人気ブログランキング |

電気自動車とSK9型フォレスター

好~い香りだ。
f0076731_16042264.jpg
先日、
開田高原にある「cafe Kaze」で、
美味しいコーヒーを飲みたくなった。

水と空気と景色の三拍子が揃うから、
珈琲豆の最適な味を引き出せる。

まあ、
どんなものでも、
その場所にぴったりだと味が際立つ。

もともとフォレスターには、
アーバンライナーの側面があった。

e-BOXERを搭載したアドバンスは、
正にアーバンライナーそのものだ。

その側面はもはや、
フォレスターのほぼ全てじゃないかと思われるほど、
日本にはラフロードが少なくなった。
f0076731_16042849.jpg
けれども特にX-BREAKにとって、
ラフロードは泥んこ遊びするための場所だ。

スペックのおさらいだ。
【車名】
SUBARU FORESTER X-BREAK
【駆動方式】
AWD(全輪駆動)
【型式】
SK9B5DL QIC

いよいよB型に刷新されたが、
クルマの諸元には何の変化も無い。
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4625×1815×1730
ホイールベース(mm):2670
トレッド前/後(mm):1565/1570
最低地上高(㎜):220
車両重量(kg):1530
最小回転半径(m):5.4
乗車定員 5名
【エンジン】
FB25/水平対向4気筒2.5L DOHC16バルブデュアルAVCS直噴
内径×行程(mm):94.0×90
圧縮比:12.0
最高出力kW(PS):136(184)/5800rpm
最大トルクN・m(kgf・m):239(24.4)/3500rpm
【燃料供給装置】
筒内直接燃料噴射装置
【変速機】
リニアトロニック(マニュアルモード付)
【ステアリングギヤ比】
13.5:1
【燃費】
14.6km/l (JC08モード)

【このクルマに標準装備されるもの】
アイサイト(ツーリングアシスト付)
アイサイトセイフティプラス(運転支援&視界拡張)
7速パドルシフト
17インチアルミホイール
オールシーズンタイヤ
サイドビューモニター
撥水ファブリック/合成皮革シート
パワーリヤゲート

B型で追加されたリヤシートリマインダーは、
後席に荷物の置忘れが無いか、
確認を促すシステムなので、
形状などには全く変化はない。

サイドビューモニター
ステアリング連動LEDヘッドライト
LEDフロントフォグランプ
撥水カーゴフロアボード 

もう一つ、
ライセンスランプがLEDになった。

きっと夜間の後姿がスッキリしたね。

運転席&助手席パワーシート
前席&後席左右シートヒーター
ステアリングヒーター

【変速比(マニュアルモード時)】
1速 3.600
2速 2.323
3速 1.647
4速 1.241
5速 0.979
6速 0.746
7速 0.557
減速比 3.700

テストしたクルマの税抜新車本体価格
2.960.000円
ボディカラーはクリスタルブラック・シリカだ。
f0076731_16043384.jpg
今はいらないが、
真冬の朝ほどステアリングヒーターや、
シートヒーターが嬉しい事は他に無い。

すぐ効き始めるので快適だ。
これはSUVにとって、
欠かせない装備だ。

2000km以上走っているので、
思う存分アクセルが踏める。
f0076731_16043986.jpg
そうそう、
忘れてはいけない。

外観上ほとんど目立たないが、
f0076731_16044479.jpg
フォグランプの周りにある黒いガーニッシュは、
これまでのピアノブラック処理から、
ボディと同じクリスタルブラック塗装に変わった。

他のクルマでも、
色が変わっても、
全てクリスタルブラックに統一された。

並べてみないと解らないね。

つくづく思ったね。
f0076731_16044984.jpg
あくまでも個人的な趣味だが、
やっぱりブラックの外装色がとっても好き!

渋い色にしか見いだせない魅力だ。
やっぱりフォレスターって最高だね。
f0076731_16045687.jpg
ブラックボディで気になるのは、
オレンジ色の差し色だ。

これは好みで決める事なので、
買う人の好き好きだ。

ジューシーなオレンジというよりも、
少し血の滲んだように感じる、
アルマイトのオレンジは、
どうも簡単に馴染めない。
f0076731_16050259.jpg
カラビナをイメージした、
クオリティの高い仕上げだ。
f0076731_16050826.jpg
シートのステッチも鮮やかで、
フロアマットもキッチリと存在を誇示する。

日本人よりもアメリカ人が喜びそうだ。
f0076731_16051307.jpg
このクルマの購入には、
サンルーフが欠かせない。

丸一日走り回り、
フォレスターに出した結論。
それはもし買うなら、
「ルーフレール付きのTouring」だね!

決めた!

これはあくまでも個人的な好みなので、
もし参考になるなら良く見て欲しい。
また、
そうじゃなければ「ざれごとを!」と読み飛ばして欲しい。

ベストチョイスは、
【型式】
SK9B5BL TIC
税抜き本体価格が285万円の、
マグネタイトグレー・メタリックが素敵だね。

クリスタルブラックも良いが、
あの素敵なグレーの車体色は、
アウトバック以上にフォレスターの存在感を引き出すだろう。
f0076731_17454972.jpg
マグネタイトグレーの濁流が流れる畔に、
フォレスターを佇ませた。
f0076731_17455531.jpg
中津川近辺には馴染みのない、
凄味のある独特な河の様相は、
赤石岳の構造体から流れ出る、
豪雨の後の特別な土砂だ。
f0076731_17461300.jpg
この特徴的な色は、
地球の奥深くを想像させる、
マグネタイトのイメージだ。

台風の影響で相当の激流に襲われ、
樹木の足元もグレーに染まっている。

昨日のブログで紹介した、
泥んこ遊びは最高だった。

あれ、
真似しないでね。
一見、
普通の車で走れそうだが、
物凄く滑るので、
抜け出せなくなるかもしれない。

無邪気に遊んだ後のフォレスターには、
黒い車体にグレーのダストが良く似合う。
f0076731_19332792.jpg
悪戯っぽい顔をしたフォレスターが、
最高の笑顔を見せているように感じた。

f0076731_19335256.jpg
泥んこ遊びが似合うクルマ。
これこそSUBARU本来の持ち味だ。

これがマグネタイトグレーなら、
もっと渋くてカッコ良いと思わないか。

動画

フォレスターのオンロード性能も紹介する。

この場所は実にクルマの本性を良く表す。
車体が軽い事が良く解る。

やはりアドベンチャーが好きならガソリンだ。

アーバンを好むならアドバンスだ。

電気仕掛けと内燃機はしっかり住み分けが可能だ。

捨てるエネルギーを回生するためには、
もはや電動化を避けることはできない。

電気が大好きなので、
その点に全く反論は無い。

アドバンスは完全にフォレスターを上回り、
現行のアウトバックも凌駕する別格のクルマだ。

その辺りを良く比較し、
自分のライフスタイルに合わせて選んで欲しい。

いつもより早く中津川に戻ったのには、
明確な理由があった。

コイツに乗るためにルビットタウンに滑り込んだ。

f0076731_19340022.jpg
片側4輪で見覚えのあるホイール。

メイドイン「イングランド」と書いてある。
f0076731_19340741.jpg
今でも新品で大量に買えるのか。
ちょっと嬉しくなった。

運転席に興味があった。
f0076731_19341287.jpg
良いセンスだ。
ステアリングは、

f0076731_19341997.jpg
昔のインプレッサWRX御用達のブランドだ。


電気自動車はスバルのお家芸だった。

その技術を使って草刈り機を作った。

安全のために馬鹿除けが何重にも張り巡らせられ、
セオリーを守らぬとフリーズする。

f0076731_19342490.jpg
ターンランプスイッチも見覚えがある。

なるほどね。
拘りを感じるね。
f0076731_19343214.jpg
むつらぼしが付いている。


まだ間に合う。

とにかく乗ってみて欲しい。

何処でも乗り降り自由で、
皆の注目を浴びるのに知らない市民が多すぎる。

電動車両とはこういうモノで、
うまく使い分ける必要がある。

全て電力で賄うより、
エネルギー密度を考え使い分けると、
より美味しくクルマを楽しめる。
f0076731_16052104.jpg
長野市から大原さんが来訪され、
拘りのレガシィツーリングワゴンをお譲りした。

このクルマは軽くて面白く、
ターボの味も際立っている。

是非末永く飼って欲しい。
f0076731_16052771.jpg
お土産を戴き有難うございました。

クラッチのキレ味を楽しむようなお菓子だ。
f0076731_16053124.jpg
見ただけでそんな気がした。

皆で味うのを楽しみにしています。

ご実家が鹿児島だという事で、
f0076731_17413629.jpg
珍しいお菓子を頂戴した。

f0076731_17414196.jpg
この飴も初めて見た。
本当にありがとうございました。

時間が出来たら、
是非DEにお出かけください。

お待ちしております。

はっきり言うけど、
まだまだ内燃機関を軽んじてはいけないし、
電気自動車の革新的技術も期待したい。

でも電気はまだまだ成長過程だ。
昭和40年代にR-2で開発した頃と、
今の技術に革新的な差があるのだろうか。

やっぱり切り分ける所は、
キチンと切り分けた方が良いね。

決った場所で繰り返し乗るような、
充電にストレスを感じない使い方なら、
電動機のメリットは大きい。

でもアドベンチャーには内燃機かな。
それほど大きな燃費差を感じないし、
燃料タンクが小さくて重量もある。

それ以外の魅力は、
e-BOXERの変身能力だ。

元々ガソリン車より仕立てが良く、
内外装が贅沢なうえに、
モーターのダンパー効果で、
レガシィを超える上質なクルマに変身する。
それをはっきり伝えておこう。
その極意に痺れて欲しい。

最新型のX-BREAKは、
今度の土日迄試乗する事が出来る。
ADVANCEとの比較も可能だ。

是非このチャンスを見逃さず、
中津スバルへCome on!

Commented by ohara at 2019-08-23 09:20 x
代田社長様。
拘りのレガシィツーリングワゴンを譲り受けました大原です。
運転のご教授により、久しぶりのMT車でしたが長野まで快適に帰れました。
言葉足らずですが、エンジン音・シフト操作が気持ちよく、運転がとても楽しいです!
永く乗れるよう大事に扱います!
DEやイベントにお伺いいたしますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by b-faction at 2019-08-23 15:30
大原さん、こんにちは。絶品のレガシィをお気に召して戴きとても嬉しいです。DEにぜひお出かけ下さい。お待ちしております。
Commented by 永島 達也 at 2019-08-24 12:45 x
代田社長
こんにちは!いつもお世話になっております。
クリスタルブラックのフォレスター、素敵ですね。
何度も読み返しております。。
Commented by b-faction at 2019-08-24 13:44
> 永島さん、こんにちは。黒も好きですが、今度採用になったマグネタイトグレーも似合うので注文しちゃいました。消費税が上がる前にショールームに並べられそうです。またお気軽にご来店下さいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-08-22 22:02 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー