人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点

レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_15520843.jpg
カッコイイな。
夏祭りを前に、
最新のレヴォーグが届いた。
1.6GT-S Adovantage Line

ブラック塗装の18インチホイールが、
クールグレーカーキのボディに良く似合う。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_18023301.jpg
これはスバルの放った特別仕様車で、
定めた韻に従い細部までしっかりとコーディネートが行き届く。

レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_18024483.jpg
このコーディネートは、
チャールサイトイエローのBRZで際立った。

あれ以来良い意味でSUBARUの韻となった。

最も美しかったBRZに引けを取らないほど、
特別なレヴォーグは異彩を放つ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_18025565.jpg
ゴアミラーも当然ブラックだ。
フロントグリルに合わせ前から後ろまで一本の筋が通っている。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_18031301.jpg
グリルをダークメッキとブラック塗装で仕上げたのなら、
この色に限ってシャークフィンアンテナも黒で良かったかな。

ラスターブラックのリヤオーナメントも、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_18032455.jpg
BRZを思い出させる。
車名と、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_18033603.jpg
こちらを「SUBARU」にしても良かったかな。

或いはBOXERでも良いかな。

インテリアもSUBARU伝統の仕上がりだ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_18035573.jpg
ブルーのドレープ調加飾は、
このクルマだけの贅沢な装備。

ウルトラスエードのシートには、
本革のアクセントがきらりと光る。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_18062233.jpg
このセンスの源流は、
おそらくポルシェデザインだ。

初めてB4が誕生した時、
RSKに用意されたレザーシートを思い出す。

8月を振り返る。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21091325.jpg
平方さん、
今年もありがとうございました。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21091903.jpg
ステキなだだちゃ豆だ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21092578.jpg
とても美味しくいただきました。
ビールが美味しい毎日だった。

これが届いた木曜日は、
今月最後のヨガの日だった。

何と、
8月は1日も休むことなく、
5回出席を重ねた。

快調だった。

その日の昼ご飯に、
オリエンタルカレーからの、
珍しいプレゼントを活用した。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21120257.jpg
レトルトカレーの要領で、
なんと「どてめし」を作ったのか。


これも痛風に悪い。
そんな食べものに、
なぜかいつも心がときめく。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21120916.jpg
さっそく温めてご飯にかけて、
カット野菜を買って来て、
ご飯の空き皿に盛った。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21121633.jpg
なかなか美味しいが、
ハヤシライスみたいで、
「どてめし」には中途半端かな。

もう少し、
赤味噌のガツンが欲しい。

けど、
なかなかバランスが良く、
癖も無いから美味しく最後まで食べた。
その夜の血圧だ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21181982.jpg
帰宅前にジムに寄り、
最初に血圧を計った。

そしてヨガで体の歪を緩め、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21182804.jpg
その直後に血圧を測り直した。
ふーん。
両方下がると嬉しいのだが。

体重はどうか。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21183429.jpg
65kgを超え少し増えたが、
行ったり来たりで安定している。

それはそれとして、
BMIと体脂肪率の変化を考察してみよう。

この変化がなかなか面白い。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21184005.jpg
どてめし食ってヨガしたら、
BMIは21.2で、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21184568.jpg
体脂肪率は14.5%だった。
あくまでも体重計のデータだが、
データ化して比較すると見えないものが見える。

ちょっとデータで楽しもう。
一週間前のヨガではどんな結果を得たのか。

あの時は、
どんな食生活だったのか。
そう言えば前日の水曜日に、
かなりカロリーオーバーな食事を摂った。

昼飯はざる蕎麦の超大盛を食べた。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21273661.jpg
夜はビールをガンガン飲んだ。
焼き鳥食べて、
刺身食って、
腹いっぱいになった。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_14064660.jpg
そしてあくる日、
ヨガの前に血圧を計測した。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21231877.jpg
いきなり比較的良い数値が現れた。
これは何故か良く解らない。

ゆっくりと、
余裕をもって階段を上ったからかな。

ヨガで体を整え、
もう一度測った。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21233108.jpg
なんだ、
悪くなったぞ。

先週は不思議な結果に終わったかというと、

まだ終わらない。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21234574.jpg
体重は全く同じだ。
徐々に太っちゃった。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21235444.jpg
ところがBMIは1.2ポイント良かった。
BMIも良い数値だったが、
次のデータに驚いた。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21240430.jpg
その時は、
体脂肪率が今の半分以下だった。

何故か記憶を振り返ると・・・・、
解った!

呑んで食べたけど、
30分以上汗をかきながら歩いた。

しっかり歩くと、
健康には良いね。

じゃあ、
それから4日後の26日に、
泳いだ後の結果はどうだったのか。

振り返ろう。
その26日に食べた昼飯は、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21330930.jpg
これなんだけど、
何かわかるかな。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21352992.jpg
ちょっと塩分は多い。
油で揚げてあるけど、
工夫して食べるとヘルシーだ。

あの国民食の、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21332321.jpg
チキンラーメンだ。

これに野菜を入れて玉子も載せ、
電子レンジで2分10秒きっかり熱する。

熱いので、
先に野菜と玉子をゆっくり食べる。

スポーンで麺をすくいながら、
アツアツをすする。

この食べ方だと腹持ちが良く、
間食が必要ない。

意外に消化も良く胸焼けしない。

そして夜になった。
帰宅前にプールで泳いだ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_14552630.jpg
8月19日に泳いでから、
この夏2度目の水泳だ。

久し振りに500m泳げた。
記念すべき日だ。

泳ぐと効果はてきめんだ。
その日は見事に体重が減り、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21392774.jpg
あと少し頑張れば、
64kg台に戻れる。

サウナはもうやめた。
だから強引に水分を抜いてない。

確実に燃焼したのだ。

BMIも改善したかな。
ところが、

レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21393457.jpg
なぜかこの時点で0.1しか差が無く、
元に戻ってしまった。
体脂肪はどうなのか。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21394643.jpg
あれれれ、
こ体脂肪率も戻ってしまった。

やっぱり、
体質というのは簡単に変わらない。

歩かないとダメだという事だ。

ゲーム感覚でデータ集め、
比較して変化を楽しみながらカラダも労わる。

ところで、
土曜日に面白いアレンジでラーメンを作った。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21461707.jpg
玉子を一個だけにして、
野菜を多めに入れたほうが美味しい。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21331623.jpg
このラーメンの場合は、
3分15秒くらいレンジにかけると良い。
玉子は硬くなるけど、
野菜にスープが馴染む。

胡椒よりも七味唐辛子を掛けると美味しい。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21473863.jpg
天羽さんに戴いた、
地域限定のチャンポン麺だ。

これってヘルシーだよ。

すぐ太るので、
やっぱり体重は注意深く見守りたい。

けれどもムキになって痩せようとも思わない。

せっかく内臓の腫れもすっかり消えた。

以前のようにベルトも締められる。
お腹を出さないよう、
健康に気をつけよう。

こういうことに鈍感だと、
立派なクルマ好きになれないよ。

久し振りにこのクルマがやって来た。

クルマの重量や体力も、
デビューの度に変わる。

発売後も頻繁に変わるし、
経年劣化で体力が落ちる。


レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21482182.jpg
もともと軽くてヘルシーなクルマだ。

またインプレッサハウスの仲間が増えた。
数年間、
車庫に放置されたままだった。
でもオーナーの愛情が深く、
迎えに行くと一発で始動した。

もっとヘルシーにしてあげよう。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21503689.jpg
まず洗車したら、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21511519.jpg
シャシーの汚れを洗い流し、
クルマの概略を掴んだ。

小物を外し、
気になる錆を早めに補修した。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21505052.jpg
リヤゲートを開けたら荷物で一杯だ。
傷の目立つ地味な純正ホイールが積まれている。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21510289.jpg
すぐに降ろした。
担当者が処分するつもりで洗車場に積んだ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21521144.jpg
タイヤには全く価値が無いし、
純正の16インチでは需要が無いと思ったのか。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21504388.jpg
装着されている、
タイヤと白いホイールは、
明らかにオーバースペックだ。

17インチを装着しても、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21505614.jpg
あまり良い操縦性は得られない。

エンジンルームは比較的綺麗で、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21510850.jpg
異音なども出ていない。
けれど飛びぬけて快調かと言えば、
健康状態は年相応に不摂生を重ねた感じだ。

目に見えない経年劣化は、
あちこちに及んでいる。
やはり、
かなりの予防整備が必要だ。

その前にやることがある。

室内を分解し徹底的に清掃だ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21512731.jpg
室内の様子で使われた経緯がほぼわかる。
余分なものはすべて破棄し、
出来るだけ元の状態に近づける。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21514194.jpg
リヤストラットタワーに、
ブラケットが取り付けられているが、
タワーバーは見当たらない。

転がってるトノカバーと同じで、
荷物の積むワゴンにとって、
邪魔にしかならない存在だ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21515001.jpg
これも丁寧に外して、
すぐ不燃物として処分した。

問題はカバーがあるかどうかだが、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21515593.jpg
流石にSUBARUだけあり、
純正部品のストックが豊富だ。

タワーバーを付ける時に、
切り欠いた跡が残るが、
一応目立たなくなった。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21520472.jpg
整備に取り掛かる時間的な余裕がなく、
とりあえず走れる状態でスタンバイさせた。

まだ十分な走行テストができる状態じゃない。

それにしても、
白いホイールとのバランスが悪い。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21521791.jpg
工房にはラリーを前に整備中のGC8が居る。
このクルマも、
入って来た時はヒトデみたいに野暮ったい、
ガンメタの標準ホイールだった。

それをゴールドの16インチにしただけで、
パリッと足元が引き締まった。

こちらもそうだ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21522339.jpg
オレンジのボディにさえ、
ゴールドのホイールが抜群に似合う。

極めつけはこのクルマだ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21523206.jpg
これ以外の組み合わせが考えられない。

SUBARUもいよいよ待ちきれず、
封印を解くらしい。

バカげた意地だと思うのだが、
WRCを撤退後、
コメットマークやゴールドのホイールを一切封印したままだ。

けっこう待ってる人は多いので、
WRCレプリカのVABを最後に出せば、
大当たりするかもしれない。

レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_15283653.jpg
オートサロンで目立ってたよね。
「S」シリーズには終止符が打たれたので、
モーターショーに向けて幕引きがどう始まるのか楽しみだ。

金色なら良いというモノではなく、
金色ほど難しい色は無い。

オートサロンのWRXは、
昔より色の抜けたゴールドに調色していた。

WRCとは関係ないという、
デザイン部の拘りかもしれない。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21523913.jpg
でもね、
そこはやっぱり韻を踏まないと、
大きな失敗に繋がるよ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21524686.jpg
黄味が強いと仏壇カラーになる。

だからゼロから調色するより
手っ取り早くコピーした。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21525735.jpg
幸いにも、
中津スバルには様々なストックがあるので、
いざという時にとても役立つ。

さっそくサンプルを基にして、
綺麗に下地を整えたホイールを、
4本とも金色に塗装した。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21530338.jpg
おお!
これまた良い味が出たじゃないか。
クルマに塗る色って難しく、
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_21530993.jpg
量産品なら数値で対応できるが、
クリエーターは再現できない色を創り上げる。

取り付ける日をお楽しみに。

これぞまさしくSUBARUだ!と、
乗る人を驚かせるスポーツワゴンに蘇らせる。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_15551154.jpg
スポーツワゴンや、
ツーリングワゴンは死語になった。

でも、
それをスポーツツアラーが受け継いだ。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_15552930.jpg
これなら買っておいていいだろう。
遂にレヴォーグは完熟した。
レヴォーグと初代インプレッサWRXの接点_f0076731_18234871.jpg
これを持つ喜びは深い。

その真実を確かめて欲しい。
ぜひショールームで!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-09-02 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31