人気ブログランキング | 話題のタグを見る

うきふ

うきふ_f0076731_21492612.jpg
これは腹持ちが良い。

そして単純だけど敏感な味が良い。

そばがきを食べた人は多いだろう。

でも、
「うきふ」は少ないのじゃないかな。
うきふ_f0076731_21493299.jpg
それに加え、
この店はきっぷが良い。

最近の蕎麦屋は、
さも上品に美味い蕎麦を作ったように見せるが、
価格の割に量が少なく物足りない。

680円でこれくらいあると、
ガツンと来て嬉しい。

この郷土料理も、
そば粉を練って湯がくのだけど、
その後の処理が見た通り特徴的だ。

トロリと掛かってるのは「えごま」のタレだ。

甘くて美味しい。

ちょっと五平餅に似た風味も感じる。

うきふ_f0076731_21493841.jpg
つい先日御嶽海も来たそうで、
記念写真が飾ってあった。

大勢の弟弟子を引き連れて、
物凄い枚数のそばを食べて行ったそうだ。

御嶽海って義理堅いよね。
相撲道を邁進している。

御嶽海に御嶽屋と、
両者の名前は相性も良い。

御嶽海の向かって左側が、
中津川にある「あお木」の女将さん、
あの方のお姉さんだ。

だから開田直系のあお木は、
そばが美味くてきっぷが良いんだ。
いくら腹持ちが良いと言っても、
うきふだけでは口が淋しい。

なので、
ちょっとオーバーカロリーだけど、
おろしそばを食べた。


うきふ_f0076731_21494549.jpg
山菜が美味しい。
これで980円なのでお値打ちだ。

是非食べてみてはいかがだろう。

内視鏡手術を終え、
退院してから今日で丸二ヶ月となった。

多くの皆さんにご心配をかけ、
また、
いろんなお心遣いを戴き、
本当にありがとうございました。

今年は節目の年だと意識して臨み、
その結果とても有意義なことを数多く経験した。

ベトナムに行ってブランドを見つめ直し、
新しい中津スバルの将来像が少し見えた。


その後で、
ちょっと頑張りすぎて脱腸になったが、
開いた所がこの場所で救われた。

数年前に友人の二宮さんを失った。

体の一部が裂けたことに変わりはないが、
即死してしまう事と、
工程を組んで治療に専念できる事は、
正に天地の差となった。

心の中に生きている事には変わり無い。

なので、
「もし生きていたら何て言うのかな」と、
影の相談相手にしている。

今年も思うように活動できるが、
それを支える大きな出来事があった。
うきふ_f0076731_21495399.jpg
このクルマで緑地獄を、
ドイツ人と共に寺走った事だ。

発売したての600馬力は、
とても面白いクルマだった。

しかも、
M5の開発担当者から、
直々にレクチャーを受けた。

この時に、
生半可な体力維持では持たないと思った。

「うっかりするとニュルの藻屑になる」
これまでも真剣に取り組んだが、
あの最新型は、
そのレベルを軽く超えていた。

何しろ内臓全体が痛むほどの、
強烈な「G」を浴びた。

だから前向きな手術を思い立った。

後ろ向きの治療ではなく、
前向きの予防整備だ。

身体は大変だったが、
気持的にはクランクのオイルシール交換程度に捉えた。

世界中を飛び回れる体を、
ずっと維持するための決断だ。

結果は大成功だ。

昨年の体験が無ければ、
一皮剥くのに、
多分もっと時間がかかっただろう。

今年のレクチャーが全て終わってから、
愛機にもう一度会いに行った。
うきふ_f0076731_21561348.jpg
1台ジャッキアップされていた。
なにか車両に問題があったのだろう。
スタッフが丁寧にメンテナンスしていた。

これだけのクルマを終了後に点検清掃するのは、
いつも大変だなと思う。
うきふ_f0076731_21561828.jpg
このグリーンヘルで全開走行するクルマは、
フツーに販売されているMシリーズそのものだ。

特に改造やチューニングなど一切されていない。

要するに素の状態で十分オールドコースを攻められる、
超熟なクルマに仕上がっている訳だ。

ここで走り込むとクルマの全てが解る。

何だか少し濡れているようだ。
うきふ_f0076731_21562625.jpg
なるほど。

流石ドイツ人の合理性は凄い。
うきふ_f0076731_21563232.jpg
巨大なスチームクリーナを持ち込んで、
水ではなく低圧スチームで洗っている。
うきふ_f0076731_21563897.jpg
愛機の前に来た。

ありがとね。
さようなら。
うきふ_f0076731_21564452.jpg
汗をかいた顔のままだ。
早くスチームで洗ってもらってね。

もう会う事はないだろうけど、
思いっきり惚れたよ。

M2の身体能力もM5同様に高い。
接地性の良さが際立つ。

軽いから操るのも楽しい。

物凄く多くの機能を持つので、
800キロ乗ったくらいでは覚えきれない。

そして正確にセットすると、
クルマの特性が驚くほど変わる。

ここは見習うべき美点だ。

クルマを扱うキャリアを、
もう一枚積み重ねた気がする。

イベント様に用意したGRBは、
ちょっと人を驚かせる目論見で作り上げた。
うきふ_f0076731_21564995.jpg
タイヤとダンパーとホイールに、
飛びっきりのお金を掛けた過走行車だ。

しかも、
飛びっきりお金をかけても、
その額は常識的範囲だから小気味よい。

SUBARUは本当に良いクルマを作るな。
うきふ_f0076731_21565455.jpg
日が暮れて対向車の来ない山道を全開で駆け下りた。

何て気持ちが良いんだ。

6速マニュアルを操れる喜びは、
本当に何物にも代えがたい。
うきふ_f0076731_21565926.jpg
SUBARUの手順を踏んで、
車両性能をセレクトする。

このほかにもVDCのコントロールスイッチがある。

その辺りのレイアウトや、
配置の演出はとても野暮だけど、
機能そのものはかなりイケてる。
うきふ_f0076731_21570696.jpg
こんな設定が一番楽しい。
シャープを使うとちょっとピーキーなので、
このシチュエーションならデフォルトで、
センターデフをオープンにするのが好みだ。

急に激しい雨が降る。
うきふ_f0076731_21571100.jpg
雷雨に近い状態だが、
オートモードに入れない。

VDCが生きてるから心配はないのだ。
うきふ_f0076731_21572043.jpg
それよりも丁寧なアクセルワークで加速し、
ワンステアリングアングルでターンする。

そして絶妙なブレーキで荷重をコントロールし、
クルマを舞うように走らせる。
うきふ_f0076731_21572686.jpg
緑地獄のウエットに較べたら、
この程度の雨など屁でもない。

クルマの基幹性能でも走りに差は出るが、
もっと大事なのは、
1にタイヤだ。
2に接地性の良い足回りだ。

タイヤを付けるホイールも大切で、
軽量で高剛性なほど走りが冴える。

BBSの鍛造ホイールは、
バネ下重量を軽くするので路面に対する追従性を高める。

うきふ_f0076731_21573276.jpg
雨が上がっても路面は所々ヘビーウエットだ。

コンチネンタルのPC6は、
こんな時に最高の相棒だ。

何の躊躇いも無くスロットルを踏み込める。

このBRGは、
何故だかガスコントロールが絶妙に良く、
右足の母指球に僅かな力を掛けるだけで、
推進力がモリモリ湧き上がる。

そして溢れ出る動力性能を、
うきふ_f0076731_21573694.jpg
B&Bサスペンションが見事にいなしながら、
ペットリと貼り付いたように路面に伝える。

そこが本当に気持ち良い。
タイヤとダンパー、
それに正確な整備がどれほどクルマとヒトに優しいのか、
それを知るのも大切だな。

それぞれのカーライフを思いっきり楽しもう。

この夏は躍動的だ。
表へ飛び出そうぜ!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-08-05 22:43 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction