人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レーズウンウイッチと初代プレジデントH150

朝6時に出勤し、
パソコンのスイッチを入れた。

良い天気だ。

やけに甘いものが食べたくて冷蔵庫を開けた。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16214108.jpg
朝食代わりに、
東京の小川さんに戴いた、
「巴里小川軒」のお菓子を出した。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16214673.jpg
魅力的な焼き菓子だ。

急いで食べると胃にもたれるので、
ゆっくりゆっくり噛み締めた。

美味しい。

もう一つレイズンウイッチが残っていた。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16213513.jpg
さっくりしているが、
カロリーも高い。
指で持つと脂が滲むので、
こちらもサクッと切りながら食べた。

これで目が覚めた。

小川軒と一言で片づけられない。

御茶ノ水の駅近くにもあり、
同じ系列の店かと思ったら、
全く別の店だった。

御茶ノ水の店はレストランなのに、
良く見たら店内のレジでレイズンウイッチを売っている。

こちらをまだ食べた事が無い。

同じ味だと思い込んでいたが、
両店の味は違うらしい。

その御茶ノ水の小川軒に、
デモ機のプロジェクターを置き忘れた。

中津川に戻ってから紛失に気が付き、
慌てて心当たりに電話を掛けた。

良かった。

見つかった。

親切に保管して戴いた。

ありがとうございました。




次回上京したら、
御茶ノ水小川軒で食事して、
お土産にまたレイズンウイッチを買おう。

小川軒にさほど詳しくないが、
昭和の時代を駆け抜けた、
関東の老舗である事に疑いは無い。

あの時代は、
トヨタとニッサンが逆転する前だった。

東京のシェアはニッサンが高く、
皇室の御料車もプリンスロイヤルだった。

JAFも存在したが、


レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16075707.jpg
今とは違って、
地域格差が凄かった。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16080304.jpg
その時代にニッサンがフラッグシップに、
ホワイトカラーを投入した。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16244001.jpg
ニッサン初代プレジデント。
マイナーチェンジで投入されたホワイト。
ビニールレザーのルーフトップがお洒落。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16080864.jpg
メンテナンスノートも存在する。

愛知県で登録された新車が、
縁あって岐阜に流れた。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16085286.jpg
最終型がこの年の秋に発表され、
オートマチックトランスミッションが内製化された。

その直前なので、
ボルグワーナーのATを搭載している。

アメリカンな変速フィールで、
とても愉快だ。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16085753.jpg
当時も今と変わらず、
1000km点検が無料で、

レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16090363.jpg
もう一回無料点検が受けられた。
但し3000kmと今より短い。

時代背景を感じる。

道路事情が良くなかった。

レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16090913.jpg
5000km点検から有料になり、

次の1万キロ点検も記録が残る。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16091811.jpg
けれども距離に関して今ほど敏感ではなく、
書き漏らしも散見される。

15000kmで点検した記録も残る。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16092395.jpg
はっきりと走行距離が記され、

レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16092837.jpg
昭和47年2月9日、
15202kmの記録が残っていた。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16093213.jpg
その後はパッタリと記録が止まる。

所有者に経済的な問題でも生じたのか、
このクルマは第三者の手に渡った。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16371957.jpg
懐かしいメーターだ。
真横一列のスピードメーターは、
当時の高級車の韻だった。

指針ではなく、
ラインの色を赤く変えるメーターもあった。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16372669.jpg
最近の20年間は車検を取るだけで、
ほぼ使用されていない。

けれども、
それ以降3000kmとはいくらなんでも信じられない。

答えは簡単だ。

10万キロを超えた時、
ゼロにリセットされた。

今でこそ10万キロなど大した距離では無いが、
当時はクルマの寿命に等しいイメージだった。

オドメーターは偶然だが、
そう感じるような、
コンディションの個体だな。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16415674.jpg
エンジンはV型8気筒OHVで、
排気量は4リッター。

ブーン・・・ユサユサと大型動物のように走る。

思わず連想した。

美味しくて食べ過ぎると、
胃にもたれるレイズンウイッチだ。

そんな甘い感覚を持っている。
とても重厚感のある美味しい味だ。

これは面白い。
綺麗にして本領を発揮させるか。
レーズウンウイッチと初代プレジデントH150_f0076731_16473241.jpg
このナンバーだけでも価値はあるけれど、
県内にこれを維持する事の出来る人が、
他にいるだろうか。

ナンバー維持は難しいかな。

さあ点検だ。

しっかり掃除して元気良く走らせよう。
お楽しみに。

Commented by hanaemon1234 at 2019-09-20 20:26
ご無沙汰致しております。千葉の重田です。
センチュリーのお仕事が終了することになり、その後、違うお客様を担当する事になり、今はLS500hに乗っております。
初代プレジデント、素敵です。LS500hは速くて燃費も良いですが、3.5リッターV6+モーター+10速ATはせわしなくてどうも好きになれません。もっとゆったりしている方が高級に感じるのは古いのでしょうか。センチュリーが懐かしい・・・
いずれにしろ個人で所有したい車ではありませんが、少し古い高級車の雰囲気は好きです。
Commented by b-faction at 2019-09-21 17:32
重田さん、こんにちは。このプレジデントから、何故か円谷プロダクションの匂いが漂います。白黒テレビからカラーテレビに映像技術が変遷した頃の香ばしい匂いがします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-09-18 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction