。

最初はう回路でも選んでると思ったが、
明らかに方向が違う。

妻に「おかしいぞ」言うと、
「ちゃんとセットしたよ」と不満げだ。

わかった、
さっきは妻の失敗ではない。

別に急ぐ旅でもない。
指示されるままに行ってみよう。

時間に制約が無いと、
かえって面白い旅ができる。

招かれるまま行くのもいいじゃないか。

相変わらず妻は、
西浦温泉に着くと、
自分の設定を信じて疑わなかったようだ。

でも深い山の中に目的地のマークがある。
海とは全く反対方向だ。

さすがにその頃から、
妻も疑問に思ったようだ。
f0076731_19511406.jpg
でも後の祭りだった。
本当にあったんだ。
トヨタ博物館ならぬ、
「ヨコタ博物館」が。

玄関の前に一台クルマが止まっていた。

でもどう考えても見学者のクルマじゃない。
中に誰かいるような気がするが、
扉を開ける勇気が無かった。

うーーーーん謎めいている。

周りに誰一人居ない。

音も全くしない。

シーンと静まり返る。

かと言って廃墟のような怪しさはない。
周辺に全く人影が無いだけだ。

遠くに巨大なトーテムポールのような物体が林立している。

まあ、
滅多に来れない場所し、
光の具合も良い。

気を取り直し、
周辺でインプレッサを撮影した。

次のかわら版の題材を集める、
良い仕事が出来た。

その中の一枚が冒頭の写真だ。
f0076731_19512017.jpg
LEDランプがスバルの星に仕込まれ、
全体をブラックメタリックで統一した、
とても格好いいグリルを付けた。

これが好きなんだ。
f0076731_19512637.jpg
アイラインがLEDなので、
デイラーナーを装着せず、
フロントリップスポイラーで引き締めた。

STIのスタイルパッケージは、
f0076731_19513361.jpg
空力効果を出すために、
ウエストラインに合わせ空力パーツも尻上がりに造形し、

f0076731_19513933.jpg
リヤサイド左右に分かれた、
アンダースポイラーに空気の流れを繋げ引き離す。
f0076731_19514614.jpg
そして中央にパフォーマンスマフラーを装着した。
STIのオーナメントがきらりと光る。

そば処「かん家」は長久手の一等地にあり、
周辺のお客様を招き入れるだけでも、
充分に商売が成り立つ。
f0076731_19580507.jpg
その環境ならば、

休日の昼間に、
究極の日本酒と蕎麦が味わえる。

彼にはそのような客を満足させる力がある。

そのためには「熟成」をテーマにすると、
近道があるように感じた。

昼酒を「蕎麦前」と称して、
じっくり嗜む日本独特の文化を大切にしたい。
f0076731_19581475.jpg
ゆず味噌が出た。

良い味だ。

寄せ豆腐も良い。
マグロ節をあしらうセンスも良い。
f0076731_19582214.jpg
これに合わせるのは、
日本酒しかない。

天婦羅も必須項目だ。
f0076731_19583086.jpg
但し労力のバランスが難しい。

ヒトの作った野菜と、
天然種の葉と、
新鮮なクルマエビは、
てんぷら油の温度管理が難しく、
ピシッと揚げるためには神経を使う。

蕎麦前にも天婦羅は合うが、
ここは見極めが大事だ。

ここは春夏秋冬を無視し、
常に均等な味が出せるよう、
下ごしらえからレシピを見直して、
味を更に高めると良いだろう。

何故ならば、
最高の蕎麦前は日本酒なのだ。

熟した味わいの日本酒で、
何も付けずに噛み締めたそばを喉に送り込む。


この最高な味を極める旅を、
ぜひ今後も続けて欲しい。

仕上がったインプレッサは、
旨味と甘味が本当に良く行き届いた。

蕎麦を噛み締めて出た甘味を、
日本酒の旨味と共に喉の奥に流し込み、
深く味わうような美味しさなのだ。


このイメージで、
FFインプレッサSTIスポーツを掴んで欲しい。


そして、
これにはまだ続きがある。

もう一つの動画を紹介したい。

お楽しみに。

by b-faction | 2019-06-20 22:00