人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オーガニックとアルカロイド

オーガニックとアルカロイド_f0076731_16423762.jpg
ドイツで食べた堅いパンが食べたくなった。
パン屋とは思えない風景だ。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16424208.jpg
この地に安住してステキなパンを作っている。

絵にかいたようなオーガニックな世界。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16424767.jpg
オーナーは大工仕事に集中し、
来る繁忙期に備え屋外ラウンジを整えている。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16425382.jpg
出来れば天然酵母を捕まえて焼きたい。

この森の中なら出来そうな気がするが、
なかなか難しいらしい。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16425842.jpg
黒板にもオーガニックな世界が描かれている。
開田高原に来たら、
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16430496.jpg
タピタのパンも忘れないで欲しい。

美味しいトウモロコシが育っている。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16431488.jpg
夜の寒気にキュッと絞められ、
開田の作物はどれも味が濃い。

真っ赤な花に目が留まった。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16432004.jpg
思わず近寄り触ってみた。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16432864.jpg
しっとりと温かく、
強く触ると凹みそうだ。

こんなに綺麗なケイトウを、
最近見た事が無かった。

目に留まらないだけかもしれないが。

思わず触れたくなるほど安全な植物だ。

食用にもなるらしい。

同じ強い赤でも、
ヒガンバナの赤とは違う。

ヒガンバナはアルカロイドを持ち、
他の生き物を近づけない毒々しさがある。

毒は薬でもあるけどね。

オーガニックなクルマが現れた。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_19475088.jpg
岡山から岡田さんが、
愛機アルシオーネの車検に来訪された。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_19475670.jpg
避暑を兼ねて、
ちょっと長めにお預かりする。

この赤に近い色も開田高原で見た。

オーガニックとアルカロイド_f0076731_16433452.jpg
正面右側にネットで囲まれた畝が見える。
良く見ると真っ赤な何かが付いている。

なんだろう。
花なのか果実なのか見当がつかない。

でも商品作物である事は間違いない。

オーガニックな世界で過ごしていて、
ふと思い出したのは、
小川さんから戴いた焼き菓子だ。

何となくオーガニックだった。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16504652.jpg
会社に戻ると、
リリエンベルグのお品書きが出てきた。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16505530.jpg
さっそくケーキが何か調べると、

オーガニックとアルカロイド_f0076731_16510481.jpg
パウンドケーキは三種類あった。
オレンジ、
フルーツ、

これはティーパウンドと呼ばれるお菓子だった。
しっとり粉っぽいのは、
紅茶だったんだ。
アールグレーにコニャックの香りを染み込ませたようだ。

となると、
気になって仕方がない。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16511799.jpg
ドイツに行ってる間に消費期限の来た、
このお菓子はどんな味なのか。

美味しかったと言っていた、
むっちゃんにどんな味だか尋ねたら、
「ブルーベリージャムが入っていて美味しかった!」
と嬉しそうな顔をした。

お品書きを見ても、
そんな説明は一つもない。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_16512504.jpg
形を見ると、
ブルクテアターが近い。

初めて見るお菓子だ。
よく読むと「アカスグリ」のジャムとある。

なーるほど。

最近ブルーベリーのジャムを作っているので、
食感が似ていて間違えたのか。

スグリ科スグリ属のフサスグリは、
赤と白に分類できる。
シロスグリは甘味があり生食も可能だが、
アカスグリはとても酸っぱいのでジャムかゼリーか、
あるいはリキュールになる。

リキュールと言えば、
カシスを思い出す。
スグリ科にはフサスグリの仲間にクロスグリがある。

これは別名カシスと言い、
クレーム・ド・カシス(リキュール)の代名詞だ。

最近飛行機に乗ると、
食後酒を呑むのが楽しみになった。

様々なリキュールがあるけれど、
食後の食器回収コンテナに、
ベイリーズやシャリーが載っているのを見た事があるはずだ。

ベイリーズはアイリッシュウイスキーにクリームが入ってる。

誰もリキュールだと思っていないが、
養命酒のような薬用酒もリキュールの一種だ。

カシスやアカスグリを使う果実系のリキュールもあれば、
養命酒のような薬草系リキュールもある。

かと思えば、
カンパリのように何でできてんだか、
サッパリ解らないコカ・コーラのようなリキュールもある。

そんな事を考えていて、
ふと思い出した。

そう言えばとんでもないリキュールがあったな。

ヴァンゴッホを廃人にして、
ロートレックも狂わせた、
「緑の魔酒」と呼ばれる魅力的なリキュールだ。

アブサンは20世紀初頭のヨーロッパで、
作ることを禁じられた危険で魅惑な酒だ。

高純度なアルコールに、
ニガヨモギ、アニス、ウイキョウなどの精製油をブレンドし、
様々なスパイスも投じた。

魅惑の素はアルカロイドだ。

薬と毒は表裏一体だ。

自制心を失った中世の人々は、
アブサンの虜になり、
その結果アブサンは長きにわたって封印された。

オーガニックは天然由来の肥料を使い、
農薬や化学肥料を一切使わず野菜を育てる。

自然界にある有機物を活かし、
自然の摂理に沿って育てる。

アルカロイドは、
天然由来の有機化合物だ。

有名なのはケシから作るモルヒネだが、
ニガヨモギに含まれるツジョンというアルカロイドが、
芸術家たちに様々な肉体的影響を与えた。

最も解り易い絵画が、
1901年に描かれた、
アブサンを飲む男だろう。

1900年代と言うと、
ヨーロッパではクルマの成長期にあたる。
ポルシェ博士が人類初のハイブリッドシステムを、
パリ万博に出展したのも1900年だ。

その翌年にアブサンを飲む男が描かれている。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_20065760.jpg
最も新しいSUBARUで、
日本でアブサンに由来する場所を訪れたくなった。

ドイツで乗った感覚を、
忘れないうちに日本で走り、
夏祭りでスバルファンと大いに語り合うためだ。

オーガニックとアルカロイド_f0076731_20070284.jpg
国内仕様のアドバンスは、
とてもアダルトなエクステリアだ。


オーガニックとアルカロイド_f0076731_20070868.jpg
その隣のX-BREAKは、
アメリカンなスポーツタイプだ。

正に欧州仕様が目指したのは、
ヨーロピアンスタイルだ。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_20101753.jpg
この違いが分かるだろうか。

SUBARUはなかなか上手く作り分け、
様々なリキュールを顧客に提供している。
オーガニックとアルカロイド_f0076731_20072404.jpg
国内のアドバンスに、
最もヨーロピアンなタイヤを履かせた。

この走りも楽しみだ。
まだ本気で試していない。

偶然だけど、
このクルマで初めて行った場所に、
アブサンに関わるワイナリーがあった。

ニガヨモギを含む酒に、
ベルモットがある。

カクテルのマティーニを作るために欠かせない、
ワインの一種だ。

これもリキュールのように思えるが、
あくまでもワインらしい。

何故そこでアブサンを売っていて、
今はどうして止めてしまったのか、
具体的な話を聴いて来よう。

あのサントリーもアブサンを作っていた。

もう一度作ると面白そうなお酒だぞ。
1981年に世界保健機関が製造を認め、
あちこちで製造が復活している。

明日が待ち遠しい。

Commented by K.Y. at 2019-08-11 22:43 x
>ドイツで食べた堅いパンが食べたくなった。

ドイツパンなら豊根村R151沿の「ベッケライ ミンデン」もお勧めですよ。
昨日も妻と(ヴェゼルで)行ってきました。

中津川からだと恵那からR257を進み、茶臼山高原道路(r507、506)を経てR151に入るルートになりますね。
三遠南信道が中央道から東栄ICまでが開通したら行きやすくなりますが、まだ時間がかかりそうです。

私は名古屋市名東区からなので猿投グリーンロード、R153、R257(以下同じ)で行くか、R153 、R418で新野の道の駅に寄ってからR151を南下します。
昨日は後者のパターンでした。
豊根の道の駅グリーンポート宮嶋もお気に入りです。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-08-06 22:12 | Comments(1)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction