人気ブログランキング |

「下ごしらえ」の大切さ

f0076731_16203493.jpg
新鮮な鶏軟骨を戴いた。

いつもありがとうございます。
f0076731_16203958.jpg
これまで焼いて食べるのが当たり前だった。

大宮君に聞くと、
彼は家で唐揚をリクエストしたそうだ。

確かに細かく「下ごしらえ」して、
これを唐揚にしたら、
美味しそうだな。

下ごしらえの手間がかかるが、
それによって更に魅力が増えそうだ。

生田さん、
ありがとうございました。

大切なことに気付きました。
f0076731_13103045.jpg
寒い時に撮影した生田さんの姿と、
昨日お目に掛かった、
衣替えの姿を見て、
f0076731_13103621.jpg
やっぱり、
愛馬にまたがるカウボーイだなと、
しみじみ感じた。

生田さんは、
自動車家畜論を深く理解し、
間違いなく同意されているはずだ。

この日はハイエースで来訪されたが、
走り去る前に愛機に乗り込む様子は、
正に愛馬にまたがる姿そのものだった。

生田さんは、
何事に対しても「下ごしらえ」を徹底されている。

見習わなければならない、
大事な姿だと実感した。

昨年の秋に苗木を沢山植えた。


ところが、
一部を除いてほぼ全滅した。

「下ごしらえ」が不十分だった。

穴を掘って早く埋めないと枯れてしまう。

その焦りが、
望桜荘の庭に植えた3本以外、
欅などを中心に全滅した理由だろう。

最近調子が良かった。

以前の頭皮は悲鳴を上げていたが、
それに全く気が付かなかった。
f0076731_13413155.jpg
背後にあるのは、
娘の成人式の時に写した画像だ。

かなりヤバかったが、
すっかり落ち着いた。

あの頃はやみくもにシャンプーしていた。

今のように「下ごしらえ」の発想は無く、
下手すると一日三回ぐらい、
いきなりシャンプーして乾かした。

ブラッシングなどしたことが無かった。

何故なら、
何度も洗うから体が頭皮から皮脂を出し、
守ろうとしているにのもかかわらず、
それを繰り返し取り除くからベタベタしてくる。

そんな無益な行為の繰り返しが、
頭皮の発疹となって現れたが、
気が付くまでに長い年月を要した。

お湯だけで丁寧に洗い、
下ごしらえし、
乾かしたら丁寧にブラッシングする。
f0076731_13413782.jpg
ブラッシングすると、
血行が良くなり気持ちが良い。

その瞬間を画像に収めた。

暑くて汗をたくさんかくのに、
以前よりスッキリ爽やかだ。

白っぽくなったが、
抜け毛は減った。

この「下ごしらえ」が出来ない男は、
43歳でも風貌がとても年相応ではない。

その上、
とても穏やかとは言えない顔つきで、
ジリジリギラギラとクルマを走らせ、
手当たり次第に追いかけ回す。

貸したディーラーも無責任だ。

どんな事情か知らないが、
あれだけの代車を出すには、
相当な力関係が無ければありえない。

新車を買ってくれたのなら解るが、
修理代車などと平気で言うところに、
あのブランドのおこがましさも感じた。

まあ、
そう言う事なんだな。
貸す方も貸す方なら、
借りる方も借りる方だ。

クルマをモノとしか見ていない。

クルマは家畜なんだ。

自動車家畜論が理解できるオトコと、
巡り合うことが出来た。
f0076731_13414329.jpg
埼玉から山本さんが来訪された。
彼の愛馬はチャールサイトイエローのBRZだ。

もう一台86レーシングも所有しているが、
それには悲しくも尊いヒストリーがあった。
f0076731_13414838.jpg
その理由が載っていた。

和田さんという、
彼にとって大切な仲間が、
病に侵され帰らぬ旅に出た。
f0076731_13415402.jpg
生前「治ったら中津スバルに行きたい」と、
何度もおっしゃったという。

願い叶わず亡くなった友人の弔いを兼ね、
中津スバルに来訪された。
f0076731_13415924.jpg
もうひとり一緒に来られた男性は、
SUBARUの一員だった。

SUBARU・インテリジェント・サービスにお勤めの、
藤田さんは三鷹を拠点として活躍されている。

彼も和田さんと親しくされた一人だ。

楽しいひと時をありがとうございました。
共にご供養させて頂く機会が持てて、
とても嬉しく過ごせました。
f0076731_18564698.jpg
ステキなお土産だ。

ニシダ飴ってどんな味なんだろう。
f0076731_18565215.jpg
袋を見ただけでときめいた。
f0076731_18584454.jpg
素朴な図柄の箱を開けると、
アラカルトが目に飛び込んだ。

f0076731_18565760.jpg
オーソドックスな飴の他に、
「はつしも」も気になった。

しかし、
それ以上にきな粉の存在が、
f0076731_18570308.jpg
ざわざわざわと心の襞を揺り動かした。

とても香ばしそうだ。
f0076731_18571051.jpg
柔らかいけど歯応えがある。

飽きの来ない味だ。

それほど強い甘味は無く、
かえって拍子抜けするほどだ。

でも噛み締める喜びがある。
f0076731_18571636.jpg
BRZのように軽快な味だ。

何とも不思議な食感の組み合わせだが、
まとまりがとても良く軽くって高性能だ。

ステキなお菓子をありがとうございました。

和田さんの意思は、
和田レーシングの存在として残った。

そのモニュメントとして、
和田さんの残した愛馬は丁寧に「下ごしらえ」され、
免許を手にした御子息の手に渡る。

その役割も担われている。

冒頭の写真で黄色いBRZと並ぶ、
シルバーの86が和田さんのかつての愛馬だ。

何かのお役に立てたでしょうか。

また是非、
皆さんお誘いあわせの上お出かけください。

BRZ&86が、
ズラリと並ぶ景色も壮観だろう。

Commented by mkthanshin at 2019-08-20 11:23
社長、こんにちは。
あの43歳の男にはほとほと呆れるばかりです。
報道では私の母校のOBで学部も同じ、我が家のファーストカーは試乗車と同じメーカーでした。
全く面識はないですが、やり場のない怒りがこみ上げています。
このブログの読者にはそのようなのはいないと思いますが。
野上
Commented by b-faction at 2019-08-20 12:28
> 野上さん、あれはワルですね。八王子あたりにも似たようなのが居るので気をつけた方が良いですね。そいつらは更に悪くグルになってます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-08-18 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction