人気ブログランキング | 話題のタグを見る

FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい

FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19494686.jpg
完熟させたFFインプレッサを、
STIスポーツと名付けた。

夕方の光に、
ホワイトパールが蕩けるように輝く。

愛知県の長久手から佐藤さんが来訪された。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19495182.jpg
珍しいお菓子を戴いた。

そばを用いた生菓子で、
どんな味なのか容易に想像できない。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19495544.jpg
とても楽しみだ。

愛機R1を一週間ぶりに迎えに来られた。

グラスコートを掛け、
見違えるようになったR1は、
帰路で抜群の走りを見せたそうだ。

エクステリアを輝かせ、
エンジンオイルを交換しただけで、
ドライブフィールが激変したそうだ。

お役に立てて嬉しい。
ありがとうございました。

良い天気が続き、
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19500141.jpg
イキイキしてきたブルーベリー畑に、
佐藤さんをご案内した。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19500790.jpg
手入れの差は無いはずだけど、
歳を追うごとにブルーベリーの育成に差が出る。

同じ愛情を注いでも、
一株ごとにコンディションが異なる。

ここにプロとアマチュアの差が出るのだろう。

プロはシーズンオフに剪定し、
完璧な肥料設計で同じ大きさに育てる。

この畑は自然任せだ。
草取り以外はね。

無用な弱肉強食は、
ヒトの手で食い止めるが、
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19501275.jpg
そのほかは自然に任せる。
お客様に安全なブルーベリーを食べてもらうために。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19502201.jpg
いよいよ熟してきたので、
土日のイベントで収穫できるかもしれない
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19502930.jpg
面白い事に、
それぞれの株毎に味が異なる。

品種ではなく株ごとに違う。
食べて味の違いも感じて欲しい。

先週の水曜日、
長久手に行った。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19503438.jpg
佐藤さんは前の店を閉め、
新たに「かん家」と言う名の蕎麦屋を始めた。

心機一転、
ロードサイドにステキなお店を構えた。
なんと、
目の前が名古屋スバルの営業所だ。

スバリストが集うに相応しい、
美味しい蕎麦屋を紹介したい。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19504020.jpg
とても拘りのある店作りで、
手打ちにかける執念も凄い。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19504554.jpg
スバルマガジンがデーンと置かれているので、
蕎麦を待つ間に楽しむのも良い。

彼が打つのは生粋の戸隠そばだ。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19505134.jpg
日本三大蕎麦と呼ばれるだけあり、
その製法には秘伝もある。
そば粉は挽きぐるみを使うなど、
いくつかの定めがある。

その味を出すために、
数多くの工夫がある。

実に奥が深い技なのだ。

店を新しくすると、
元に味を出すのが意外に難しく、
戻すのに時間がかかるらしい。

その拘りの蕎麦を、
さっそく戴いてみよう。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19505862.jpg
実に真面目で、
心のこもった手打ちそばだ。

手打ちと簡単に言うけれど、
体中の力を集中して「こねる」ためには、
相当な体力が必要だ。

「刻む」のにも技が要る。

こねて寝かすタイミングも重要だ。
特にこれからのシーズンは、
気温上昇に注意が必要だ。

ある意味で、
毎日が試行錯誤の繰り返しだ。

だから、
「たかが蕎麦されど蕎麦」なのだ。

失敗の少ない料理だが、
「奥行き」が出るまでに、
長い年月を要する。

失礼な言い方かもしれないが、
「天井の無い成功」を求め、
永遠の旅を目指し、
その出発点に立ったと感じた。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19510537.jpg
美味しいお蕎麦をありがとうございました。

更に深い味を目指し、
日夜精進される事だろう。

美味い蕎麦を食べ、
腹いっぱいになった。

まだ時間は十分ある。

どうしようか。

「よし!トヨタ博物館に行こう」
と話がまとまった。

同じ長久手だから時間はそんなにかからない。
運転を任せ助手席で居眠りしていた。

思わず深い眠りについた。

居眠りからフッとさめたら、
なぜか高速道路を走っているじゃないか。

近いから簡単に着くはずなのに、
なぜこんな見知らぬ場所を走るのか?

隣で寝たから気が変わったのか?

不思議に思ったが、
そのまま任せておくと、
高速道路を降りて近くのコンビニに入った。

流石に放っておけず、
どうしたのか理由をと聞くと、
「ナビに任せていたら、
全く変な所に連れてこられた」と言う。

そりゃ違うだろ、
あなたが呑気なだけだよ。

そんな事を言ったら、
ひどい目に合うので、
グッとかみ殺す。

「トイレに行く」と言う。

気分転換にアイスクリームでも食うか。

一体全体、
何を間違えたのか。

かなり遠い所に来ている。

ナビの設定をよく確認すると、
トヨタ博物館では無く、
「ヨコタ博物館」になっていた。

どうも「ヨコタ博物館」に向って走らされているようだ。

えへへ、と笑っているが、
えヘヘじゃない。

本当にそんな所があるのか?

「もうここで止めて温泉にでも行く?」
と言うけれど、
ここまで来た以上、
そこがどんな所か知りたくなった。

もうちょっと走ろう。

道路標識に「岡崎」と言う文字が目立つ。

再び走り始めたが、
やっぱり途中で気が変わり、
もう行くのを止めようと決めた。

「やっぱり西浦温泉で夕陽を見ながら、
露天風呂に入ろう」と、
二人の意見がまとまった。

ナビに西浦温泉と入れ、
再スタートした。

案内に沿って走るが、
まだ何となく方向が違う。

「おかしいぞ」言っても、
「ちゃんとセットしたよ」と強気なので、
怒らせないよう大人しくしていた。

そうだよ。
君の失敗ではないよ。
ナビが馬鹿なんだね。

怖いから怒らないでね。

別に急ぐ旅でもない。
無心のまま身を任すのも良いもんだ。

時間に制約は無い。
かえって面白い旅が、
楽しめるかもしれないね。

ホトケゴコロとは、
正にこういう事を指すのだろう。

でもね、
ナビの指す場所は深い山の中なんだよね。

西浦温泉は海辺なんだよ。
何度か行ったから知ってるよね、

って心の中でそっと呟いた。

あなたの行く方は、
全くの反対方向だよ。

したらば、
デーンと現れた。

人影など全く無いが、
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19511406.jpg
建物の中にヒトの気配を感じる。

トヨタ博物館ならぬ、
これが「ヨコタ博物館」だ。

玄関の前に一台クルマが止まっていたけど、
どうも見学者のクルマじゃない。

う~~~謎めいている。
なぜここにおびき寄せられたのか。

とにかくシーンと静まり返り、
何にも音が聞こえない。
それでいて廃墟のような怪しさは微塵も無い。

ただただ、
この辺り一帯に全く人影が無く、
まるで取り残されたように静かなんだ。

遠くに不思議なものが見える。
まるで巨大なトーテムポールが林立してるようだ。

幸いなことに、
光の具合がとても良かった。

インプレッサを撮るチャンスがきた。
迷い込んだおかげで、
良い仕事が出来た。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19512017.jpg
届いたインプレッサを、
すぐお化粧して晴れの日に備えた。

端正な顔に整った。
フロントグリルのスバルマークには、
LEDランプが仕込まれ、
夜間に淡い灯をともす。

グリルのメッシュ全体を、
ピアノブラック調に塗り込んで、
とても格好よく仕上げている。

このオプショングリルが好きなんだ。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19512637.jpg
アイラインにLEDを用いているので、
あえてデイライーナーを装着せず、
フロントリップスポイラーだけ引き締めた。

STIのスタイルパッケージを選び、
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19513361.jpg
空力効果をしっかり高めた。

STIのエアロパーツは、
しっかりした風洞実験で練り込まれ、
ウエストラインに合わせ尻上がりに造形されている。

FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19513933.jpg
それが凄くカッコイイ。

リヤサイドの左右に分かれた、
アンダースポイラーも、
空気の流れを繋げて引き離す効果を生む。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19514614.jpg
中央にSTIパフォーマンスマフラーを装着した。
STIのオーナメントがきらりと光る。

実は装着したSTIパーツの中で、
このマフラーが一番高い効果を発揮する。

明らかに出力特性が変わり、
スポーツマインドを沸騰させてくれる。

美味しいクルマに磨かれた、
そんなイメージがFFインプレッサSTIsポーツだ。

そば処「かん家」の、
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19580507.jpg
蕎麦前日本酒もお勧めだ。
休日の昼間に、
ふらりと訪れ、
究極の蕎麦と日本酒を味わおう。

「熟成」をテーマに、
どんどん道を究めて欲しい。

「蕎麦前」と称して、
日本酒をじっくり嗜む、
日本の文化を大切にしよう。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19581475.jpg
ゆず味噌も蕎麦前に良いね。

寄せ豆腐もある。

マグロ節のトッピングも良いセンスだ。
FFインプレッサのSTIコンプリートは超熟な味わい_f0076731_19582214.jpg
気分に合わせ、
無濾過の生原酒といきたいところだが、
良い原酒を使った本醸造もイイネ。

最近の日本酒は、
普通酒でもレベルが高い。
やはり最高の蕎麦前は「酒」だよね。

熟した味の日本酒で、
蕎麦を喉に送り込む。

FFインプレッサSTIスポーツは、
旨味と甘味が本当に良く行き届き、
少し酸っぱさも感じる。

何も付けずに蕎麦だけを噛み締めると、
実はとてもステキな甘さが滲み出る。
その滲んだ甘さに、
日本酒の旨味が重なり合うと、
喉の奥まで例えようの無い美味しさが流れこんでいく。

FFインプレッサSTIスポーツを、
Sモードで加速してやる時に、
同じ美味しさを感じた。

動画を楽しんで欲しい。
美味しさが滲むはずだ。

これがFFの良さでもある。
1.軽さは性能だ。
2.駆動抵抗がとても少ない。
3.縦置きFFの良さはインプレッサしか味わえない。

通のクルマ選びも乙だよ。
是非参考にして、
クルマ選びの妄想を掻き立てて欲しい。

2019年6月20日の記事を動画リンク不能修正後更新

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-03-29 16:38 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction