人気ブログランキング | 話題のタグを見る

インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川

インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_18205104.jpg
中津川には「雨」と言う枕言葉が似合う。

江戸五街道で有名な、
中仙道には69の宿場町がある。


ここは43番目の宿場町「馬籠」で、
続く「落合」が44番目、
中津川が45番目だ。
浮世絵師の歌川広重と、
渓斎英泉の合作である「木曽海道六十九次」は、
起点の日本橋を含めると70枚がセットだ。

それが何故か、
中津川だけに2枚の風景画が存在し、
制作過程の前半に作られたと言う「雨の中津川」は、
とても希少価値のある作品だ。

この浮世絵シリーズをすべて集めるのは至難の業だが、
70枚すべてを集めた篤志家が居た。

そして彼はある日、
遂に「雨の中津川」を発見した。

ロンドンのオークションに掛けられた、
希少な「雨の中津川」を落札し、
貴重な文化財を形成させただけでなく、
学術的な価値を考慮し71枚全て寄贈した。

なかなかできることではない。

これが田中コレクションの真実だ。
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_18433360.jpg
それがこの作品で、
一年のうちわずかな期間、
恵那市にある中仙道広重美術館で御開帳される。

先日ミシュランガイドに紹介された、
中津川市の「わくり」は、
その広重の「雨の中津川」をランチョンマットにしている。
捨てるには惜しいので、
食事後は是非お持ち帰りいただきたい。

蕎麦は日常的な食べ物なので、
「ケ」の商品だと思うが、
それを見事に「ハレ」の商品に換えたのが彼の凄いところだ。
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_18463096.jpg
特別な日曜日のランチを食べたいなら、
わくりに行くと良いだろう。

メニューはただ一つ。
まず上の画像を注目だ。

渾身の力を込め、
まずそばがきを作る。

日本酒が付け合わされ、
中津川の銘酒「鯨波」をそばがきの「あて」として楽しむ。

逆の発想だ。

次に、
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_18464257.jpg
キリッと冷えたざるそばを味わう。

普通の人は汁を付けるが、
正直な所、
それは無粋と思えるほど味が深い。
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_18464798.jpg
そして鰊蕎麦で締める。
実に良い味で、
ホーッとするんだ。

酒の飲めない人には甘味が出る。

これで税別2500円だが、
ハレの日の食事なので決して高くない。

クルマにも「ハレの日」専用の代表格がある。
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_20040493.jpg
それが20Bだ。

本当ならば22Bがもっとハレのクルマで、
超絶にプレミアムだが、
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_18525428.jpg
コイツには別の側面がある。

ベースがスパルタンなので、
22Bより更にレーシーだ。

既に13万キロ走っているが、
とても元気で凄い咆哮を上げる。

そもそも22Bにドライバーズコントロールデフは危ない。

だってそうでしょ。

ギリギリのラインまで追い込んだ車だ。
特定の人に売るのさえ、
今ならはばかられて実現しない。

軽いクルマのトレッドをギリギリまで広げ、
オーバーフェンダー化とワイドタイヤ化で成り立たせた。

出力もトルクがミッションの限界能力を超えるため、
ずっと定めた閾値を、
このクルマだけ瞬間に引き下げてある。

こうしてワイドボディを成り立たせ、
20年経っても喉から手の出るほど欲しいクルマになっている。

このように、
本当にギリギリのバランスで作られたクルマは、
今の社会情勢で、
例えSTIであろうとも二度と作れない。

それほどの限界設計なので、
VDCなどない当時の製造環境下で、
DCCDを搭載することは無謀だった。

更にレーシーなエンジンを積む、
この20Bはベース車がDCCDを持つので、
当然そのままキャリーオーバーした。

剃刀の性能を薙刀が持つようなクルマになった。

危険極まりない。

それをコンチネンタルのPC6で中和できた。

一日の走行距離が300kmを超えた。
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_18530080.jpg
やはりクルマは最低でも300km走らせないと、
本当の意味で対話出来ない。

思わぬ収穫だった。

インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_20041215.jpg
その足で中山道の馬籠宿を訪れた。

そこにある馬籠茶屋は、
一気にグローバル化して、
まるでここだけG20のHQみたいだ。

相変わらず繁盛していて頼もしい。

スバルのスパルタンなコックミットを見て、
この頃から0次安全が徹底していると感じた。
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_19054850.jpg
乗り易いんだ。
グローバルで強いモノは、
やはり本物だと言える。

WRXもグローバルで強かった。
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_20041808.jpg
やっぱり軽自動車なんかを作る会社じゃなかったんだ。
スバルは元々、
生き残るために必死だった。

必死になり軽自動車でその糸口をつかんだだけで、
アンフェアでグローバル化できない軽自動車を、
本気で作りたかったわけじゃない。

そこは同じ敗戦国で苦労したBMWも同じだ。

彼等は危険なイセッタを手放し、
別の道を歩んだ。

インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_20043256.jpg
それはそうと、
最近は真面目な顔をして、
「操作ミスを防ぐためには左足ブレーキが良い」などと、
大間違いを平気で口にするメディアがある。

「井の中の蛙」で狂ってるとしか思えない。

カーショップで誤操作防止のギミックを売れば、
手っ取り早いと阿保が群がる。

すると、
装着のセミナーを開くと言う。

ビジネスチャンスだと、
整備業者が我さきと群がる。

本末転倒だ。
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_19105846.jpg
この20Bにはクラッチスタートシステムが付いていない。

だから安全を確認し、
トランスミッションがニュートラルなのを確認して、
座席に座らずエンジン始動が可能だ。

このクルマ以降は、
クラッチを踏まないと始動できない。

得意な例ではあるが面倒だ。
なにが面倒かって。

このロールケージを付けて、
乗り降りしにくいクルマの、
ステアリング少し切り込みたい。

そんな時に、
エンジン掛けないとハンドルが重くて動かない。

このクルマはエンジンがかかった。

何かが起きて、
本質的な教育や習慣の見直しを正さず、
安易に機能制限すると、
物凄く不便になる。

昔なら、
どうにか出来た事が、
どうにか出来なくなる。
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_19110438.jpg
このようにハンドルを切って、
タイヤを見せたいから、
外から座らずにエンジンを掛けたかった。

単純な事だが、
今の高齢者の暴走と同じで、
基礎が何かを徹底究明せず、
スイッチ付けて規制した。

本質的に何が悪いのか、
今こそ考えよう。
インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_19110997.jpg
タイヤにもグローバルで勝負するタイヤと、
ローカルで勝負するタイヤがある。

コンチネンタルタイヤが勝負を掛けた、
プレミアムコンタクト(PC)6で、
200km以上駆け回った。

良いタイヤだ。

インプレッサWRX STI 20Bと雨の中津川_f0076731_19111452.jpg
このラウンドシェイプと、
ネバッとするトレッド。

コンチネンタルはとても良い。

最後に誰も居ない事を見計らい、
代表的な石畳で、
ゆっくりとタイヤの味を確認した。

これをタイヤの選択指標に役立てる一助として欲しい。

雨の中津川も最高だ。

大勢の欧米人が何故中仙道を歩くのか、
雨の日こそ訪れて欲しい。

素敵な味が解るはずさ。

同じように、
雨の日こそ、
ステキなコンチネンタルが味わえる。

ぜひ高性能なスバルには、
コンチを選んで欲しい。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-07-04 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction