人気ブログランキング |

ノスタルジックヒーローとレオーネエステートバン4WD

f0076731_21084092.jpg
先日の22Bオーナーズミーティングで、
松下さんに戴いたクッキーを食べた。
f0076731_21092576.jpg
久喜クッキーという、
冗談めいた名前のお菓子だが、
味はすこぶる堅実だ。

懐かしく、
美味しい味がする。

香ばしい思い出がよみがえった。
忘れられない愛機だ。
f0076731_21224181.jpg
当時仕入れを一手に担当していた、
当社の社長である父が、
このクルマを大阪で入手した。

垂涎のクルマだった。
展示場に並んでいる赤いバンが欲しくてたまらなかったが、
仕入れたばかりのクルマを、
そう簡単に手に入れることはできない。

このクルマが死ぬほど欲しかったが、
東京にはもっと珍しいクルマがあった。
f0076731_21230802.jpg
ある時、
多摩川沿い辺りを走っていたら、
川べりに掘っ立て小屋のような建物があり、
そこにSUBARUの中古車が沢山並んでいた。

もうその当時から学生の癖に、
中津スバルの名刺だけは与えられていたので、
思い切ってその店に飛び込み、
「岐阜にある中津スバルと言いますが売ってください!」と頼んだ。

ブルーのエステートバンは国内にあったが、
イエローグリーンのエステートバンは、
カリフォルニアでしかお目に掛かれない時代だ。

何でこんなのが売られているのだろう。

今とは時代が違って、
力のあるディーラーは顧客を事前に集め、
まとめて輸出仕様の色を発注する事が出来た。

田舎者なので驚いて、
買って帰ろうとしたが甘かった。

チラリと一瞥され、
ダメだと言われた。

虎の子の一台だから、
同業者には売れないってことだ。

仕方が無いので、
学校などそっちのけで中津スバルでアルバイトした。

給料はいらないから、
このクルマをくれと頼んで、
学業よりバイトに励んだ。

東京と中津川をしょっちゅう行ったり来たりで、
単位を落さない程度に学校へ行き、
後はクルマを売ることに熱中した。


中古車の黎明期だから、
面白いように売れたね。

役に立ったのだろう。
文句言わずにクルマをくれた。




大事に大事に手入れして、
本当に色々な所を走り回った。
f0076731_21225239.jpg
スキーにも良く行った。
親友の堀君とこの時も一緒だった。

このクルマを欲しいと頼まれ、
お客様にお譲りして、
次に手に入れたのがスバル1300Gだった。

そのクルマと、
スバル1000と、
堀家で所有していたプレジデントを連ね、
富士スピードウエィで開かれる、
クラッシクカーフェスティバルに参加した。

f0076731_21234214.jpg
今も動態保存されるスバル1000も、
父が大阪から連れ帰った。

何度か売ろうとするのを、
勿体ないからと説得して今に至っている。

いつもノスタルジックヒーローを、
手の届く場所に置いている。




f0076731_21235356.jpg
この号にスバル1000の特集があり、
書店で買ったのはかなり前の事だ

今日、
思いがけない来客があった。
f0076731_21123184.jpg
芸文社ノスタルジックヒーローの編集長、
栗澤浩司さんが、
中津スバルに来訪された。

f0076731_21125939.jpg
「一度寄らせて戴きたいと思ってました」


とても光栄です。

以前高山さんにもお立ち寄り戴いたので、
それ以来の来訪になる。

望桜荘を見て戴き、

f0076731_21131021.jpg
S・A・Bにご案内した。

SVXには申し訳ないが、
一台外に出てもらって、
f0076731_21132077.jpg
しばしの間、
ここをプレジデントの休息場所に充てる。

最近では、
もう一つのクルマ雑誌、
「ハチマルヒーロー」もよく読まれているそうだ。
f0076731_21142447.jpg
ハチマルも充分ノスタルジックだ。

ここにいるクルマは、
そこからキュウマルにかけての文化遺産だが、
SVXもハチマルの一部として暖かく扱っているという。

栗澤編集長は、
ハチマルミーティングも主宰されている。
その予定を公表すると、
あっと言う間に500台の参加枠が埋まるほどの、
人気を誇るというのだ。

嬉しくなってきた。

そう!
その時代のヒーローは、
何と言ってもアルシオーネなんだ。

後はエステートバン4WDくらいしか、
ハチマルの時代のスバルで、
これはと思い浮かぶクルマが無い。

f0076731_21143548.jpg
実に有意義な時間を過ごせた。

この時代の香ばしいクルマたちを、
一度所有すると病みつきになる。

その取り付かれた男の姿を見れば、
アルシオーネやSVXが、
どれほど美味しいのか解ってもらえるだろう。

さあ、
明日は久しぶりにWRXの出番だ。

どう扱おうか。

楽しみにして欲しい。


Commented by 横山 at 2019-10-02 22:17 x
レオーネの話をいつも楽しみにしているMt.yokoこと世田谷の横山と申します。

写真の赤のバンは、タコメータースワップしたという社長様のバンでしょうか?我が家も、ビッグマイナーチェンジ前期のスーパーカスタムに買い替えの際、スーパーカスタムにはタコメーターが無かったので、STのタコメーター付きメーターパネルに交換してもらいました。

カートピアのオーナーインタビューで赤のバンLGを見たことがあるのですが、カタログにない赤を見てとても不思議だったことを覚えています。でも、グランダムTにしかないスプライトグリーンのバンもあったことは全く知りませんでした。

多摩川沿いのお店、私も中学生の頃、自転車に乗ってレオーネを見に行きました。たぶん同じお店だと思います。

レオーネ、アルシオーネ、初代レガシィの話、今後も楽しみにしています。
Commented by b-faction at 2019-10-03 07:08
横山さん、おはようございます。僕の乗っていたバンはでした。最終型のLGをみてスバルがステーションワゴンを開発する勇気を持ったと思いました。まだ一年が凄く長い時代でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-10-01 21:54 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction