人気ブログランキング |

ブルーベリーと生卵の強靭性

f0076731_20164419.jpg
今年最後の収穫だった。

社員が畑で採れた最後の果実を、
「どうぞ食べてね」と持ってきてくれた。

小ぶりだが、
一粒食べて驚いた。

物凄く甘い。

これまで感じた事のない甘さだった。

冷蔵庫に入れて、
暫く冷やしてから、
f0076731_20373388.jpg
一気に手に取って食べ切った。
f0076731_20374895.jpg
御馳走様でした。

とにかく「販売されている肥料」を与えた事は無いし、
鳥や虫に襲われても、
手の届く範囲でしか駆除しない。

一気に消毒など夢にも思わない。

雑草を堆肥化して、
冬になる前に根元に掛けてあげた。

ただそれだけなのに、
今年はたくさん実を付けた。

随分と実が強靭になった。
SUBARUのボディ全般に言える事だな。

特にBH/BE系に感じる強靭性だ。

沢山楽しませてくれてありがとう。

先日隣のコンビニで生卵を買った。

いつもインスタントラーメンを作る時、
カット野菜と一緒に入れる。

その卵を買う時に、
ちょっとした異変があった。

買ったとき、
6個入りは2パックしかなかった。

手前のパックを取りレジに行くと、
「あ、これは良くないので交換します」と、
もう一つのパックに取り換えてくれた。

持ち帰って拉麺を作った。

その時は気が付かなかったが、
次の時におかしなことに気が付いた。

白身が漏れ出ている卵があった。

取り上げると、
ヒビが入っていた。

おかしいなと思いながらも、
それを捨てて次の卵を選んだ。

すると、
その卵にも下側に小さな穴が開いて、
白身が涙のように漏れ、
容器を接着するように固まっていた。

交換してもらいに行けばよいんだが、
たかだか玉子1パックのために、
猛暑の道ばたを歩きたくなかった。
f0076731_20385144.jpg
パックの中から割れていない卵を選び、
拉麺を作った。

次にチキンラーメンが食べたくなり、
翌日のお昼もラーメンを作ることにした。

一つ取り出そうとして、
思わず手を引いた。
f0076731_20385771.jpg
引っ張ったら、
玉子がまるで風船が割れたように砕けたからだ。

殻が凄く脆い。

ペットリと底に貼り付いてた。
f0076731_20390345.jpg
ピリピリと剥ぎ取って、
裏側を見た。

丸い二つの点が見えるはずだ。

これが原因でパックに固着し、
取る時にモノコックが砕けた。

この時に解った。
普通より物凄く儚い感じの卵の殻だった。

幸いもう一つは無事で、
無事にチキンラーメンは完成した。
f0076731_20390854.jpg
NG率は50%と高かった。

おそらく、
そのロット全体が脆弱だったのだろう。

生き残って、
最後に出した玉子自体も脆かった。

チキンラーメンの上に載せただけで、
だらりと黄味が割れて容器の底に沈んだ。

普通ならば白身の弾力性に守られ、
くぼみにしっかり収まるが。

このように容器の側面に固着した。
f0076731_20391340.jpg
味や見た目には異常が無いので、
不良品とは言えない。
ただ、
通常通りの流通形態でも、
殻が持たない脆弱な卵だった。

軽自動車の開発に似ているね。
自宅の納戸から面白いものが出てきた。
f0076731_20391807.jpg
レオーネの時代だから、
下手すると昭和46年頃かもしれない。
ディレクターチェアが一気にクローズアップされたころだ。

夏休み企画の賞品だった気がする。

あの頃からくじ引きは人気だった。

もう一つのプレスサッチェルは、
WRCで活躍した名残だが、
もう20年以上前に遡る。

中古部品コーナーに仮置きしたが、
どうも様にならない。

今日は全員で掃除に明け暮れた。
f0076731_20392341.jpg
STIギャラリーのクルマを出して、
綺麗に床を洗い商品を整理整頓する。
f0076731_20392935.jpg
無駄無理ムラを防ぐには、
最も効果的な作業だ。
f0076731_20393457.jpg
ツンと鼻の奥に甘酸っぱさが漂う。

良い時代を楽しめた。
SUBARUよ、
本当にありがとう。

一緒に強靭な姿を燻蒸してきた。
f0076731_20394007.jpg
洗うという事は、
実に素晴らしい自己鍛錬だ。
f0076731_20394530.jpg
きれいさっぱり水に流す。
f0076731_20395334.jpg
日本人の美徳だね。
f0076731_20400439.jpg
大切にしたい日本の精神だ。
f0076731_20401166.jpg
これが全員でやれることが、
何より素晴らしい喜びだ。
f0076731_20401706.jpg
そして強靭になる。

二つのレガシーには、
f0076731_20402283.jpg
やはりこの場所が似合うだろう。

間も無く熱い仲間がやって来る。
f0076731_20402703.jpg
そこに、
栄光の証を掲げた。

f0076731_20403271.jpg
そしてディレクターチェアの居場所も決まった。

f0076731_20403716.jpg
正に講師が座るのに、
ぴったりな椅子だな。

捨てないで良かった。
これから大切にしたい。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-08-19 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction