人気ブログランキング |

キャンティとインプレッサ22B

f0076731_20414902.jpg
見た瞬間に懐かしさが込み上げた。
一度だけ行った事がある。

阪神淡路大震災が起きた頃だった。

友人に誘われ、
初めて入った。
飲んだ珍しいワインボトルのラベルを、
台紙に貼ってプレゼントされたり、
センスの良さを感じた覚えがある。

食事していたら、
ぶらりと加藤和彦が現れ、
まるで自分の家のように飯を食う。
それが強く印象に残った。

SUBARUの岡田部長に戴いた、
キャンティのお菓子。

f0076731_20415591.jpg
流石に見事な選択眼だ。

美味いモノを知り尽くした、
エグゼクティブの風格が漂う。
f0076731_20420007.jpg
ヴェルデと言う名の菓子だ。

封を切ると、

f0076731_20420656.jpg
旨そうなサンドクッキーが顔をのぞかせた。

サクッと美味しい。
抹茶だな。
f0076731_20420829.jpg
と言う事は、
中にあるのは小豆か。

むっちゃんは、
ミッキーマウスみたいなシルエットが付いた、
チェリージアを選んだ。
f0076731_20421699.jpg
どんな味なんだろう。

美味しくいただいてます。

ありがとうございました。

長い時間をかけて、
22Bを蘇らせた。
f0076731_20422483.jpg
みんなで心を込めて磨き上げ、
いよいよ最終テストを待つばかりになった。

キャンティのお菓子のような、
f0076731_20423041.jpg
美味しい走りが蘇ったはずだ。

f0076731_20423614.jpg
いよいよ準備万端だ。
走行テストに向けて胸が高鳴る。
f0076731_20424320.jpg
夜の九時を回った。
さあ出かけよう。
f0076731_13274858.jpg
念のため10リットル給油して、
トリップメーターをリセット。
f0076731_13291321.jpg
ガソリンスタンドを出て、
高速道路のランプウェイに向かった。
f0076731_13293801.jpg
3000RPM以下に回転を抑え込み、
暫く走り続ける。

高速を降りて下りのワインディングロードに入った。

俊敏な身のこなしに任せながら、
くねくねと路面を正確に捉え、
気持よーっく駆け抜けた。

下り終えたら幹線道路に乗り、
二車線の道路を走る。

日曜の夜間だから、
クルマも人影もまばらだ。
f0076731_13295289.jpg
抜群の操舵応答性だが、
ここまでの印象は雑味が多い。

理由はクラッチだ。
ツインプレートのクラッチディスクだと、
いくらデリケートに扱っても、
どうしたって雑なクラッチミートになる。

これは修理とは関係なく、
オーナーの好みだから仕方がない。

この手のクラッチを見たら、
今後は標準品に付け替えるべきだ。

朝礼でシッカリと情報をシェアして、
お客様に良いアドバイスをしよう。

走行性能は十分だ。
後はお客様の喜ぶ笑顔を想像しながら、
来訪を待とう。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-11-17 22:00 | インプレッサ | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31