人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「黒にんにく」

中津川のkisakuは、
「黒にんにく」_f0076731_13241319.jpg
相変わらず旨い料理を作る。
石窯で焼くと、
見事なキツネ色になる。

この台座が何かわかる人は、
相当な料理の通だろう。

伊東市から西田さんが来訪され、
「黒にんにく」_f0076731_13242048.jpg
プチリフレッシュ車検を承った。

昨年、
女神湖の走行会でお目に掛かり、
それからお付き合いが始まった。
「黒にんにく」_f0076731_13242793.jpg
伊東にはゴルフ場が多く、
面白いお菓子があると聞いた。
「黒にんにく」_f0076731_13243482.jpg
「食べたらおいしかったので是非どうぞ」
と戴いた包みの中に、
ホールインと書かれた箱が入っていた。

ありがとうございます。

予想とは違って、
「黒にんにく」_f0076731_13244222.jpg
生菓子的な雰囲気のお菓子だ。

銀紙の感触が堪らなく良いね。
「黒にんにく」_f0076731_13244888.jpg
銀紙の中に薄紙があり、
愛情込めて作られた様子が滲む。
「黒にんにく」_f0076731_13245531.jpg
ホロッと優しいお味です。
「黒にんにく」_f0076731_13250678.jpg
美味しくいただきました。

中津川に泊りがけで来られたので、
一緒に夕食を食べようという話になった。

そこで最近何かと話題のkisakuに行った。
「黒にんにく」_f0076731_13251333.jpg
丸ごと中津川チコリの4種チーズ焼き
器ごと召し上がれ

こじゃれた文句が食欲をそそる。

これを見ながら西田さんに、

「中津川にも色々あるけれど、
実はチコリの生産量日本一なんです」

と伝えたら、
西田さんはとても驚き、
「そう言えば・・・」と続いた。

「インターチェンジを出る時に、
大きな建物がありますよね」

「黒にんにく」_f0076731_13252051.jpg
そう。
中津川に本社を持つサラダコスモは、
全国的に広がりを持つ野菜工場だ。

その社長の中田さんとは、
実に面白い出会いをした。
「黒にんにく」_f0076731_13252833.jpg
向かって左は不動産業を営む、
市岡商事の社長だ。

彼とのご縁で、
ある宴席で中田社長と初めて会った。

ビールをグラスに注がれ、
丁寧な挨拶を受けた。

すると何を思ったのか、
いきなり目をじっと見て、
「代田君一緒にアメリカに行かんか」

初対面だ。
普通なら言わないだろう。

冗談だとなぜか思わなかった。

二つ返事で「ああ良いですよ」

そう答えたら,
中田さんはえらく仰天し、
「本当か!いや噂には聞いていたが・・・」と絶句された。

きっと良い噂じゃないだろう(笑)

一緒に行かないかと誘った理由が面白かった。
インスピレーション感じたよ。

「俺はビジネスミッションで南フロリダに行く。
そこで全米キノコ組合のヒトと会うんだ、
君も参加して何か面白いもの見つけて買ってこないか」

ピンと来たね。

BRATを買って来ようっと!!

流石に性急だと思ったのか、
「酔った席の話なのでまた明日連絡する」

酔っても滅多に呑まれない(笑)
大丈夫です。
オトコに二言はありませんから。
といなした.

とは言うものの、
急にアメリカに行くと聞き、
当時の社長だった父は激怒したね(笑)

でも、
いずれ行くつもりだったから、
キッカケは活かさないと勿体ない。

それが出会いの始まりだった。
「黒にんにく」_f0076731_13253954.jpg
中田さんの家業はジュース屋さんだ。

ラムネを作っていたと聞いたが、
なかなかしっかりしたジュースもあったのだろう。

ショールームの受付に、
さり気なく文化財を飾っている。
「黒にんにく」_f0076731_13254782.jpg
ヘタしたら社員も見た事無いかもしれない。

先日社長のお嬢さんと居酒屋で出会い、
これを見た時「初めて見た!」と驚いたほどだ。

その居酒屋の主が、
昔の家を整理していて、
偶然ケースに入った空き瓶を見つけたのだ。

その中から程度が良い瓶を一本もらって、
中田さんとの懐かしい思い出の一つに加えたのだ。

ね!
「黒にんにく」_f0076731_13255543.jpg
ラムネじゃないでしょ。

当時は中津川も発展途上で、
「黒にんにく」_f0076731_13260338.jpg
この地域も随分田舎だった。
今でこそ目の前がマクドナルドで、
裏にはケーズデンキがある一等地だ。

出会った頃はこの地に本社があり、
もやしの中田産業という会社だった。

それを三菱電機の製造ラインを参考に、
素晴らしく効率の良い野菜工場に作り替えた。

その結果、
日本で初めて「生で食べる」をキャッチフレーズに、
社名を変更し駒ケ根に工場を建て本社も移転した。
「黒にんにく」_f0076731_13261348.jpg
市内局番がまだ一桁だ。
中津スバルの全身、
中津川モータースが5-2870だったな。

当時は番号が選べたので、
どちらが先かは定かではない。

こうして中田さんの会社は蛻変し、
次々と新しいものを生み今日に続く。

当時から単一商品に頼ると、
非常に危険だと思われていたのだろう。

キノコは実現しなかったが、
カイワレ大根を大量生産し、
今ではブロッコリーのトラウトが大人気だ。

その中田さんから、
今年の夏ワインを戴いた。
「黒にんにく」_f0076731_13262089.jpg
その後、
中田さんは南米を一人で放浪した。

その時の縁でアルゼンチンに橋頭保を確保し、
しっかりと交流が続いている。

その中で日系人の経営するワイナリーを知った。

正直に言うと、

「黒にんにく」_f0076731_13262715.jpg
好きなタイプの味では無いが、
この主観は当てはまらない。

それよりも、
中田さんが食品業のプロとして見た、
日系人のワイナリーと言う部分が重要だ。

安全だと明確に言える。
「黒にんにく」_f0076731_13263489.jpg
簡単に60年と言うけれど、
塗炭を舐めるような時代もあっただろう。
「黒にんにく」_f0076731_13264083.jpg
あえてワインとして意識せず普通に飲んでみた。

漢気の塊だな。
「黒にんにく」_f0076731_13265001.jpg
チコリを西洋から持ち帰ったのも、
一本足から逃れるための知見だろう。

もやしやカイワレを全て他の工場に移管し、
中津川をチコリ一本に絞り大量生産が始まった。


ワインを戴いた頃、
開田高原のヤングコーンが手に入った。
「黒にんにく」_f0076731_13265833.jpg
それをつまみにワインを飲む。

悪くないけど、
アルゼンチンで飲んでみたいね。
「黒にんにく」_f0076731_13270816.jpg
その土地の食べ物と共に。。

この日の〆はあの「凄い素麺」だった。
「黒にんにく」_f0076731_13271742.jpg
こうなってくると、
「黒にんにく」_f0076731_13272446.jpg
やっぱりこれには勝てないね。

最近のワインは、
チリ産が関税ゼロで輸入されることもあり、
ヨーロッパ並みの値段で手軽に楽しめる。
「黒にんにく」_f0076731_13273114.jpg
これなど500円程度だから、
酒飲みにとって今やパラダイスだ。

伊藤忠商事を信頼してるので、
顔が見えない生産品でも購入する。

こうなってくると、
日本のワイナリーも本気で勝負し、
これ以上のものを沢山作ると良いね。

日本酒もはっきりと味で勝負するようになった。

値段も品質も素晴らしい。

中津川市の間酒造は、
一時期とても低調だったが、
最近メキメキと蘇りつつある。


その証拠がある。
純米無濾過の生原酒だ。

これを一升2500円程度で販売する。
蔵元限定で29日と30日の恒例行事となった。

東洋美人の血が入ったらしい。

良い酒が生まれるだろう。

そんな事を思っていたら、
中田さんから贈り物が届いた。
「黒にんにく」_f0076731_13274158.jpg
中身を見て驚いた。

にんにくか・・・・。
「黒にんにく」_f0076731_13274840.jpg
実は得意じゃない。

昔は食べるとお腹を壊した。
「黒にんにく」_f0076731_13275749.jpg
しかし、
ほとんどの人は好きなんだよね。

女性でも「ばくだん大好き!」と言う人が居る。

にんにくの蒸し焼きだ。

北原課長も大好きで、
お菓子だと渋い顔をするが、
にんにくは喜ぶ。

「黒にんにく」_f0076731_13280621.jpg
せっかくなので食べてみた。

白い袋と黒い袋に対した意味はなさそうだ。
「黒にんにく」_f0076731_13281475.jpg
手紙が添えられていた。

漢気に溢れている。

応援しようという気持ちが、
文面から湯気のように上っている。

同じように、
臭わないと書いてあるけど、
箱を開けたらにんにくの匂いがかすかに漂う。
「黒にんにく」_f0076731_13282403.jpg
薄皮を剥く。

「黒にんにく」_f0076731_13283094.jpg
まるでプルーンみたい。

甘酸っぱいんだ。

流石にむっちゃんは腰が引けて食べられない。

箱ごとサービスフロントの、
ミーティングテーブルに置いた。

夕方になって驚いた。

大人気だ。

あっと言う間に一袋になっていた。

あの時、
中田さんと一緒にアメリカに行き、
素晴らしい30代の船出を迎えた。

人生観も変わったし、
素晴らしい仲間にもたくさん出会えた。

戻ってきてから、
本社を立て直した時期も重なる。

「俺は全米キノコ組合に合う!」

あのキーワードが今でも忘れられない。

BRATは買わなかったけど、
レガシィを買ったんだ。

スバルも蛻変を迎えていた。
レガシィが誕生し顧客層が変わり始めていた。

すると、
中津スバルもポテンシャルを発揮しやすくなった。

独特の系譜を持つので、
それを活かした仕事ができる。

日本とアメリカにこれほどの差があるのかと驚くと同時に、
「何て親しみの持てる国なのだ」と覚醒した。

その反面で、
「不条理なケンカも売る奴らだな」と覚醒した。

湾岸戦争がはじまると、
日本も何故戦争に巻き込まれたのか分かった。

学校では教えない。
覚醒すると困るからだ。
そして、
どうやって因縁を付けられたのか良く解った。

「コンバット」って番組は、
「黒にんにく」_f0076731_11595461.jpg
実は洗脳だったんだ!
子供の頃、
食い入るように見たんだけど、
同盟国の兵士を片っ端からぶっ殺した。

戦争とはそう言うもので、
繰り返してはいけないが、
敗戦国で戦後のコドモに何故見せ続けたのか。

それを覚醒した。

覚醒するとヒトは強くなる。

黒にんにくにも覚醒した。
これはヒトを強くする。

中田さん、
これからもよろしくお願いします。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-12-22 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction