人気ブログランキング |

破天荒なアルシオーネ六気筒XT-6

f0076731_21272885.jpg
栗きんとんの本家、
川上屋の栗みぞれだ。

今年に入ってから、
まだかき氷を一度も食べて無かった。

岡山市の岡田さんが、
車検の終わったアルシオーネを迎えに来られた。
f0076731_21273780.jpg
それで半強制的に(笑)、
甘い物を食べに行こうと誘った。

無理強いしてすみません。

川上屋の店頭で食べるお菓子は、
どれも本当に味が良い。

丹精を込めて作られている。

器に残った氷水は、
普通なら何とも味気ないものだ。


ところが川上屋のかき氷は、
最後の一滴まで美味しく飲める。

味が良いとは、
まさにこの事を指す。

岡田さんから、
ステキなお土産を戴いた。
f0076731_21275307.jpg
見ただけで、
どんなに味が良いのかすぐわかる。
f0076731_21280531.jpg
オーロラブラックという品種は、
この地域ではほとんどなじみがない。
f0076731_21281727.jpg
まさに丹精込めて作られている。

f0076731_21282935.jpg
この結び方を見ただけで、
果物に対する愛情が解る。

f0076731_21284777.jpg
取り出して、


f0076731_21290306.jpg
すぐ水洗いし、
f0076731_21291308.jpg
五粒皿に載せた。

f0076731_21292245.jpg
皮はめくり難い。
なので、
丸ごと齧って、
渋味が出る前に皮を出す。

それが美味しい食べ方かな。
f0076731_21293188.jpg
岡田さん、
本当にありがとうございました。

丹精込めて作られた、
XT-6は珠玉の作品だ。

SUBARUが執念でマルチシリンダーを世に送り出した。

あの頃の苦労を、
もう語れる人が居なくなった。

SUBARUの開発者達は、
なぜか優等生ばかりになって、
破天荒な人物などほとんど消えてしまったね。

このクルマを作った頃は、
とにかく破天荒で、
凄いヒトタチがワンサカ居た。

だから何が飛び出すのか解らない、
良い意味での凄味がスバルから溢れていた。

決して良く売れたとは言わないが、
このクルマからレガシィは誕生している。

あの時の220馬力は破天荒だった。
曲がらないクルマをシャシー技術で強引に曲げた。

最新のSUBARUはフォレスターだ。

世界中で大ヒットし、
SUBARUの屋台骨を支えている。

とても優等生で、
何処にも欠点は無い。

でも破天荒じゃないんだ。

岡田さんがXT-6を手放さない理由も、
ほぼ同じ気持ちから生じたはずだ。

天晴なクルマ作りに惚れてるからだ。

まさに最初の六発は、
職人技そのものだね。

まだやれるはずだ。
あの頃に帰ろう。


何が飛び出すか解らない、
そんなSUBARUに戻る日を期待しよう。

Commented by 五条銀吾 at 2019-09-14 08:38 x
アルシオーネねたのご紹介に感謝
XT-6、FLAT6のあまりの振動の無さに驚愕したものです
最近のFLAT6なら尚更なんでしょうね
FLAT6廃止の報は残念でなりません
Commented by b-faction at 2019-09-18 08:40
五条さん、その分を何かに振るはずなので、モーターショーを楽しみに待ちましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-09-13 22:21 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction