人気ブログランキング | 話題のタグを見る

塩味

塩味_f0076731_19000927.jpg
会議で出たお弁当だ。

風格を感じる。
塩味_f0076731_19001809.jpg
三段重ねの入れ物からして、
一流の味を予感させる。

最下段のご飯も美しいし、

塩味_f0076731_19002495.jpg
牛のたたきの握りには、
ポン酢のジュレが添えられる凝りようだ。

上の二段も豪華だ。
塩味_f0076731_19002827.jpg
どれも味に隙がない。
食材も調理加減も最適だ。

コリッとした歯ごたえが、
塩味_f0076731_19004294.jpg
箸休めとして最高に機能している。

それでは一体何が不満なのか。

塩加減だ。

ほんの一塩で良いところを、
ガッツリと味がある。

弁当だから当然なんだけど、
塩味で美味しさを加速するのは良くない。

これも一種の、
モーターアシストなのだ。


一切のモーターアシストの無いクルマ、

塩味_f0076731_19004794.jpg
と言っても、
パワーウインドウなどギミックのアシストはあるが、
最近のクルマには珍しく塩味が薄い。

ブレーキさえモーターで油圧を作らないと、
満足にアシスト出来ないクルマが増えた。

塩漬けされたものからは、
やっぱり鼓動を感じない。

このクルマに何故か強い鼓動を感じる。

モーターで走るクルマに飽きる理由は、
どうもこの辺りにありそうだ。

子供を寝かしつける時、
適度なサウンドのクルマに乗せると、
あっと言う間に落ちる。

結局胎内では、
母親の鼓動に揺られて育つのだから、
産まれてからも鼓動が心地よいに決まってる。

特に、
ボクサーサウンドの鼓動は本能をくすぐる。

久し振りに高速道路で気になることが起きた。
ブレーキの効きは良いが、
気になる摺動音が僅かな振動と共に出ていた。

塩味_f0076731_19005304.jpg
ショールームに保管した間に、
やはり表面が酸化したのか。

往路では気になったっが、
復路では徐々に落ち着いた。

2000メートル辺りから、
一気に下り降りてからは全く気にならない。

先のブログの動画の中で、
このホイールにとってRA-Rは少し荷が重いと表現した。
それはホイールの剛性不足を疑ったのだが、
そんな事では無くてブレーキパッドとローターの整合性だったようだ。

スポーツ走行のためのパッドなので、
一皮むけたらとても良くなった。

ホイールを良く見ると、
塩味_f0076731_19005922.jpg
これまでに見た事のないダストの溜まり方だ。

塩味_f0076731_19010606.jpg
ちょっと拭き取ってみた。
雨も降っていないし、
ダートを走ったわけでもない。

それほど黒く固着しないし、
水を当てたら綺麗に流れた。

家畜のカラダにブラシをかけるように、
隅々まで丁寧にタオルで洗車した。
塩味_f0076731_19011396.jpg
クルマにとって、
気持のよい事をしてますか。
汚れを落とせばいいってもんじゃない。

どうしても時間が無い時は洗車機で良いけど、
楽しませてもらった後はブラッシングしよう。

改めてホイールを良く見た。
なかなか良く似合う。
塩味_f0076731_19011905.jpg
凝ったデザインで、
フラットな部分はピアノブラックで塗られ、



塩味_f0076731_19012540.jpg
回り込んだサイド部分はラスター処理されている。

走行距離は750kmを超えた。

塩味_f0076731_19013060.jpg
良い味が出てきた。
塩辛く無くて旨味がある。

これは実に健康に良いクルマだ。
相当元気に走ったけれど、
塩味_f0076731_19013584.jpg
1リットルで9km走っていた。

これは、
もし時速80kmで「単純に」東京往復したら、
ハイパフォーマンスカーとして考えたら、
とんでも無く良い数値が出ることだろう。

流石だね。
バランスドエンジンの出来も良いけど、
ベースになってるEJ20の熟成度は凄いね。

これで暫く出張も無い。
通期に使うにはもったいない。
なので、
更に塩味の少ないクルマに乗りたくなった。

車検が来たので社用車を更新した。
新型サンバーも随分良くなった。
塩味_f0076731_19014262.jpg
この高年式なスマアシ付は、
この後「新年の目玉車」として初売りに使う。

最新型だから様々な能力を持つ。
それにしてもヒトは知らないうちに塩味に麻痺して、
塩味_f0076731_19014723.jpg
塩辛くないと「美味しくない」と誤解するようになる。

売れ筋だけど塩味が強い。

スマアシはステレオカメラで、
安全性が高くなった。
塩味_f0076731_19015573.jpg
LEDヘッドライトで最先端を行く灯火器だ。

東京から戻ると、
色々な面で敏感になる。
塩味_f0076731_19020021.jpg
4速オートマチックも珠玉の出来で、
とても良いクルマに成長した。

でも、
「塩味が強くて美味しい」クルマの一種だ。

そこで次のクルマを全くの好みで選んだ。

丁度ラッキーなことに、
すぐ登録できるクルマが1台だけあるという。

何かわかるかな。
新車なので慣らしを兼ねてしばらく乗る。
塩味_f0076731_19020763.jpg
サンバーだってことは分かるだろう。

でもグレードが何か、
ちょっと見ただけではわかりにくい。
シンプルな内装は、
物を置くスペースが広く、
塩味が薄い。
塩味_f0076731_19021206.jpg
この位置のカップホルダーはとても便利で、
単純な構造だし他のアイテムも置けて、
これも本当に塩味が薄い。
塩味_f0076731_19021757.jpg
やっぱり男は塩味の薄いマニュアルが好きだぜ。
塩味_f0076731_19022367.jpg
床からニョキッと生えても、
昔のバスみたいで塩味が薄いけど、
インパネシフトも単純で塩味が薄い。
塩味_f0076731_19023084.jpg
空調パネルはシンプルで健康的だ。

ブラインドタッチできるし、
操作感も良く塩味が薄い。
塩味_f0076731_19023599.jpg
ダイハツはドアグリップの重要性を、
本当によく理解している。

こういう作りが確かな操作性を生む。

と言う訳で、
塩味_f0076731_19024152.jpg
やっぱりこのグレードが最高だ。

スバルらしいグレード名が分かるだろう。

慣らしが終わったら貸出を始める。
塩味_f0076731_19024732.jpg
最新のサンバーバンを、
存分にお試しいただきたい。

駐車場にサンバーを置いて、
塩味_f0076731_19025392.jpg
望桜荘に立ち寄った。

ここはサンバー記念館だ。

立派な跡継ぎが出来たと報告して、
庭を見て思った。
塩味_f0076731_19025845.jpg
まさに塩味が無い。

自然の産み出す豊かな香りが漂う。
塩味_f0076731_19031129.jpg
苔は不思議だ。

塩味_f0076731_19031815.jpg
10か月たって、
傷跡が消えるように禿げた部分を綺麗に覆った。

塩味_f0076731_19032807.jpg
きっとブログの愛読者なら覚えてるはずだ。

ここに池の中の有機堆積物を置いて、
傷薬のように用いた事を。

傷に塩を塗っては痛いけれど、
優しく治せる薬がある。
塩味_f0076731_19033641.jpg
左に目を移す。
塩味の少ないクルマがごろごろしている。

ステキなホイールとタイヤを奢られた丸目が、
塩味_f0076731_19034504.jpg
愛嬌のある顔をして佇んでいる。

その後ろには、
塩味_f0076731_19035376.jpg
これまた塩味の薄いクルマがいる。

下回りを徹底的に洗浄し、
防錆塗装の準備を整えた。
塩味_f0076731_19040249.jpg
綺麗に塗られたゴールドのホイールが似合う。
もちろんタイヤはコンチネンタルだ。

ここには惜しまず金を掛けた。
塩味_f0076731_19041120.jpg
ダンパーが不適切なので、
早急に交換したいが手が回らない。

口を開けてごらん。
塩味_f0076731_19041703.jpg
はい!
あーん。
塩味_f0076731_19042423.jpg
喉の腫れも無く健康だ。

室内は完全に分解して掃除したので、
塩味_f0076731_19042956.jpg
とても清々しくなった。

邪魔なナビのマイクは取り除き、
塩味_f0076731_19043830.jpg
本体ごと処分する。
これは塩味のきついユニットなので、
何も無い状態に整え直す。
塩味_f0076731_19044433.jpg
5速マニュアルは、
左右の手足をドライバーに要求する。

だから楽しい。

両手両足で思いっきり操ると、
ながら運転などする余裕が無いはずだ。

これには持論がある。

規制されたからというより、
むしろこうあるべきだと思うと、
ずいぶん前から伝えたはずだ。


ながら運転とは、
こう言う事だ。
スマホとは別のところに根がある。

後席も普通に使える状態になった。
塩味_f0076731_19045347.jpg
邪魔なリヤストラットタワーバーを捨てて、
カーゴルームも綺麗に掃除した。
塩味_f0076731_19045915.jpg
左側のコンビネーションランプカバーは脱落してるが、
右側は紛失してた。

塩味_f0076731_19050631.jpg
左は両面テープで加工したようだが、
更に根本治療が必要だ。

塩味_f0076731_19051317.jpg
右側の部品は新品で調達できた。
800円程度なので、
大したことはない。

塩味_f0076731_19052242.jpg
問題はリヤストラットキャップだ。
部品は左右とも1個1100円程度で調達できたが、

車高調正式のストラットなので、
頭が出ていて取り付けられない。

そいつを標準品と交換し、
カバーを付けてあげよう。
塩味_f0076731_19052921.jpg
余分なステッカーを剥がして、
もう一度ピカピカに磨くか。

面白いクルマが揃った。
この白いクルマたちに再び使命を与えたい。

そうそう、
ルーフの大事なアクセントも蘇った。

塩味_f0076731_19053604.jpg
ラジオアンテナロッドも、
まだ十分新品を調達できる。
3400円するけど、
純正のアンテナはカッコ良い。
ナビのアンテナは取り外して捨てよう。


塩味のできるだけ目立たぬクルマを健康に乗ろう。

ミセス大鶴から、
プレゼントをもらった。
塩味_f0076731_19054300.jpg
年に数回食べるだけだが、
日本人にとって欠かせぬ味だ。

先日の「我流」で食べることにした。

今日の昼飯は、
結構おいしかったゾ!

まず使いかけのもやしを冷蔵庫から出し、
塩味_f0076731_19061088.jpg
調理容器に全て入れた。

その上にカップから麺を出して載せる方が、
味の浸透性がよさそうだ。

塩味_f0076731_19061719.jpg
味付け麵だからね。


塩味_f0076731_19062309.jpg
ホントによく考えられている。
底と上とで密度が違う。

日清の特許なんだろうな。

それを逆手にとって、
塩味_f0076731_19063171.jpg
仰向けに入れて左右を玉子で固める。

そしてなみなみとお湯を注ぎ、
塩味_f0076731_19063817.jpg
3分間レンジにかけると出来上がる。

最高のスープじゃないか。
塩味_f0076731_19064776.jpg
カップヌードルって、
野菜のカリウムが混ざり込むと、
とても上品なスープに生まれ変わる。

謎肉も中途半端な加熱だと不気味な味で嫌いだが、
塩味_f0076731_19070632.jpg
このように加熱すると出汁が良く出て、
本当に全体とよく調和する。

玉子も絶妙な半熟になり、
塩味_f0076731_19071448.jpg
二個食べると腹持ちが良い。

そして、
忘れてはいけない。
塩味_f0076731_19072164.jpg
シュリンプも香ばしくて嫌味が無く、
玉子焼きの甘い味が際立つんだ。

カップで食うより健康に良い。

何よりも塩加減が適切になる。
塩分摂りすぎは控えようね。

Commented by hanaemon1234 at 2019-12-13 09:17
千葉の重田です。
23年前に結婚し、年が明けてレガシィを購入、1年半後に長女が誕生しました。
チャイルドシートにくくりつけられた長女は、走行中は機嫌が良いのですが、何故か停車すると泣きだして苦笑したのを思い出しました。
そんな長女は、年が明けると生意気に1年間留学します。
レガシィは満23年の車検を迎えます。
Commented by b-faction at 2019-12-14 21:41
> 重田さん、今晩は。そうですか、留学してきっと知見が深まりますね。淋しい気持ち、良く解ります(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-12-12 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction