人気ブログランキング | 話題のタグを見る

monoマガジンとWRX

1分52秒69は、
泳ぎ始めてから最も短い記録かもしれない。
monoマガジンとWRX_f0076731_21552147.jpg
ちょっときついポーズが続いた前日のヨガで、
左わき腹が痛くなり、
いつもと違う筋肉を使ったのだと思った。

が、
左側の下腹部にポリプロピレンのシートがある。
これによる負荷がかかっているので、
用心に越したことはない。

だから、
スッパリ止めた。

木曜のヨガで頑張った後、
その翌日も泳ぎに行った。

一往復したところで引き攣り感があり、
そこで泳ぐことを諦めた。

でも、
カラダを動かさないと、
食べたエネルギーを消費しない。
monoマガジンとWRX_f0076731_21553195.jpg
結果は正直だった。

確実に、
昼間の栄養が消費されず、
体内に残ってしまった。

でも、
土日でまた忙しくなるから、
帳尻が合うはずだ。
monoマガジンとWRX_f0076731_21553773.jpg
思った通りになった。

土曜から日曜を、
とても忙しく過ごした。

岡崎からいらっしゃった林さんから、
懐かしい銘菓を戴いた。
monoマガジンとWRX_f0076731_21554443.jpg
お土産、
ありがとうございました。

「あわ雪」の名前は良く知ってるが、
味の方は記憶がない。

子供の頃からCMで、
耳にしっかりと刻み付けられた。

「あわゆき~~、あわゆき~~、
じぜんやのあわゆき~~~ ちゃちゃちゃちゃちゃちゃらちゃっちゃらちゃん」

このような独特なCMが、
繰り返し流れた記憶がある。

「じぜんや」とは何かと、
随分長い間悩んだが、
漢字が読めるようになって店名だと解った。

「備前屋」がCMでは「じぜんや」と聞こえた。
あのCMは「あわゆき」だけを見事に刷り込む、
凄い威力を持っていた。

社員に知ってるかと聞いたら、
誰も知らない。
monoマガジンとWRX_f0076731_21554941.jpg
材料は何か。
monoマガジンとWRX_f0076731_12305098.jpg
なるほど。
凄くシンプルだ。

このようなシンプルな味が好きなんだけど、
洋菓子で荒れた舌には馴染まないかな。
monoマガジンとWRX_f0076731_21555507.jpg
久し振りに食べた。
本当にあっさりとした風味で、
これならいくらでも食べられる。

皆で分け、
美味しくいただきました。
monoマガジンとWRX_f0076731_21560082.jpg
林さん、
丁寧なアンケートを、
ありがとうございました。
monoマガジンとWRX_f0076731_21560775.jpg
中津川に暮らし、
中津川の良さを知り尽くしているので、
このような感想を戴けると、
本当に嬉しい。

また、
守るモノをしっかり残さねばと、
改めて武者震いする思いだ。

またぜひお出かけください。

「中津川をクローズアップする記事を見た」

翌日の朝礼当番が、
そう話を切り出した。

取り上げたのは「monoマガジン」だった。

中津スバルに編集部の皆さんが来たのは、
今から二年ほど前だった。

まず取材を受けてから、
monoマガジンとWRX_f0076731_21561404.jpg
場内をくまなく案内した。
特に望桜荘で苔を見てもらった。
monoマガジンとWRX_f0076731_11382444.jpg
数種類の苔を育て始めた頃で、
そこから生えたキノコが綺麗な頃だった。
monoマガジンとWRX_f0076731_11383174.jpg
あれからもう2年か。

クルマメディア以外の取材も時々承るが、
monoマガジンさんと聞いて、
特に気持ちが引き締まった。
monoマガジンとWRX_f0076731_11383635.jpg
中津スバルはモノだけでなく、
コトもたくさん売りたいと思っている。
monoマガジンとWRX_f0076731_21562067.jpg
このような出会いも、
まさにコトそのもので、
こうした蓄積が毎日中津スバルを成長させてくれる。

モノも大事だけど、
モノの裏付けにはコトが欠かせない。

そのためには、
やはりナマの人間との出会いが不可欠だ。

いくら情報化が進もうと、
いくら優れたマーケティングが出来ようとも、
ITよりナマのヒトのカンが優る。

と言うようなことで、
このオッサンが、
変な奴であること尾間違いない。
monoマガジンとWRX_f0076731_21562708.jpg
「何故このようなことをやるのですか?」
中津スバルで進むコトに対して、
理解に苦しむ様子が、
彼の顔からうかがえた。

が、
「来てみて解った」コトが、
きっとたくさんあったはずだ。
monoマガジンとWRX_f0076731_11423103.jpg
ここにいるクルマたちも、
取材されると元気になる。
monoマガジンとWRX_f0076731_11423849.jpg
やはり刺激が必要なんだ。

また、
是非お目に掛かりましょう。
ご活躍を祈念しています。

monoマガジンとWRX_f0076731_21563371.jpg
本当にステキな記事だった。

三河にあるもう一つのお店とのコラボだったが、
monoマガジンとWRX_f0076731_21563969.jpg
中津スバルの要点を緻密にまとめ、
とても読み応えのある内容だった。

中津川の特徴と、
スバルの特徴が、
程良くマッチしてるから、
モノの裏付けとしてのコトを愉しまれるのだろう。
ここにいらっしゃる、
皆さんの期待にこれからも応えたい。
monoマガジンとWRX_f0076731_21564647.jpg
朝礼の話に戻ろう。

「最新のmonoマガジンで、
中津川が取り上げられている」と、
朝礼スピーチの当番が口を切り、

monoマガジンとWRX_f0076731_21565561.jpg
「最新号を買ってきたので、
みんなで読んでください」
monoマガジンとWRX_f0076731_21570203.jpg
と締めくくった。
確かに大きな特集だ。

また三河とコラボなのか。

偶然は重なるね・・・、
と言うより、
固着した記事にさせないための配慮かもしれない。

いわゆる「流儀」何だろうね。

おお!
いつもよく撮影する構図だ。
monoマガジンとWRX_f0076731_21570858.jpg
でも、
プロが撮ると流石だね。
かなり違って見えるぞ!

馬籠は信州から中津川に合併し、
本当に輝きが増した。

潜在能力を完全に発露させたね。

元々、
長野の信州と言うより、
岐阜の美濃の一部だ。
monoマガジンとWRX_f0076731_21571345.jpg
いい視点で記事をまとめるね。
流石だ。
「モノ」を良く知ってるだけある。

大きくなろうとしない、
味の良い店が堂々と出てる。

それよりも、
この特集が良かった。
monoマガジンとWRX_f0076731_21572258.jpg
何年も前から具現化してるコトが、
ステキな記事になっていた。

kotoマガジンになってるね。
ステキじゃないか。

中津川は典型的な河岸段丘で、
どこにでも地下水が溢れ、
それが川になり用水になってる。

その気になると、
いつでも「自由自在な苔天国」が作れる。

是非、
購入して読むと良い。
苔に魅せられた気持ちが解るはずだ。
monoマガジンとWRX_f0076731_21572868.jpg
見学のお客様は相変わらず多いが、
工房は比較的落ち着きを取り戻した。

長期預かりの難しい仕事や、
エンジンがらみのリコールをこの時期に完結させる。

偶然にも工房には同じスバルがが並んで、
整備士の手で改善が進んでいた。
monoマガジンとWRX_f0076731_21573496.jpg
感謝デイのチケットも出来上がり、
いよいよ発送するばかりとなった。

受取られたら、
是非握りしめて、
まっしぐらに来て欲しい。

スバルの気持ちに応じて、
中津スバルも感謝の念を表す。

GC・GR・GVと、
歴代のWRXを味見してもらう企画を考えた。

このSTIは、
オーナーに可愛がられていたものの、
monoマガジンとWRX_f0076731_21574099.jpg
いつの間にか、
物凄く乗りにくいクルマにされちゃった。

歴代のオーナーが残した垢を、
きれいさっぱり取り払い、
新たな息吹を吹き込んでる。

既にそれが終わったGRBは、
15万キロを目前に、
眼を見開くほどの復調ぶりを見せる。

同じような状態に蘇らせる。

このような「コト」が好きなんだな。
monoマガジンとWRX_f0076731_21574996.jpg
復調させたら、
今度は新たな魂を注ぎ込み、
ヨガのように身体の動きを良くするのだ。

楽しみだな。
monoマガジンとWRX_f0076731_21575772.jpg
室内も綺麗に清掃し、
アッと驚くクルマに仕上げる。
monoマガジンとWRX_f0076731_21580229.jpg
イベント迄、
あと少しだ。
この日も順調に整備が進んだ。
monoマガジンとWRX_f0076731_11512756.jpg
フロントのディスクローターは綺麗に研磨され、
キャリパーの分解清掃が完了した。
monoマガジンとWRX_f0076731_11511363.jpg
ストラットの交換も終わり、
倒立式のダンパーに変わった。

monoマガジンとWRX_f0076731_11500767.jpg
次にリヤのディスクブレーキが分解され、
オーバーホールが始まった。
monoマガジンとWRX_f0076731_11505560.jpg
長年の疲れは感じるが、
愛情を注いで蘇らせる。
monoマガジンとWRX_f0076731_11503206.jpg
リヤのストラットも交換され、
ローターも綺麗に磨かれた。

やっぱりEJ20ターボは、
このクルマのためのエンジンだな。

触れてみてつくづくと感じる。
このボディに適切な馬力と重量。

極限まで引っ張らなくても、
バランスよく走る。

高回転まで回れば良いってものでもない。

次世代のWRXは、
このクルマの延長線にある。

誕生する日が楽しみだ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-10-07 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31