人気ブログランキング |

秋の味覚とアウトバック

f0076731_19085771.jpg
お客様に美味しい山梨の葡萄を戴いた。
大進フーズさん、
ありがとうございました。
f0076731_19090347.jpg
瑞々しくて美味しかった。

いよいよ「秋の味覚」のシーズン開始だ。

人々が更に躍動的になるだろう。
f0076731_19090950.jpg
大展示場の花壇も一区切りついた。
先月最後のブログでも取り上げた。


さて、問題です。
このリンク先にある月末の画像と比べ、
何が変わったでしょうか。

良く見て欲しい。

見てもらってる間に、
ちょっとお知らせしたい事がある。

この時来て頂いたYOKOさんから、
ライブのご案内を戴いた。
f0076731_20334172.jpg
場所は茅野市にある、
Bar&ライブハウス「ピアノマン」だ。

開催日時は9月15日の17時開場、
開演は18時からだ。

問い合わせ先:Bar&ライブハウス「ピアノマン」
0266-78-6922
f0076731_20371984.jpg
その日は予定があっていけないが、
前日の14日にも、
伊那市エミー★ルミエールホールで、
19時開演のコンサートが開かれる。
f0076731_20410453.jpg
こちらに是非行って見たい。

興味のある方は、
是非お問い合わせいただきたい。

さて、
お知らせの間に見比べて戴けただろうか。
f0076731_19091783.jpg
応えは「培養土の投入」だ。

そして背後にある社員駐車場の境目も整えた。

f0076731_19092425.jpg
コンクリートのテストピースを活かして作った、
簡単な花壇だけど、
ここにも芝桜を沢山植えていた。

減ってしまったので、
樹木の周りで生き残った芝桜を移植する。
f0076731_19121533.jpg
一旦リセットした花壇を、
ちょうど真ん中あたりで二つに分割する。

西側を樹木エリア、
東側を花壇エリアと区分して、
苔の棲む環境も残す事にした。

ちょうど大谷石が使えるので、
面白い花壇になるかもしれない。

樹木には樹木の特性があり、
共生できる植物も環境によって異なる。

観察を続けながら、
次に望桜荘の山桜の前に行った。

足元に小枝が沢山落ちている。
何気なく見ていたら、
その中の一本がビクンと動いた。
f0076731_19122020.jpg
どれだと思う・・・・。
その動いた小枝は。
けっこうびっくりしたよ。
f0076731_19122628.jpg
これです。
何故ビクッと動いたのか目線を落して良く見た。


細かい蟻が何匹もたかっていた。

死の直前だね。
木から落ちた以上仕方がない。
自然の摂理だね。

でも、
見過ごせなかった。

蟻の野郎がカラダに入り込み、
噛みつかれることがある。

あれは蟻酸で攻撃するので、
蚊などの虫刺されより質が悪い。
f0076731_20494656.jpg
今年もひどい目にあったので、
思わず助けたくなった。

手を差し伸べたら、
必死になってよじ登って来た。

f0076731_19123235.jpg
その仕草が余りにも可愛くて、
蟻をすりおろし退治して桜の葉に戻した。
f0076731_19123771.jpg
おそらく死んでしまうだろう。

それとも、
頑張るのか。

まあ、
たかられて死ぬのも食物連鎖として重要だが、
そんな死に方は嫌なので助けた。

でも、
今年ってなんかいつもと違うよね。

このように幼虫たちが、
まだガンガン活動して、
蛹から蝶(蛾)になろうと頑張ってる。

蛻変って、
大好きな言葉なんだ。

その後で工房に戻りクルマを磨いたんだけど、
こうして3台並んだSUBARUを見ていて、
やっぱりSUBARUって面白いなとつくづく思ったよ。
f0076731_19124297.jpg
蛻変するのがだあーーーい好きな会社だからね。
四代目アウトバックのテールランプには、

f0076731_19124825.jpg
あの時代を象徴する、
作り込みの良さが有る。

現行型も他の車種より凝った作りで、
f0076731_19125435.jpg
フラッグシップらしさを強調する。
が矩形をリヤゲート側に延長できない、
未消化な部分を残したままだ。

現行のSUBARUは、
夜間のリヤビューから全くオーラを感じない。

リヤから前方に回り込む。
f0076731_19130517.jpg
ドアの形も根本から変わった。

スタイルを取るか実を取るか。

スタイリッシュなサッシュレスドアは、
SUBARUの小型車を象徴する。

今ではBRZに残るのみだ。

確かに現行型の乗降性は、
以前に比べて格段に良い。
f0076731_19125960.jpg
リヤクオーターガラスの位置が、
その事実を明確に物語る。

実用車にとって、
サッシュレスのアドバンテージは皆無だ。

前方に回り、
エンジンルームを見た。

f0076731_19132066.jpg
慣性吸入を促す、
でっかいアルミのインテークマニホールドは、
デーンと中央に陣取っている。

タコの脚のようなうねり方が、
とっても魅力的で手放せない。

おや、
f0076731_19132724.jpg
こんなところに、
オイルクーラーがあるじゃないか。

こんな小技がクルマ好きの心を躍らす。

そこから右に目をやると、
f0076731_19133335.jpg
無骨だが「効きそう」なインマニが、
声を大きく主張する。

俺は水平対向やでっ!!!、てね。

その点で、
現行型はスマートだ。

f0076731_19133808.jpg
エンジニアリングプラスチックで軽量化し、
何もかもが計算され尽くされて装着された。

オイルクーラーはもう必要ない。
f0076731_19151989.jpg
電パにはモーターしか無いので、
流体を冷却する必要性が存在しない。

その代わり高度な油圧装置がセットされ、
プリクラッシュブレーキのオイルプレッシャーを作り出す。

その結果、
f0076731_19152638.jpg
追突事故発生率が4年間で84%減少した。
(公益財団法人交通事故総合分析センターのデータを基に算出)

四代目の最後にこのシステムが完成したが、
f0076731_19153306.jpg
日の目を見たのは五代目だった。

たったこれだけ見ただけで、
その違いが良く判るよね。

それぞれの時代に、
それぞれの良さが沢山ある。

羽化してからの素晴らしさ、
芋虫の時の可愛らしさ。

人それぞれだよね。

中津スバルの周りには素晴らしい自然がある。

これからも大切にしていこう。
見えない何かが、
何時も見えるようになる。
なんて素晴らしい場所だろう。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-09-06 22:01 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction