人気ブログランキング |

こなれてステキなインプレッサWRX

f0076731_16184347.jpg
すっかり手足のように懐いた。

名前が微妙なんだけど、
わかるかい。

改めて今見ると、
何となく嬉しいんだ。

どうしてかって。

それはね、
まだインプレッサと呼ばれてい。

あの、
インプレッサWRX「STI」だ。

今やすっかり大人だけど、
まだやんちゃな感じが素敵だね。

これまで何度も、
この青いクルマを振り返った。
f0076731_16430505.jpg

今も同じ主に可愛がられている。

その愛すべきGRBに、
最初はとても戸惑った。

何故かって。

それはね、
乗った瞬間に、
「今までのWRXではない」と落胆したからだ。

まるで「戦闘機」だったGDBの印象が薄れ、
スカイクルーザーになっていたのさ。

でもね、
落胆したものの、
決して嫌いにはならなかったんだ。

四代目レガシィのGT系に似た、
なんとも爽快な味がしたからね。

三代目のSTIは、
吸排気系は勿論、
エンジン内部まで大幅に改められたんだ。

レガシィ譲りの作り方だから、
駆動抵抗も大幅に減った。

だからさ、
まるで別のエンジンみたいに、
性能がギュンッと上がったんだ。

すました顔して308馬力だよ。

そんなパワーを発揮するのに、
扱いは楽ちんで気難しさがまるでなかった。

今になって解るよね。
コイツはとんでもないロバスト性を持ってるんだ。

特に、
スタイルが気に入ったんだ。

若い頃のとかちゃんと、
イタリヤから来たザパさんの、
愛の結晶ならぬ、
造形の結晶だよね。

誰が何と言おうと、
格好が良いから仕方がない。

実に単純で解り易いから、
こなれてくるほどに、
新鮮味が増してくるんだ。

色も問わないカッコ良さを持つよね。

全く飽きの来ない、
本当に不思議な造形なんだ。

確かに当時は、
「えー、どうしてセダンのWRXを作らないの」と、
ちょっと不満に思った事もあった。

でも、
今は違うんだ。

この5ドアは、
本当にいつまでも新鮮で、
古さを少しも感じさせないね。

歴代のWRXで、
最もスタイリッシュだよね。

もっと言うと、
初めてじゃないかな。

コイツはスポーツ系のATを、
やっとこさ手に入れたんだ。

スポーツシフトもあったけど、
ここまで俊敏じゃなかったよね。

ミッションの強度も充分だし、
ちょっと速めのシフト表示で、
スポーツ感を演出してるね。

漸くATではなく、
「2ペダル」になれたんだ。

グレーの5ドアにぞっこんなのは、
そんな理由からなのさ。

後でまた述べるけど、
解り易く言うと、
「こなれた」身のこなしが好きなのさ。

とっても軽快に走るんだ。

金曜日に、
マーケティング部長の小島さんから、
美味しいものを戴いたんだ。
f0076731_16185207.jpg
ステキなお土産をありがとう。

これが何か一目でわかったなら、
きっと相当なファンだよね。

同じ食べ方してるかもね(笑)

こなれた感じが好きなんだ。

このお菓子には、
色々な食べ方があるんだろうけど、
やっぱこれが一番美味いよね。

実は、
かなりの「きな粉」好きなんだよ。

「もったいない」食べ方が嫌なんだ。
f0076731_16185931.jpg
こなれた頃を見計らい、
包んでたビニールを開く。
f0076731_16191049.jpg
オホホホ・・・。

ここが美味しいんだよね。

黒蜜の染み込んだきな粉を、
添付された楊枝でかき集め、
まとめて口の中に入れちゃおう。
f0076731_16191585.jpg
きな粉を丁寧に食べてからだよ。

大物に取り掛かるのは・・・・。

焦っちゃいけないよ。

その頃になると、
羽二重餅の周りも、
こなれた感じが最高潮を迎える。

さて、
冒頭のインプレッサWRXは、
f0076731_16192305.jpg
いよいよ14万9700kmになったよ。

15万kmを目前に控え、
しっかりお金をかけて、
足回りとタイヤを交換した。

予算に限りはあるけれど、
楽しく走れるクルマにしたかったんだ。

上手く行ったよ。

適切に要所を抑えて、
可能な限り良い味を出したんだ。

これが成功した時ほど、
めっちゃくちゃ嬉しい事無ないよね。

もう、
毎日でも乗っていたいくらいなんだ。

なので、
とってもご機嫌な訳さ。

けれど、
ちょっと気になる事があったんだ。

早朝の出勤途中で、
周りに全くクルマがいなかったから、
5速にシフトダウンしてグンッとアクセルを踏んだんだ。

シューンと気持ち良く加速し、
200mい走ったところで、
急にエンジンがぐずり始めた。

それでね、
「オヤッ」と思ってアクセルを戻したんだ。

すると、
メーターの中にワーニングランプが複数点灯して、
何かが異常だと教えてくれてた。

会社について、
エンジン切ったら、
まるで何も無かったように、
ランプが付かなくなっちゃった。

「データロガーしておいてね」

杉本君に頼んで、
ECUのデータを調べてもらったんだ。

だけどね、

「社長、データ上は何の異常も見当たりません」と、
杉本君が言うんだ。

そうなの。

異常がないの。

でもね、
明らかに異常だったよ。

杉本君に、
プラグはいつ頃交換してあるのか確認してもらうと、
「8万キロ弱で交換してあります」と言うんだ。

直感で「プラグしかないな」と思ったよ。

4本とも交換してね、
と頼んであとは全て任せた。
f0076731_16192935.jpg
頃合いを見計らい、
どうだったのか確認したら、
「4本中3本がダメになっていました」と言う。

おやおや、
それは大変だ。

時々出足でぐずるのも、
それがきっと理由だったんだね。

ごめんよ。

ところで杉本君、
ダメと言うのは一体どんな感じだったんだい。

そう聞くと、
「電極が溶けてなくなっています。
イリジウムを使うとこんなことはよくあるので、
耐久力を考えると純正プラグが一番です」

そうなのか。
ありがとう。

ところで、
交換したプラグをどうしたの?

「捨てちゃいました」
それはもったいないよ。
せっかくのサンプルなのに。

「まだ残ってますから拾ってきましょうか」

頼むよ。
それでサービスフロントに置いておこうよ。

綺麗に掃除してくれるかな。

「解りました」
f0076731_16193471.jpg
拾ってきたプラグの、
掃除する前の状態だ。

交換してから7万㎞以上走っているから、
特に問題だとは思わない。

高性能さと耐久性をバーターしてるので、
こなれているのではなく、
やれちゃったんだね。

可哀そうなことをした。
クルマには魂があると、
いつもいろい色な人に言うので、
訳が解らない人も多いと思う。

それは当然だ。

論理的じゃないからね。

でも、
その話がスーッと腑に落ちる人と、
そうじゃない人が居るのはどうしてなのか。

それはね、
きっと育った環境の差だと思うんだ。

その環境ん差を埋めるには、
途方もない時間がかかる。

だから無理に教えはしない。
感じ取ってくれるのか、
感じ取れないのか、
それで良いじゃないかと思うんだ。
ラリー車の整備が続いている。
その隣で、
グレーの最終型、
満を持して整備が始まった。
f0076731_16591730.jpg
どこまで復調するのかは、
やってみないと解らないが、
多分いい線まで戻ると思うよ。

15万キロ目前のGRBを元気にさせといて、
同じグレーのGC8をほっといたら、
きっと拗ねちゃうに決まってる。

だからね、
面白い役目を与えたんだ。
f0076731_16592659.jpg
隣町にあるサイバーストークの中田社長が、
面白い製品を開発して、
プレゼンテーションに来てくれたんだ。

ジョンスマって名付けたら、
中田さん、
結構気に入ってくれてみたいで嬉しいよ。

今あるオーディオのバックグラウンドにすると、
最高の音質を再現させる機能を持つ。

或いはこのように、
何も無いクルマにジョンスマだけを取り付けて、
ブルートゥースオーディオにする事も出来るんだ。

スマホには相性がとても良い。
f0076731_16593274.jpg
のっぺらぼうだけど、
なかなかスマートで気に入ってるんだ。
f0076731_16593684.jpg
これがボタンの機能だけど、
こういうのは習うより慣れろだね。

お客さんのスマホを使いながら、
タクシーライドを楽しんでもらうのも、
決して悪くないよね。
f0076731_17044907.jpg
こういうチケットを送ったから、
当社に登録されたかわら版愛読者は、
全て参加する権利を持つんだ。

でも、
GC8は誰でも乗れる訳じゃない。

運転させるか、
助手席なのかは、
開催事務局の判断によるんだ。

そこだけは分かってくれるよね。

誰でも乗れるほど、
タフじゃないってことさ。

こんなチケットを入れたからだろう。

香ばしい匂いに感じたんだろうね。

当社で売った覚えのない、
最新のVABがドーンと駐車場に停めてあった。

頭から突っ込んであるし、
ど真ん中に少し斜めになって置いてある。

こういう時に何か感じるんだよね。

つまり行儀が悪いんだ。

将来お客様になるかもしれないし、
SUBARUに乗っているから大切な人かもしれない。

それはその通りだけど、
概ね人の言う事を聞かないし、
知識だけ欲しくて、
後はサヨナラだね。

忙しく飛び回っていたら、
二人連れの若い男の子が見学してた。

眼が合ったとたん、
待ってましたとばかりに食い入るように眺められた。

引き継ぐ社員も馬鹿だね。
商品じゃない物を売ってくれという話に、
ろくな話は無いね。

「グレーのGC8は売り物ですか」

いや違います・・・で済ませた。
普通ならそれで終わりだけど、
見過ごせなかった。

アドバイスしないと、
どこかで騙されるかもしれない。

ちょっと座らせて話を聴くと、
前のオーナーから情報を得て、
このGC8の存在を知ったらしい。

VABを買った子も、
まだ若くて元気が良い。

あこがれのクルマを乗るために、
しっかり働いているんだろう。

けれど、
友達ならブレーキ掛けさせるのも大切だ。

彼等は何しに来たのか?
どんな情報が欲しいのか、
概ね見た途端に全て理解できちゃったんだ。

でもね、
言ったところで素直に聞きそうにない。
トコトン探してバージョン6を手に入れようとしている。

危ないよね。

いくら好意で接しても、
どちらかと言うと、
「悪意を隠して甘い言葉で触れる」人を好みそうだ。

今の時代、
オークションで探せばなんだって手に入る・・・・、
わけないよね。

そんな時代だから、
気をつけないといけないんだよ。

まだ十分な運転経験もない。
けれど、
モノゴトに固執すると、
知識だけの「頭でっかち」になっちまうんだ。

「鴨が葱を背負ってきた」

きっと悪い奴らには、
「格好の獲物」に映るだろうね。

まあ、
これ以上言ったところで、
時間の無駄になるだけだよね。

だから、
「ごゆっくり」と挨拶し、
スッとその場を去ったんだ。

でもね、
心から納得してなかった。

仕方ないよね。
信じる信じないは個人の自由だもの。

そんな気配は微塵も感じなかったなぁ。

本心から感謝されて無いんだもの。
表情に出ちゃうんだよね。

ジェネレーションギャップの無いように、
心がけてるつもりだけど、
相手には老害と映ったかもしれないね。

意地悪なようだけど、
仕方が無いよ。

こういう話を、
本気で語れるスバルのお店は、
どこを探しても無いと思うんだ。

様々な知識は、
ゆっくり海の底に積もる堆積物のように、
貯まるのに時間がかかるんだ。

その蓄積が泥から岩石に変わると、
やがて石灰岩が生まれるよね。

時間がかかるけど、
その中には様々な化石がちりばめられ、
時には大きな価値を生み出すよ。

ところでね、
「何故だ?」と思う人居るかな?

それにはね、、
ちゃんとした理由があるんだ。

最近の事例は、
昨年のL1ラリーで起きちゃったんだよ。

同じような距離の2号車が、
本番でリタイヤしちゃったのを覚えているだろう。

あれって、
最も大きな理由は何だと思う。

練習会があったんだけど、
そこで大失敗をやらかしたんだ。

調子に乗って息子と嫁が、
あのクルマを他人に貸したんだ。

乗り方を教えようとしたのだろうけど、
ドライバーが変わった事を音で感じた。

すぐ車両を確認すると、
彼等の友人が乗ってた。

すぐに止めさせたけど、
結果は御覧の通りさ。

L1ラリーで女性が扱うために仕上げた。
男性がギンギンにぶん回すのでは無く、
クルマをペットのように扱わせ、
対話させながら走らせたんだ。

それが、
突然凶器のように扱われちゃったんで、
ちょっと血圧が上がったんだよ。

角のある扱いは運転技量もスポイルするし、
クルマの寿命も縮めてしまう。

直すので安心していいけど、
かなりの大手術になったんだ。

そこで二号車を刷新した。

f0076731_16212534.jpg
当然、
新しいウエポンはこいつに決まってる。

これを嫁が手足のように操る姿を想像し、
f0076731_16214804.jpg
一生懸命仕上げてるんだ。

壊れないとは言い切れない。
f0076731_16215632.jpg
壊さないように乗るのが、
「魂のふれあい」と言う事なんだよ。

クルマはこなれてきて、
本当に最高の状態なんだ。

当然、
嫁も解ってると思う。

あれ以上に説教したからね。

まず「貸してください」
しうちゃんと挨拶しなさい。

黙って好きなようにに乗れると思うから、
簡単に人に貸すよね。

世の中って、
そう言うものじゃないよ。

ここに来た時も、
ちゃんと最初に挨拶に来なさい。

来てるか来てないか解らないようでは、
いくら親しい間柄でも困るよね。

いいか、
全体的にキチンとしなさい。

「ハイッ」と元気良く帰って行った。

これなら一安心だ。

良いレースをする事だろう。
f0076731_16220318.jpg
若尾さんが応援団の第一号として、
尾張旭から来てくれたんだ。

そして最初の応援メッセージまで書いて戴いた。
嬉しいよね。
f0076731_16220750.jpg
ありがとうございます。

応援の差し入れまで戴いた。
f0076731_16221385.jpg
スッキリ目覚める無糖ブラックだ。

早速みんなで分けました。
f0076731_16222341.jpg
美味しい。

そのまま帰っていただくわけにはいかないので、
前から気になってる場所へ行ったんだ。
f0076731_16222838.jpg
中仙道中津川宿の枡形に、
遂に民泊が誕生した。

今ある文化財を、
近代風にリノベーションして、
だれもが気さくに泊まれたり集える場所になっている。

こねれた場所なんだ。

寺子屋の機能を持ってるし、
若い世代にモチベーションを与えるには、
面白い試みだと思う。


でもね、
やっぱりね、
最近の傾向として何となく甘ったれてるよね。

プロの教育者の声が聴きたかった。
f0076731_16223649.jpg
プロの目立ては思った通りだったよ。
おんなじ受け止め方だった。

プロの目利きって、
シロートとは違うんだ。

でも、
最近簡単にシロートがプロになれる仕組みがある。

そのスキームを、
上手く使う奴がプロらしく見えたりするから、
本当に厄介な世の中になったよね。

コーヒー飲んだ。
f0076731_16224209.jpg
うーん。
なるほどね。

でも、
アグレッシブでいいじゃないか。

中津川にどんどんインバウンドさせよう。

無理して時流に乗る事はない。

今を守る方が大切だ。

情報は学んで得る物であり、
それを取捨選択する事で人間は死ぬまで育つ。

最近はリピーターも増えてきて、
ちょっと嬉しく思ってるんだ。

f0076731_16342675.jpg
東京から駒沢さんがいらっしゃった。

段々こなれてきた愛機で、
ドライブエクスペリエを体験された。

とてもご満足いただけたので、
やっぱり続けてきてよかったよ。

ステキな感想をありがとう。

またお目に掛かりましょうね。

それでは最後にこの動画を。

待たせてゴメンね。




ところで、
泳がなきゃって、
張り切って良かったよ。

その続きはまた明日ね。

おやすみなさい。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-10-16 19:15 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction