人気ブログランキング |
ブログトップ

中津スバルの濃いスバリストに贈る情報

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

FFインプレッサSTIスポーツの旨味を分析

f0076731_21484640.jpg
海はいいなぁ。

久しぶりに見とれた。

ここはたくさんの生き物が棲む、
まさに豊かな海だ。

海水の中に生育に必要な養分が、
たくさん含まれているのだ。
かたや、
山の恵みも素晴らしい。

この地方の山を歩くと、
時折バサバサと大きな葉が降って来る。

この鮮やかな緑を見て、
先人たちは感じたのだろう。

食べ物を包んでみようと。

朴の木は、
大きや葉を茂らせる。

植物が持つ免疫効果のひとつが、
葉から身を守るガスを出す事だ。

ヒトは本能で朴の葉が出すガスを、
自らにとって有用だと感じたのだろう。
f0076731_21485273.jpg
時々、
商魂だけで商う人が、
間違った製品を世の中に出す。

中津川だと、
栗きんとんが良い例だ。

栗きんとんの旬は、
限られており、
秋から冬の商品だ。

それなのに、
通年売ろうとするヤツが居る。

それが味を狂わせ、
文化まで傷つける事を、
愚かだから改めない。

朴葉寿司も、
旬の時期以外は作るべきではない。

生きた葉しかダメなのだ。
保存のために、
下処理した葉では、
偽りしか産まない。

f0076731_21485865.jpg
酢飯の持つ酸による防腐効果と、
葉から出るガスが持つ、
抗菌作用の相乗効果が、
なんとも言えぬ旨さを引き出す。

甘く煮た具材など、
そのままでは腐敗し易いが、
葉に包まれた途端に変化の速度を落とす。

こちらは、
生の葉で包んだ後で、
一気に蒸して作る食べ物だ。

三岳町の丸山さんご夫妻から、
素敵なお土産を頂いた。
f0076731_21490486.jpg
朴葉巻と言う生菓子だ。

典型的な日持ちしない菓子で、
この様に作り立てで、
まだ暖かいうちしか本当の味を見せない。

f0076731_21491159.jpg
素朴な味だが奥が深く、
作り手の個性がガンガン現れる。

本当に美味しい瞬間だった。

ありがとうございました。

朴葉寿司は、
腐敗を防ぎ味の熟成を図るために、
朴葉を用いた。

朴葉巻は、
朴葉の持つ薬功成分を、
餅に含ませ取り入れるために用いた。

だから奥の深い香りが漂う。

この地域に住む人々は、
遺伝子の中に有用性を刻み込まれている。

東京から松野さんが来訪された。

打ち合わせの最中で、
お目にかかれず残念だった。
とても素敵なお土産を頂いた。

f0076731_21491737.jpg
物凄く美味しい味醂だ。

普通の味醂と比べると、

f0076731_21492491.jpg
違いが凄く分かる。
熟成度が根本から異なる。
f0076731_21492945.jpg

早速妻が得意の煮物を作った。

f0076731_21493515.jpg
味醂でナスを煮ただけで、
こんなに美味しいのか。

もう一皿は鰤の煮付けだ。
f0076731_21494571.jpg
脂は少ないが、
キメが細かく美味しい切り身だ。

この煮汁がとてつもなく美味しい。
捨てるのが勿体無い。
f0076731_21495182.jpg
切り身をほぐし、
浸して食べた。

隠し味とは、
こういうものなのだ。

この芳醇な味に、
喧嘩をふっかけない酒がある。
f0076731_21495670.jpg

宮城県の高橋さんに戴いた、
純米吟醸酒を封切った。

サラッとした酒だ。
若い感じの味わいだが、
香りは無垢で雑じゃない。

酵母の働きが強い酒で、
旨味よりキレの良さが際立つ。
これはまさに、
ガチっと酔うための解り易い酒だ。

朴葉の持つ有用性は、
FFインプレッサの生来の姿と繋がる。

味醂の持つ旨い味わいは、
STIのハンドリングパーツによる、
路面に貼り着き舞う様に走る姿と繋がる。

瞑想水の単純な切れ味は、
パフォーマンスマフラーの出す、
軽快でパンチのあるキャパシティに繋がる。

いよいよ明日からイベントだ。

残念ながら、
今日は夕方からダウンした。

布団の中でこのブログを仕上げている。

必ず復活して、
明日のセミナーを成功させる。

まだ席に余裕はある。

是非楽しみにして、
お出掛け頂きたい。

by b-faction | 2019-06-21 21:48 | R1&R2